Pocket

今回は、京都金杯2019の予想と

過去データの傾向と対策

~データ分析(10年)から狙える馬~を

中心とした記事

書いていきたいと思います。

2019年の京都競馬場で行われる最初の重賞は、京都金杯

京都金杯は、中山金杯とともに

新春を飾るハンデ重賞としてなじみの深いレース。

古馬マイラーがしのぎを削るハンデ戦で

2000年に距離がマイルに設定されてから、

1番人気は【5.5.1.8】と連対率5割を超えて、

1番人気は複勝圏内ではまずまず信頼できるレース。

今年の京都金杯2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、過去データの傾向と対策

~データ分析(10年)から狙える馬~

探っていきたいと思います。

 

 

【京都金杯2019】予想│過去データの傾向と対策~データ分析(10年)から狙える馬~

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【2.2.1.5】 20.0% 40.0% 50.0%
2番人気 【0.1.2.7】 0.0% 10.0% 30.0%
3番人気 【2.3.0.5】 20.0% 50.0% 50.0%
4番人気 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
5番人気 【2.0.2.6】 20.0% 20.0% 40.0%
6番人気 【1.2.0.7】 10.0% 30.0% 30.0%
7番人気 【2.0.3.5】 20.0% 20.0% 50.0%
8番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
11番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%

1番人気はわずか2勝。2着2回、3着1回と
複勝率は5割あるものの、
逆にいえば半数は馬券圏外に消えているということ。
馬券圏外に消えた馬の多くはハンデ頭。
斤量を背負っている1番人気は
少し疑ってかかった方がいいかも。
5番人気以下は5勝で、
そのうち6~9番人気は3勝、2着2回、3着3回と
数多く馬券に絡んでいる。
多くが2走以内に好走がありながら、
人気を落としているケース。
近走の成績には注意を払いたい。

 

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【3.3.1.12】 15.8% 31.6% 36.8%
2枠 【2.1.1.15】 10.5% 15.8% 21.1%
3枠 【1.3.3.12】 5.3% 21.1% 36.8%
4枠 【3.1.2.14】 15.0% 20.0% 30.0%
5枠 【0.0.2.18】 0.0% 0.0% 10.0%
6枠 【1.0.0.18】 5.3% 5.3% 5.3%
7枠 【0.1.0.21】 0.0% 4.5% 4.5%
8枠 【0.1.1.21】 0.0% 4.3% 8.7%

枠順については、内枠断然有利。
単純に内外を比較した場合、
勝率、連対率、複勝率のいずれも
ダブルスコア以上の差が開くという、
いささか極端なほどの結果となっている。
6~8枠からの勝ち馬は、
2007年のマイネルスケルツィ(6枠)、
2018年のブラックムーン(6枠)など
限られており内枠有利&外枠不利であるのは明白。
1~3枠だけでなく、4枠も好成績を残しており、
真ん中よりも内の枠番に入るかどうかが、
勝負を大きく左右すると言っても過言ではない。

 

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【2.0.1.7】 20.0% 20.0% 30.0%
先行 【3.2.4.28】 8.1% 13.5% 24.3%
差し 【3.4.4.55】 4.5% 10.6% 16.7%
追い込み 【2.4..1.41】 4.2% 12.5% 14.6%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【3.2.1.6】 25.0% 41.7% 50.0%
2位 【1.3.0.7】 9.1% 36.4% 36.4%
3位 【0.2.1.9】 0.0% 16.7% 25.0%
~5位 【2.2.2.13】 10.5% 21.1% 31.6%
6位~ 【4.1.6.96】 3.7% 4.7% 10.3%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【2.0.1.7】 20.0% 20.0% 30.0%
2番手以内 【2.1.2.16】 9.5% 14.3% 23.8%
3番手以内 【4.2.4.28】 10.5% 15.8% 26.3%
4番手以内 【5.2.5.35】 10.6% 14.9% 25.5%
5番手以内 【5.3.5.42】 9.1% 14.5% 23.6%
7番手以内 【7.5.7.58】 9.1% 15.6% 24.7%
10番手以内 【9.6.8.85】 8.3% 13.9% 21.3%
2番手以下 【8.10.9.124】 5.3% 11.9% 17.9%
3番手以下 【8.9.8.115】 5.7% 12.1% 17.9%
4番手以下 【6.8.6.103】 4.9% 11.4% 16.3%
5番手以下 【5.8.5.96】 4.4% 11.4% 15.8%
7番手以下 【3.6.4.81】 3.2% 9.6% 13.8%
10番手以下 【1.4.2.51】 1.7% 8.6% 12.1%
13番手以下 【0.1.1.29】 0.0% 3.2% 6.5%
16番手以下 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%

先行勢が優勢。
最後の直線が長い外回りコースでも、
前めで運んだ馬が相当残っている。
過去10年で4角先頭から
押し切った馬が2頭いる一方で、
10番手以下から差し切りが1頭、2着が4頭。
ただし、後方からの馬は
人気どころの取りこぼしも多く、
軸馬には中団より前のポジションを
取れる馬をチョイスすべき。

 

<斤量別成績>
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
57.0㎏ 【5.3.0.14】 22.7% 36.4% 36.4%
55.0㎏ 【3..1.0.27】 9.7% 12.9% 12.9%
53.0㎏ 【1.0.3.12】 6.3% 6.3% 25.0%
56.5㎏ 【1.0.0.2】 33.3% 33.3% 33.3%
57.5㎏ 【0.2.2.8】 0.0% 16.7% 33.3%

 

 

<年齢別成績>
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 【3.4.3.29】 7.7% 17.9% 25.6%
5歳 【2.1.2.25】 6.7% 10.0% 16.7%
6歳 【5.3.1.33】 11.9% 19.0% 21.4%
7歳 【0.2.3.30】 0.0% 5.7% 14.3%
8歳 【0.0.1.5】 0.0% 0.0% 16.7%
9歳 【0.0.0.7】 0.0% 0.0% 0.0%
10歳 【0.0.0.1】 0.0% 0.0% 0.0%
11歳 【0.0.0.1】 0.0% 0.0% 0.0%

勝ち馬は4歳から6歳までの3世代。
中でも6歳馬は5勝と強さを発揮して
昨年はワン・ツー・フィニッシュ。
4歳馬も3勝を挙げ、16年はワン・ツーを決めている。
昨年は下位に沈んだが、
ベテランの伏兵が好配当を演出していて、
5歳馬と7歳馬の複勝率はほとんど変わらない。

 

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
キャピタルS 【2.0.2.12】 12.5% 12.5% 25.0%
リゲルS 【2.0.1.9】 16.7% 16.7% 25.0%
マイルCS 【1.3.1.15】 5.0% 20.0% 25.0%
鳴尾記念 【1.1.0.2】 25.0% 50.0% 50.0%
チャレンジC 【1.1.0.7】 12.5% 25.0% 25.0%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1600m 【6.4.4.56】 8.6% 14.3% 20.0%
1800m 【3.4.0.23】 10.0% 23.3% 23.3%
3000m 【1.0.0.2】 33.3% 33.3% 33.3%
1400m 【0.2.4.31】 0.0% 5.4% 16.2%
2000m 【0.0.2.15】 0.0% 0.0% 11.8%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中3週 【2.3.2.24】 6.5% 16.1% 22.6%
中5週 【1.2.2.18】 4.3% 13.0% 21.7%
中1週 【1.1.4.20】 3.8% 7.7% 23.1%
中4週 【1.1.1.11】 7.1% 14.3% 21.4%
中2週 【1.1.1.24】 3.7% 7.4% 11.1%

過去10年2勝しているのが、
キャピタルSとリゲルSのオープン特別から参戦した組。
マイルCSは【1.3.1.15】と上位馬を5頭を
送り出しているが、
数が多いためアベレージは低く出ているのと、
1番人気に支持された馬が2回着外に
消えているのは気になる材料。
強豪に揉まれてきた実績は
一目置かなければならないが、
昨年も2着クルーガー、4着ダノンメジャーと
上位へは来たが勝ち切れず、過信は禁物。

 

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【2.2.2.18】 8.3% 16.7% 25.0%
2着 【0.1.3.6】 0.0% 10.0% 40.0%
3着 【2.0.1.9】 16.7% 16.7% 25.0%
4着 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
5着 【2.2.2.9】 13.3% 26.7% 40.0%
6~9着 【3.2.1.32】 7.9% 13.2% 15.8%
10着~ 【1.2.1.48】 1.9% 5.8% 7.7%

前走から連勝を果たした馬はわずか2頭。
前走3着以内に広げても4頭と
前走からの勢いはあまり問わない。
前走5着以下に敗れていた馬が
数多く巻き返している。

 

 

【京都金杯2019】予想│過去データの傾向と対策~データ分析(10年)から狙える馬~まとめ

今回は、京都金杯2019の予想と

過去データの傾向と対策

~データ分析(10年)から狙える馬~

探ってきました。

その中で、好走しそうな馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

一度使って、上積みが期待できる。
京都コースは【2.0.1.0】と
全て馬券に絡んで安定感も抜群。
斤量も有利に働くだろう。
能力は相当高く、
重賞でも上位争いは十分に可能。

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク