Pocket

今回は、京成杯オータムハンデキャップ2018最終予想と

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(中山芝1600m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中山の日曜メインは、

サマーマイルシリーズ

最終戦の京成杯オータムハンデキャップ。

当初、出走を予定していた

中京記念勝ち馬グレーターロンドンが

蹄の不安で出走を見合わせたため、

今回の登録馬ではワントゥワン(7ポイント)、

ロジクライ(5ポイント)、ヤングマンパワー(3ポイント)、

ウインガニオン、ロードクエスト(ともに2ポイント)の

5頭にシリーズ制覇のチャンスがある。

いずれも、優勝するためには

1着となることが条件。

今年の京成杯オータムハンデキャップ2018を制し

サマーマイルシリーズの王座に輝くのは

どの馬なのか、

ここでは、京成杯オータムハンデキャップ2018最終予想と

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(中山芝1600m)

書いていきます。

 

その前に、京成杯オータムハンデキャップ2018について

他にも記事を

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【京成杯オータムハンデキャップ2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

【京成杯オータムハンデキャップ2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【京成杯オータムハンデキャップ2018】枠順

1枠1番ミュゼエイリアン
2枠2番ロジクライ
2枠3番トーセンデューク
3枠4番トウショウドラフタ
3枠5番ロードクエスト
4枠6番ショウナンアンセム
4枠7番ヒーズインラブ
5枠8番ダイワリベラル
5枠9番ヤングマンパワー
6枠10番ミッキーグローリー
6枠11番ストーミーシー
7枠12番ウインガニオン
7枠13番ゴールドサーベラス
8枠14番ワントゥワン
8枠15番ベステンダンク

 

【京成杯オータムハンデキャップ2018】オッズ

1番人気ロジクライ              3.5
2番人気ミッキーグローリー  3.8
3番人気ワントゥワン           7.1
4番人気ヒーズインラブ        8.7
5番人気ゴールドサーベラス 12.6
6番人気ロードクエスト       12.9
7番人気ショウナンアンセム 15.9
8番人気ベステンダンク       16.4
9番人気ヤングマンパワー    17.6

 

【京成杯オータムハンデキャップ2018】コース分析(中山芝1600m)

スタートは1コーナー横のポケット地点。

中山競馬場芝コースの高低差は5.3mと、

JRA全10場の中で最も高低差がある。

その最高地点がこの1コーナーのところ。

2コーナーまで緩やかに下り、

さらに外回りコースのバックストレッチで

約4.5mの勾配を駆け下りる。

最後の直線距離は310mと、

中央4場の中では最短。

なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

近年は年明けの1回開催と秋開催でCコースが使用されており、

A、Bに比べて逃げ馬の好走確率が高くなっている。

最初の2コーナーまでの直線距離が

240mと短いため、先行争いは激しくなりやすい。

なおかつ、その後は下り坂なので

序盤から自然とペースアップする。

前半3ハロンの平均タイムは

クラスによる大きな差はない。

その後の中盤~終盤のラップに

クラスの差が現れ、勝ち時計の速さにもつながる。

スタートからゴールまで一貫して速いラップを

追走する能力が求められる。

枠順は圧倒的に内枠が有利。

幅員が最も広いAコースと、

最も狭いCコースでもその傾向は変わらない。

2コーナーまでの距離が短いことが起因し、

外枠は常に外々を回らされるデメリットが生じる。

内ラチ沿いをピッタリ回りながら、

前々に位置し、直線に入ってグイと抜けてくる競馬が、

このコースでは正攻法。

逃げ・先行馬が有利で、回収率も高い。

好走脚質→先行(勝率:12.1%)(複勝率:33.0%)

 

【京成杯オータムハンデキャップ2018】有力馬分析

<ウインガニオン>

58キロを背負った

関屋記念で行き脚が鈍った。

いずれにせよ昨夏の勢いが感じられないが、

開幕週の馬場で主導権を

握れるようなら一考の余地が。

 

<ヒーズインラブ>

節分Sでロジクライの2着したあと、

武庫川S、ダービー卿CTを連勝。

前年同様の上昇を見せたが、

安田記念は13着に終わった。

強敵相手に揉まれた経験は

今後に生かされそうだ。

中山1600メートルでは

重賞を含め3勝の良績。

改めて期待したい。

 

<ミッキーグローリー>

10戦5勝。長期休養明けの3戦を除けば

勝率は更に上がる。

阿武隈Sでは小回りを意識して早目の追い上げ。

それで脚勢は鈍ることがなかった。

中山1600メートルは過去2勝。

重賞初挑戦でもハンデ戦なら。

 

<ヤングマンパワー>

4年続けて出走した関屋記念で昨年同様の4着。

一旦は前に並びかける場面があり、

レースぶりは良かった。

秋緒戦は③①⑤着。

昨年はGⅡの毎日王冠で

3着グレーターロンドンとハナ、クビ差。

前走同様のGⅢなら

引き続き上位争いに持ち込める。

 

<ロジクライ>

ジュエラー相手にシンザン記念を

勝ったあと1年11カ月休養。

復帰後⑦②①①⑦②着。

マイラーズCはベルキャニオンとの

先行争いでレコードの流れを演出。

立て直しを図った中京記念も

レコードの争いとなったが、

今度は末を残して連対を確保している。

酷暑の夏に連戦を避け、

フレッシュな状態で臨めそう。

ここまで立ち直れば信頼を置ける。

 

<ロードクエスト>

一昨年の勝ち馬。

追い込み一手だった当時とは違い、

近走、自在味が出て、

4カ月ぶりのパラダイスS2着のあと関屋記念は5着。

逃げたエイシンティンクルを捉え切れず、

後続の台頭を許した内容に

物足りなさを覚えるが、

安定感を評価できる。

うまく末を残せれば。

 

<ワントゥワン>

関屋記念2着。

3キロ斤量が軽かった勝ち馬に

クビ差及ばなかったもののよく追い上げた。

中京記念でも5着し、

安定した末脚を強調できる。

開幕週の小回りが課題にはなりそうだが、

自分の競馬に徹してどこまで。

 

 

【京成杯オータムハンデキャップ2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ1201
好位06150209
中位13一団
後方1404

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇10ミッキーグローリー
▲13ゴールドサーベラス
☆09ヤングマンパワー
穴01ミュゼエイリアン
△0206070811121415

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

パワーと持続力に優れていて

時計が掛かる中山は

向いている。

今回のメンバーの中では、

レース適性は群を抜く。

<買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴-印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク