Pocket

今回は、京都金杯2019の無料・公開予想と

展開・印付き予想とコース分析(京都芝1600m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

2019年の京都競馬場で行われる最初の重賞は、京都金杯

京都金杯は、中山金杯とともに

新春を飾るハンデ重賞としてなじみの深いレース。

古馬マイラーがしのぎを削るハンデ戦で

2000年に距離がマイルに設定されてから、

1番人気は【5.5.1.8】と連対率5割を超えて、

1番人気はまずまず信頼できるレース。

今年の京都金杯2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、京都金杯2019の

無料・公開予想、展開・印付き予想と

コース分析(京都芝1600m)を書いていきます。

 

その前に、京都金杯2019について

調教・最終追い切りの記事も

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【京都金杯2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【京都金杯2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【京都金杯2019】コース分析(京都芝1600m)

スタート地点は向正面の2コーナーのポケット。
芝16000m(内回り)のスタートより
若干右寄りに位置する。
3コーナーまでは一直線で距離は約700mもある。
向正面半ばからは徐々に坂を上り、
3コーナーのところで頂上を迎える。
そして4コーナーにかけて下るというレイアウト。
内回りより勾配はキツく、高低差は4.3mになる。
最後の直線は平坦で、404m。
全体像としてはスタートからゴールまで
淀みないラップが続く。
前後半の3ハロンの水準ラップは各クラスでさほど変わらない。
中盤の2ハロンの厳しさがクラスの差に繋がる。
古馬重賞になると、中間に12秒台のラップが
入るかどうかという感じ。
中盤が緩むとその分、上がり3ハロンが速くなる。
11秒台のラップが続くことになり、
この上がりを後方から差すには
かなりの瞬発力が必要。
勝負どころは直線入り口、内回りとの合流地点。
ここで馬群がバラけるので、
騎手のコース取りが重要になる。
基本的に先行馬有利だが、
中団以降に待機する馬もタイトにコーナーを回れば、
直線で急浮上というシーンも多い。
クラスが上がると、差し、追い込み馬の活躍が多くなる。
脚質はAコース時のみ逃げ馬の成績がいい。
その他は先行馬か差し馬が大半。
枠順はほぼフラットだが、多頭数の外はやや厳しい。

好走脚質→逃げ(勝率:13.0%)(複勝率:36.0%)

 

 

【京都金杯2019】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ1615
好位11130412
中位一団
後方01100803

 

<印付き予想>

◎02サラキア

秋華賞4着からの臨戦。
末脚に本来の鋭さがなかったあたり、
2000メートルは微妙に長かったようだが、
それでアーモンドアイから0秒5差。
距離が短くなれば、年長の牡馬が相手でも
勝ち負けになりそう。
開幕週だけに発馬は課題だが、
前走くらいのロスなら挽回は利く。
帰厩後もしっかり乗り込まれ、仕上がりもいい。

 

〇12パクスアメリカーナ

前走は長欠明けで完調手前ながら
2着に4馬身差。能力を改めて見せつけた。
その後も順調で、叩いての上積みは
かなり大きそう。
前走以上のパフォーマンスを見込める。
前で上手に運べる脚質に開幕週の馬場はピッタリ。
京都マイルでは後のGⅠ馬ケイアイノーテックを下してもいる。
重賞初制覇は目前。

 

▲03カツジ

昨年のマイルCSは中団より前から、
内ピッタリを回った馬が上位を独占。
そんななか、カツジは後方から、
外枠の分のロスもありながら0秒2差まで追い上げた。
額面以上の評価ができる4着。
ここ、開幕週の馬場は鍵だが、
当時と同じ舞台で、相手関係は楽に。
調整も順調で、デキも高いレベルでキープ。

 

☆04グァンチャーレ

マイルCSを除外されて回った
キャピタルSで約4年ぶりのオープン勝ち。
それまで【0.0.0.6】だった東京での
好走で更なる地力強化を示した。
明けて7歳という年齢ながら充実を感じさせる。
もともと平坦コース巧者。
大得意の京都マイルで重賞2勝目を目指す。

 

人気ブログランキングへ

大きく崩れたのは前々走くらい。
ダービーも9着とはいえ0秒5差だし、
基本的に相手なり。
2勝目まではマイル前後で走っていた馬で、
距離短縮にも問題なく対応できそう。
京都外回りもGⅡ2着のあるコース。
帰厩後の乗り込みも入念。

 

△08ヒーズインラブ

追い込み一手だが終いは確実で、
前走は8着とはいえ、GⅠで0秒4差。
同じ舞台で相手関係が楽になるのなら、
十分首位争いを計算できる。
前走後もしっかり乗られ、デキもキープ。
ただ、今回は先行馬有利の開幕週。
少し展開の助けがあれば。

 

△10リライアブルエース

昇級後2戦はいずれもレコード決着で、
そこで勝ち馬から0秒2、0秒3差。
ここでもスピードは上位で、開
幕週の時計勝負は大歓迎。
脚部不安明けの久々で割引は必要だが、
帰厩後、坂路で入念に乗り込まれ、
速い時計もマーク。力を出せる態勢にある。
ただ、右回りは初勝利の3歳5月以来。
その点は課題。

 

△15マイスタイル

前走はチークピーシズを着けて
軽快に逃げたものの、
1ハロン標手前で後続に掴まってパッタリ。
もっと速いペースでも
渋太かった前々走を思うとちょっと物足りない。
ただ、今回は2ハロン短縮し、
直線の平坦な京都で開幕週。もっと粘れそう。
マイルも勝っている距離。

 

×01ストーミーシー

×09スマートオーディン

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク