Pocket

今回は、中山金杯2019の無料・公開予想と

展開・印付き予想とコース分析(中山芝2000m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

京都金杯とともに、2019年の中央競馬のオープニングを飾る

伝統のハンデ戦、中山金杯。

中山芝2000mを舞台に争われるG3。

ハンデ戦だが、関係者にとってゲンの良い

伝統重賞とあって実績馬、

期待馬の出走も珍しくない。

ハンデ戦だけあって例年混戦模様、

なかなか難解な一戦というイメージがあるが、

今年の中山金杯2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、中山金杯2019の

無料・公開予想、展開・印付き予想と

コース分析(中山芝2000m)を書いていきます。

 

その前に、中山金杯2019について

調教・最終追い切りの記事

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【中山金杯2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【中山金杯2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【中山金杯2019】コース分析(中山芝2000m)

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた
ホームストレッチの右端。
単純に芝1800mのスタート地点が
200m右へスライドしたところで、
最初の1コーナーまでの距離は約405m。
1~2コーナーの中間までは上り坂。
その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。
3~4コーナーはスパイラルカーブで、
緩い下り坂になっている。
最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。
なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。
最初のコーナーまでの距離が十分ある上、
途中1度目の急坂があるので、
前半からペースはさほど速くならない。
1~2コーナーまではゆったり流れ、
向正面に入るとペースアップ。
3コーナーの残り600m地点からラストスパートに入る。
最後の直線に入ると2度目の急坂により、
最後の1ハロンの時計がグッとかかる。
他場の2000mよりもタフなレースになりやすくスタミナを要する。
勝ち時計も2分を切りにくい。
スロー~平均ペースで流れれば
逃げ、先行勢が圧倒的に有利なコース。
前半の先行争いが激しくなり、
ハイペースになった時のみ
派手な追い込み、大外一気が決まる。
枠順は内枠が有利。
外枠は多頭数になるにつれて厳しくなる。

好走脚質→先行(勝率:13.1%)(複勝率:36.2%)

 

 

【中山金杯2019】展開・印付き予想

<展開予想>

ペーススロー
逃げ0107
好位110908
中位06一団
後方1416

 

<印付き予想>

◎06エアアンセム

明けて8歳になるが元気。
函館記念で初めて重賞を制し、
強敵揃いのオールカマー4着。
57キロの重いハンデだった福島記念3着も
悪い内容ではなかった。
中山ではスピカSを勝ち、
重賞格上げ前のホープフルS優勝も。
引き続き上位争いを期待。

 

〇03コズミックフォース

飛躍が期待される一頭。
日本ダービーで3着し、当時の5着がブラストワンピース。
中山2000メートルでは京成杯2着の良績があり、
③①②①着のこの距離がベストだろう。
休養して菊花賞の疲れは取れそう。

 

▲04ランガディア

条件戦を連勝して上昇急。
前走時55キロのハンデだし、
昇級しても斤量に恵まれる可能性がある。
NZT13着以来の右回りに戸惑いがなければ。

 

☆タイムフライヤー

2歳時に3勝。
暮れにホープフルSを勝った。
コース、距離ともぴったり。
3歳の昨年は未勝利に終わったが、
菊花賞では4着ブラストワンピースと0秒2差。
復調気配が窺える。
相変わらず追い切りは速い時計が出るし、
明け4歳世代のレベルの高さを思うと軽く扱えない。

 

人気ブログランキングへ

前走を見てもデキは戻ってきている。
距離も2000mがベストで
中山の舞台設定は適条件。

 

△02アドマイヤリード

ディセンバーSが4歳春のヴィクトリアマイル以来の勝利。
1800メートルで3勝目。
オークス、エリザベス女王杯で大敗し、
距離延長がプラスとは言えないが、
2000メートルなら我慢が利きそう。
立ち直ったとあれば怖い。

 

△08マウントゴールド

準オープンを勝つのに手間取ったが、
小倉記念でレコードの3着し、
オープン入り2戦目でオクトーバーSを勝った。
チャレンジCは4連勝達成の勝ち馬に完敗の形だが、
安定した先行力を武器に常に上位争いできる力をつけた。
小倉記念程度のハンデなら大いにチャンスあり。

 

△09ストロングタイタン

鳴尾記念をレコード勝ち。
負かしたトリオンフが小倉記念をレコード。
その小倉記念は心房細動なので参考外。
中日新聞杯3着と立ち直りを見せ、
今後調子が上向きそう。
中山⑧⑨⑦着の不振は気掛かりだが。

 

△11ウインブライト

3歳春にスプリングSを勝ち、
4歳の前年は中山金杯クビ差2着のあと中山記念を勝った。
ベストは1800メートルかもしれないが、
無類のコース巧者と言えるだろう。
マイル路線の昨秋はGⅠのマイルCS9着でも
0秒4差が健闘の部類。
実績のある舞台に戻って注目できる。

 

△14ブラックバゴ

ホープフルS3着、京成杯2着。
5歳緒戦の1000万を勝ち、昨年は中山金杯4着。
この時季の中山に良績がある。
オールカマーでエアアンセムとは0秒1差。
立て直した効果が出れば。

 

×0105071316

 

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク