Pocket

今回は、京都2歳ステークス2018の無料・公開予想と

展開・印付き予想とコース分析(京都芝2000m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

土曜の京都競馬場では

京都2歳ステークスが行われる。

暮れのGIホープフルステークスを同じ2000mで

行われるため、重要な前哨戦として注目度が高い。

また昨年は、2着馬タイムフライヤーが続く

ホープフルステークスを勝っている。

今年の京都2歳ステークス2018を制するのは

どの馬になるのか、ここでは、無料・公開予想、

展開・印付き予想とコース分析(京都芝2000m)

書いていきます。

 

その前に、京都2歳ステークス2018について

調教・最終追い切りの記事

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【京都2歳ステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【京都2歳ステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【京都2歳ステークス2018】枠順

1枠1番クラージュゲリエ
2枠2番ワールドプレミア
3枠3番スズカカナロア
4枠4番ペルソナデザイン
5枠5番ミヤケ
6枠6番ブレイキングドーン
7枠7番セイカヤマノ
8枠8番ミッキーブラック
8枠9番ショウリュウイクゾ

 

【京都2歳ステークス2018】オッズ

1番人気ワールドプレミア2.9
2番人気クラージュゲリエ3.4
3番人気ミッキーブラック4.4
4番人気ブレイキングドーン5.1
5番人気ショウリュウイクゾ14.5
6番人気ペルソナデザイン25.3
7番人気ミヤケ66.6
8番人気スズカカナロア69.0
9番人気セイカヤマノ161.0

 

【京都2歳ステークス2018】コース分析(京都芝2000m)

スタート地点は、メインスタンドの目の前。
スタートして間もなくゴール板を過ぎ、
1コーナーにさしかかる。
1コーナーまでの距離は約300。
1~2コーナーは平坦。
バックストレッチの距離は約400m。
ここで高低差3.1mの坂を上り、
3~4コーナーにかけて下る。
最後の直線は平坦で、コース時が323m。
最後の直線距離は中央場所の中で中山に次いで短い。
重賞は秋華賞が行われる舞台。
同レースの水準ラップでは前後半の3ハロンがほぼイーブン。
全体的によどみがない流れになりやすいが、
これは同レース特有の流れ。
下級条件ではスローペースになることが多い。
中盤の4ハロンもゆったりと流れ、
上がりの3ハロンが速くなる。
ただし、最後の直線は長くないので、
悠然と構えてはいられない。
4コーナーより手前から仕掛けることになる。
小回りの競馬場にも対応できる器用さが求められる。
CコースとDコース時の方が逃げ・先行馬が非常に優勢。
枠順は1コーナーが近いため内枠が有利。

好走脚質→逃げ(勝率:21.7%)(複勝率:43.9%)

 

 

【京都2歳ステークス2018】無料・公開予想│展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ05
好位060802
中位090103
後方0407

 

<印付き予想>

◎01クラージュゲリエ

新馬戦は超スローペースから
終い2ハロン11.3-11.3の上がり勝負を
外を回って差し切り勝ち。
札幌2歳Sでも4角で
大外を回りながらよく追い上げた。
手前の替え方など幼さを残しながらこの戦績。
ポテンシャルが高く、
レース経験を積む毎の良化は大きいはずだ。
クビ、クビ差だった勝ち馬が
先週の東京スポーツ杯2歳Sを制覇。
いきなり好勝負になる。

 

〇08ミッキーブラック

休み明け、相手強化、初コースに対応して
芙蓉Sを勝利。
自在性があり、早目に動いても
脚が続いた前走のレースぶりから
持久力も備えている。
京都の内回りには対応できそうだし、
パワーがあるので最終週の芝も問題ないはず。
2カ月開いたが、久々を感じさせない動き。
緒戦から力を出せる態勢にある。

 

▲02ワールドプレミア

攻めで動き、前評判通りの強さで新馬勝ち。
長い直線をふんだんに使って加速し、
鮮やかな追い込みを決めた。
父の産駒らしい軽いフットワークで追って味あり。
前向きさも感じられ、
センスの良さが随所に見てとれる。
素質馬が揃ったこのメンバーに
入っても見劣らない素材。

 

☆09ショウリュウイクゾ

切れないがしぶとく、
追われてアジノアルタイプ
折り合いもつき、距離は合いそう。
5カ月半ぶりにはなるが好仕上がり。

 

人気ブログランキングへ

血統的にはこの条件は
合うだろう。
一角崩しできる穴馬は
この馬だろう。

 

△06ブレイキングドーン

早い段階で新馬勝ち。
スッと2番手につけ、
しっかりと脚をタメて追走し、
直線は弾かれたように伸びた。
スローペースだったので
勝ち時計は平凡だが、
レースの上がり3ハロン11.5-11.1-11.8は優秀。
2着馬が次走で紫菊賞を完勝しており、
メンバーのレベルも水準以上だった。
均整のとれた体に雄大なトビ、
センスあるレースぶりからも
ここでも好走はできる。
攻めの動きに競走除外の
影響は感じらない。

 

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク