Pocket

今回は、中山金杯2019の予想と

出走馬分析から狙える馬

~2年連続連対中のステイゴールド産駒の馬から狙う~を

中心とした記事

書いていきたいと思います。

京都金杯とともに、2019年の中央競馬のオープニングを飾る

伝統のハンデ戦、中山金杯

中山芝2000mを舞台に争われるG3。

ハンデ戦だが、関係者にとってゲンの良い

伝統重賞とあって実績馬、

期待馬の出走も珍しくない。

ハンデ戦だけあって例年混戦模様、

なかなか難解な一戦というイメージがあるが、

今年の中山金杯2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、出走馬分析から狙える馬

~2年連続連対中のステイゴールド産駒の馬から狙う~

探っていきたいと思います。

 

【中山金杯2019】予想│出走馬分析から狙える馬~2年連続連対中のステイゴールド産駒の馬から狙う~

<コズミックフォース>

2018年後半を席巻した感のある明け4歳世代で、
ダービーではワグネリアンに0秒2差3着で、
後のグランプリホースの
ブラストワンピースには先着していた。
京成杯2着、プリンシパルS勝ちの
実績から距離は2000mがベストなはずで、
好勝負の可能性十分。

 

<マウントゴールド>

充実期を迎えたステイゴールド産駒。
18年5月にオープン入りを果たすと、
重賞初挑戦となった小倉記念では
レコードタイムでの決着にしぶとく対応し3着と好走。
続くオクトーバーSでは絶妙なペースで
逃げ切り勝ちを決めた。
前走のチャレンジCではエアウィンザーに
3馬身突き放されたものの、2着を確保。
3着には1馬身半の差をつけた。
流れに左右されない自在性を身につけたうえ、
ハンデの56キロも背負い慣れているだけに、
前走に続いて手綱を取る武豊騎手を
背に新年の好発進を決める可能性は十分。

 

<タイムフライヤー>

同じ中山芝2000メートルが舞台の
GI・ホープフルSの17年の勝ち馬。
一時期、精彩を欠く走りが続いたが、
前走の菊花賞では0秒6差6着。
のちに有馬記念を勝つブラストワンピース(4着)と
互角の伸びを見せ、スランプ脱出を印象づけた。
直線の坂を味方につけた
ホープフルSの決め手は光っただけに、
復調してハンデ56キロなら好勝負が可能。

 

<アドマイヤリード>

17年のGI・ヴィクトリアマイルの覇者。
その後は勝ち星に恵まれていなかったが、
牡馬相手の前走・ディセンバーSを
ラスト3ハロン34秒4の末脚で鮮やかに
差し切り勝ちを収めた。
過去10年、牝馬は3着以内なしと苦戦の傾向だが、
前走で弾みをつけた切れ者が
完全復活を果す可能性はある。

 

<エアアンセム>

18年夏の函館記念で重賞ウイナーの仲間入りをすると、
強豪相手の産経賞オールカマーを4着にまとめ、
前走の福島記念も正攻法で0秒2差3着。
ホープフルS(当時はオープン特別)を
勝つなど早くから頭角を現していたが、
ここへ来てようやく本格化か。
中山適性は十分にあり、中間の攻め気配も上々。
相手なりに走れる堅実さに加え、
中山芝【2.2.2.3】のキャリアも魅力。
ハンデはある程度課せられそうだが、
57キロでも有力。

 

<ウインブライト>

18年の中山金杯でクビ差2着に食い込み、
続く中山記念ではアエロリットや
ペルシアンナイトらを相手に勝ち切った。
3歳春にはスプリングSを勝っていることもあり、
中山コースへの適性は抜群だ。
中山芝はGIIでの2勝を含めて【3.2.0.1】と相性が抜群。
58キロのトップハンデ克服が鍵となるが、
近走、マイル路線では力を出せてなく
ほぼベスト条件のここなら勝ち負け。

 

<ステイフーリッシュ>

チャレンジC3着からの臨戦。
18年の京都新聞杯を2分11秒0の好タイムで
押し切ったように時計の速い決着に強く、
中山芝も17年のホープフルSで
0秒2差3着と適性を示している。

 

<ストロングタイタン>

休養明けの中日新聞杯で0秒7差3着。
36キロもの大幅な馬体増だっただけに、
ひと叩きされた上積みは大きいはずだ。

 

<コズミックフォース>

18年のダービーで0秒2差3着。
秋2戦はセントライト記念7着、菊花賞15着と
ふるわなかったが、地力の高さは折り紙つき。
ひと息入れて立ち直ってくれば上位に肉薄できる。

 

<ランガディア>

ノベンバーS(1600万下)を連勝した上がり馬。
オープンでの実績はないが、
そのぶん、ハンデ54キロと軽量の利があり、
実績上位馬を脅かす存在となる。

 

 

【中山金杯2019】予想│出走馬分析から狙える馬~2年連続連対中のステイゴールド産駒の馬から狙う~まとめ

今回は、中山金杯2019の出走馬分析から狙える馬

~2年連続連対中のステイゴールド産駒の馬から狙う~を探ってきました。

その中で中山金杯2018

ステイゴールド産駒から狙える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

 

2年連続連対中のステイゴールド産駒。

前走を見てもデキは戻ってきている。

距離も2000mがベスト

舞台設定は適条件。

 

 

また、中山金杯2018の調教・一週前追い切りについての

記事も書いているので、

合わせて読んでみてください。

【中山金杯2019】予想│出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬

 

【中山金杯2019】予想│出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬

 

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク