Pocket

今回は、京成杯オータムハンデキャップ2018予想と

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中山の日曜メインは、

サマーマイルシリーズ

最終戦の京成杯オータムハンデキャップ。

当初、出走を予定していた

中京記念勝ち馬グレーターロンドンが

蹄の不安で出走を見合わせたため、

今回の登録馬ではワントゥワン(7ポイント)、

ロジクライ(5ポイント)、ヤングマンパワー(3ポイント)、

ウインガニオン、ロードクエスト(ともに2ポイント)の

5頭にシリーズ制覇のチャンスがある。

いずれも、優勝するためには

1着となることが条件。

今年の京成杯オータムハンデキャップ2018を制し

サマーマイルシリーズの王座に輝くのは

どの馬なのか、

ここでは、過去の傾向と

データ分析(10年)から狙える馬

探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【京成杯オータムハンデキャップ2018】予想オッズ

1番人気ロジクライ               3.2
2番人気ミッキーグローリー   3.5
3番人気ワントゥワン            5.7
4番人気ヒーズインラブ         7.5
5番人気ロードクエスト         8.6
6番人気ウインガニオン        14.9
7番人気ヤングマンパワー     15.4
8番人気ショウナンアンセム  17.4
9番人気ストーミーシー        19.9

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【京成杯オータムハンデキャップ2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

【人気別】

1番人気   【2.0.0.8】
2番人気   【4.1.2.3】
3番人気   【2.0.2.6】
4番人気   【1.0.1.8】
5番人気   【0.0.1.9】
6番人気   【0.2.1.7】
7番人気   【0.2.2.6】
8番人気   【0.1.0.9】
9番人気   【0.0.1.9】
10番人気 【0.1.0.9】
11番人気 【0.2.0.8】
12番人気 【0.0.0.10】
13番人気 【1.0.0.9】
14番人気 【0.1.0.9】

2008年以降、1~2番人気は【6.1.2.11】と

約半数が馬券に絡んでいるものの、

それ以下は人気サイドから

超人気薄までまんべんなく好走しており、

2桁人気だからといって軽視はできない。

特に活躍が目立っているのが6~9番人気のゾーンで、

複勝率は20%超とかなり優秀。

 

【枠順別】

1枠 【0.1.0.15】
2枠 【3.3.1.10】
3枠 【1.1.2.16】
4枠 【0.2.1.17】
5枠 【4.1.1.13】
6枠 【1.1.2.16】
7枠 【0.0.3.16】
8枠 【1.1.0.18】

5枠が4勝、2枠が3勝。2枠は2着も3回あって、

連対率35.3%のハイアベレージを叩き出している。

7枠は連対がなく、1枠は2着が1度あるだけで

また、多頭数の場合に、ロスが大きくなる

8枠の信頼度がやや低くなる。

最内と外の2枠はやや割引が必要かもしれない。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.0.0.12】
先行馬 【4.3.3.30】
差し馬 【5.5.7.37】
追込馬 【1.2.0.42】

<上がり3F>

1位   【5.1.0.5】
2位   【0.3.3.8】
3位   【1.2.0.8】
~5位【1.3.3.14】
6位~【3.1.4.86】

<4角位置別>

4角1番手    【0.0.0.10】
2番手以内   【2.0.1.23】
3番手以内   【2.0.2.28】
4番手以内   【4.3.3.42】
5番手以内   【4.3.4.48】
7番手以内   【7.7.6.62】
10番手以内 【9.8.10.82】

2番手以下   【10.10.10.111】
3番手以下   【8.10.9.98】
4番手以下   【8.10.8.93】
5番手以下   【6.7.7.79】
7番手以下   【5.6.5.68】
10番手以下 【2.2.2.49】
13番手以下 【1.0.0.22】
16番手以下 【0.0.0.3】

直線の短い中山の開幕週。

逃げ馬の粘り込みもありそうなのだが、

過去10年、4コーナーを先頭で回った馬の

馬券絡みはゼロ。

最も信頼度が高いのは好位差しなのだが、

4角10番手以下から上位に食い込んでくる馬も多く、

開幕週のイメージとは裏腹に、

中団より後ろからの差しや追い込みが決まっている。

4角10番以降の馬も1~3着がそれぞれ

2頭ずつと追い込みも利いている。

この中には2ケタ人気も2頭おり、

腹をくくった追い込み馬の台頭も用心したい。

勝ち負け争いに加わるうえで、

一定以上の決め脚は必要不可欠。

近走で上がり3ハロン上位の

末脚を繰り出している馬を重視。

 

【斤量別】

55.0㎏【3.1.1.21】
54.0㎏【2.3.2.32】
53.0㎏【1.2.1.12】
57.0㎏【1.2.0.13】
58.0㎏【1.1.1.3】

トップハンデはのべ11頭で【1.2.2.6】と

マズマズの信頼度。

ほとんどが人気どころだが、

掲示板を外したのは

2頭と堅実に上位には食い込んでいる。

 

【年齢別】

3歳【2.1.3.16】
4歳【2.1.1.16】
5歳【5.3.2.34】
6歳【0.3.3.36】
7歳【1.2.1.15】
8歳【0.0.0.3】
9歳【0.0.0.1】

過去10年、5歳馬が5勝。

出走回数が多いこともあるが、

2着3回、3着も2回の好成績を叩き出している。

続いて3歳と4歳が2勝ずつ。

複勝率は3歳馬が最も高い。

6歳馬は2~3着が3度ずつあるが、

未勝利でアベレージもひと息。

7歳の頑張りもある。

8歳、9歳の高齢馬は

馬券に一度も絡めていない。

 

【前走別】

<レース別>

関屋記念組    【1.3.6.40】
クイーンS組 【1.1.0.0】
七夕賞組       【1.1.0.0】
東京優駿組    【1.1.0.2】
安田記念組    【1.1.0.3】

<距離別>

1600m組 【3.6.8.58】
1400m組 【3.0.0.26】
1800m組 【2.2.0.18】
2400m組 【1.1.0.2】
1800m組 【1.1.0.3】

◆同距離【3.6.8.58】
◆延長   【3.0.2.38】
◆短縮   【4.4.0.25】

<間隔別>

中3週組         【3.4.5.33】
中10週以上組 【3.4.2.30】
中8週組         【1.1.0.0】
中2週組         【1.1.0.6】
中6週組         【1.0.0.7】

過去10年では関屋記念、

京成杯AHともに3着というのが4回ある。

過去に2勝以上を挙げた

ローテーションは存在せず、

春のG1から準オープンまで

バラエティに富んでいる。

2~3着の回数を見ても2着3回、3着6回の

関屋記念組が王道ローテ。

しかし、前走関屋記念組は、

2008年以降、新潟で行われた

2014年を除くと未勝利。

とりわけ、3番人気以内に

支持された馬は2着連対すら果たせず、

3着確保が精一杯の状況となっている。

同組を狙うのであれば、人気サイドではなく、

人気落ちの巻き返し。

最も信頼できるステップは、

前走1600m超の重賞組。

2008年以降は3勝を含む6連対の

好成績を残している。

<前走着順>

前走1着     【5.0.1.11】
前走2着     【2.0.0.14】
前走3着     【0.1.4.10】
前走4着     【0.0.2.11】
前走5着     【0.1.0.3】
前走6~9着【1.5.1.35】
前走10着~【2.3.2.37】

前走から連勝を果たした馬は5勝。

前走2着馬も2勝していて、

前走からの勢いは重要。

6着以下に敗れた馬の

巻き返しも多く見られるが、

馬券に絡んだ14頭のうち、

1頭以外は前走がG1、

もしくは勝ち馬から

1秒差以内に踏ん張っていた。

また、多くの馬がオープンでの

好走実績を持っていた。

 

 

【京成杯オータムハンデキャップ2018】過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、京成杯オータムハンデキャップ2018

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探ってきました。

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

パワーと持続力に優れていて

時計が掛かる中山は

向いている。

今回のメンバーの中では、

レース適性は群を抜く。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク