Pocket

今回は、七夕賞2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と

データから買える馬、予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏の福島は2週目に入り、

日曜メインに名物重賞で、

サマー2000シリーズ初戦の七夕賞が行われる。

フルゲート16頭のところ、

登録12頭と少なくなったが、

ハンデ戦でもあって混戦ムード。

この混戦ムードの中、

今年の七夕賞2018を制するのは、

どの馬なのか、

ここでは、データ分析・過去10年の傾向から

データから買える馬を探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【七夕賞2018】予想オッズ

1番人気サーブルオール         3.1
2番人気プラチナムバレット   5.8
3番人気キンショーユキヒメ   6.0
4番人気マイネルサージュ      6.3
5番人気レイホーロマンス      7.1
6番人気ワンブレスアウェイ   7.2
7番人気マイネルフロスト      7.3
8番人気マイネルミラノ        12.9
9番人気バーディーイーグル  56.1

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

 

【七夕賞2018】データ分析・過去10年の傾向とデータから買える馬

【人気別】

1番人気  【3.1.2.4】
2番人気  【1.1.2.6】
3番人気  【1.0.1.8】
4番人気  【0.1.1.8】
5番人気  【1.2.0.7】
6番人気  【0.1.0.9】
7番人気  【2.1.2.5】
8番人気  【0.1.0.9】
9番人気  【0.0.0.10】
10番人気 【0.1.0.9】
11番人気 【1.1.1.7】
12番人気 【0.0.0.10】
13番人気 【0.0.0.9】
14番人気 【1.0.1.7】
15番人気 【0.0.0.9】
16番人気 【0.0.1.7】

過去10年間で1番人気は(3.1.2.4)で、

良くもなく、悪くもなくといったところ。

1人気は連対率40.0%、複勝率60.0%で

馬券圏内という意味で及第点。

3人気以内が総崩れしたことはない。

2・3人気は頼りないが、

1人気が馬券に絡まなかった時は

いずれかが3着以内に入っている。

目立つのはやはり人気薄で、

6番人気以下が4勝、2着5回、3着5回。

更に絞って2ケタ人気は2勝、2着2回、3着3回

大荒れの要因を作っている。

 

【枠順別】

1枠 【1.0.2.15】
2枠 【1.2.0.16】
3枠 【1.1.0.17】
4枠 【2.2.4.11】
5枠 【1.2.2.15】
6枠 【2.2.1.15】
7枠 【1.0.1.18】
8枠 【1.1.1.18】

外枠である7~8枠の不振が目立つ。

連対率、複勝率ともに低水準で、

単勝回収率と複勝回収率も

低空飛行という、

7~8枠不利と断言できる内容。

ほかの枠は、一部の歪みを除くと

それほど成績差が見受けられないので、

7~8枠だけを敬遠するという

スタンスが正解なのかもしれない。

たとえ、能力上位の馬でも、

7~8枠に入った場合は割り引くべきだろう。

 

【脚質別】

逃げ馬 【2.0.1.8】
先行馬 【5.2.3.28】
差し馬 【2.5.5.48】
追込馬 【1.3.2.41】

<上がり3F>

1位   【1.5.2.3】
2位   【3.3.1.4】
3位   【2.0.2.9】
~5位【2.0.3.16】
6位~【2.2.3.93】

<4角位置別>

4角1番手    【3.1.1.5】
2番手以内   【4.2.3.20】
3番手以内   【5.2.3.26】
4番手以内   【7.2.4.34】
5番手以内   【8.3.5.41】
7番手以内   【9.5.8.59】
10番手以内 【9.6.9.83】

2番手以下   【7.9.10.120】
3番手以下   【6.8.8.105】
4番手以下   【5.8.8.99】
5番手以下   【3.8.7.91】
7番手以下   【1.6.4.71】
10番手以下 【1.4.2.44】
13番手以下 【1.2.0.28】
16番手以下 【1.0.0.6】

脚質については、先行勢有利の状況

小回りの福島らしく、

4角先頭から押し切った馬は3頭。

5番手以内の好位から進めた馬が

5勝と勝ち馬は圧倒的に先行馬が多い。

基本的には末脚のキレよりも

前めでしぶとく脚を伸ばせる

持続力のほうが重要。

早めに仕掛けて

粘り込めるような馬が

良いといえる。

しかし、先行馬同士のいわゆる

「行った行った」のパターンは少ない。

中団以下にいた馬の

4角10番手以下からの

食い込みも多々見られる。

 

【斤量別】

57.0㎏【5.2.1.15】
52.0㎏【2.0.1.11】
55.0㎏【1.2.4.19】
53.0㎏【1.2.2.18】
56.0㎏【1.1.1.22】

51キロ以下の軽ハンデ馬は全滅で、

人気薄が多いだけに

狙いたくなるが激走の可能性はない。

勝ち星トップは56~57キロ、

それに続くのが52~53キロ。

この2カテゴリーで8勝だから、

確率的にはここから

優勝馬が出る可能性が高い。

一方で54~55キロの

中間ハンデ馬は2、3着が多いのが特徴。

トップハンデはやや苦戦傾向だが、

58キロを背負うだけの

実績を持った馬は

一応の警戒はしておきたい。

 

【年齢別】

4歳  【2.1.1.6】
5歳  【5.4.3.33】
6歳  【3.4.5.41】
7歳  【0.0.1.22】
8歳  【0.1.1.12】
9歳  【0.0.0.8】
10歳【0.0.0.3】

過去10年、勝ち馬は4~6歳の

3世代からしか出ておらず、

中でも5歳馬が5勝。

2着馬は9頭、3着も8頭が

前記の3世代から出ており、

高齢馬は不振となっている。

5歳馬の5勝は目立つのだが、

4歳馬は現在2連勝中で、

過去10年で10頭という少ない

出走機会で【2.1.1.6】の好成績。

7歳以上の出走が最も多いが、

勝ち馬はおらず、

買うにしても押さえ程度でいいだろう。

 

【前走別】

<レース別>

鳴尾記念組    【2.2.0.10】
福島TVOP組  【1.1.2.9】
目黒記念組    【1.1.0.12】
エプソムC組  【1.0.4.21】
東京新聞杯組 【1.0.0.0】

<距離別>

2000m組 【4.5.2.44】
1800m組 【3.1.6.49】
1600m組 【1.1.2.8】
2500m組 【1.1.0.12】
2200m組 【1.0.0.2】

◆同距離【4.5.2.44】
◆延長   【4.2.8.57】
◆短縮   【2.3.1.24】

<間隔別>

中4週組         【3.2.0.11】
中10週以上組 【2.3.2.28】
中2週組         【1.1.2.11】
中7週組         【1.1.0.2】
中5週組         【1.1.0.20】

ここ最近は5・6月の重賞組が

好走している。

その中でも鳴尾記念組が優秀で、

6月に移動してからの2012年以降で

2頭の優勝馬、2頭の2着馬を出している。

その4頭中3頭は鳴尾記念で

3~5着だった馬。

2ケタ着順からの巻き返しもあるが、

掲示板に載っている馬を

狙うのが正解。

その他では目黒記念組とエプソムC組も

ここ最近好走馬を出している注目ローテ。

目黒記念組は着順不問、

エプソムC組は9着以内が好走の目安。

あとは好走馬のステップは

多岐に渡っている。

他に気になるのが、

半年未満の休養明けの馬。

掴みどころが難しいのだが、

3着以内に入った7頭のうち4頭が

2ケタ人気の超人気薄だった。

夏競馬前半でキャリア豊富な

ベテランが強いこともあってか、

条件クラスからの昇級戦や

格上挑戦では、

ほとんど馬券に

絡んでいないので要注意。

 

 

【七夕賞2018】データ分析・過去10年の傾向とデータから買える馬まとめ

今回は、七夕賞2018

データ分析・過去10年の

傾向とデータから買える馬

探ってみました。

過去10年の

傾向とデータから買える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

昨年GⅡを勝っている実績馬

福島コースは初めてだが、

前走から、1ハロンの

延長はプラス材料。

年齢別成績では

【5.4.3.33】

斤量別成績では

【5.2.1.15】

前走からの距離延長では、

【4.2.8.57】

とデータから見て、

好走率が高い。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク