Pocket

今回は、ローズステークス2018の

予想│特別登録馬・過去の傾向と

データ分析(10年)から狙える馬と

予想オッズを中心とした記事

書いていきたいと思います。

3歳牝馬GIの最終戦・秋華賞のトライアル重賞で、

3着以内に本番への優先出走権が与えられる。

春クラシック以来の馬が人気になることが多いが、

夏の上がり馬が台頭することもあるレース。

今年のローズステークス2018

制するのはどの馬のなのか、

ここでは、過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【ローズステークス2018】予想オッズ

1番人気サトノワルキューレ2.2
2番人気サラキア4.9
3番人気カンタービレ6.3
4番人気トーセンブレス8.3
5番人気フィニフティ9.7
6番人気オールフォーラブ10.4
7番人気ゴージャスランチ16.6
8番人気センテリュオ16.7
9番人気ウラヌスチャーム23.1

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【ローズステークス2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

【人気別】

1番人気 【4.2.1.3】
2番人気 【1.1.1.7】
3番人気 【0.0.2.8】
4番人気 【1.0.0.9】
5番人気 【1.0.1.8】
6番人気 【0.2.1.7】
7番人気 【2.0.1.7】
8番人気 【1.0.0.9】
9番人気 【0.2.1.7】
10番人気 【0.1.2.7】
11番人気 【0.1.0.8】
12番人気 【0.0.0.9】
13番人気 【0.0.0.8】
14番人気 【0.0.0.8】
15番人気 【0.1.0.6】
16番人気 【0.0.0.6】

2008年以降、1番人気は【4.2.1.3】と

信頼度は高いのだが、

2~3番人気は【1.1.3.15】という低調な成績。

一方で、中穴ゾーンである

6~9番人気が毎年のように

馬券に絡みを果たす奮闘を見せている。

クラシック上位馬が活躍している

レースの割にはイメージほど堅くはない。

5番人気以下の馬だけで

1~3着を占めたのは2回。

重賞での好走実績がありながら、

人気を落としていた馬が

度々穴を開けている。

 

【枠順別】

1枠 【1.1.1.13】
2枠 【1.1.2.13】
3枠 【1.0.1.16】
4枠 【1.1.0.16】
5枠 【2.1.0.16】
6枠 【1.2.1.16】
7枠 【1.3.3.17】
8枠 【2.1.2.20】

勝率が最も高いのは5枠。

しかし、連対率トップは7枠で、

複勝回収率トップは2枠といった状況。

そのうえ、複勝率はどの枠も大差なく、

単勝回収率に至っては全枠100%割れと、

いずれの枠番も一長一短といった内訳だ。

基本的には枠順不問で、

よほど極端なバイアスでも

発生しない限り、

過度に意識する必要はないものと思われる。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.2.1.7】
先行馬 【3.0.2.30】
差し馬 【5.5.5.48】
追込馬 【2.3.2.42】

<上がり3F>

1位【2.7.0.1】
2位【6.0.2.4】
3位【1.1.4.5】
~5位【1.1.2.15】
6位~【0.1.2.102】

<4角位置別>

4角1番手 【0.2.1.7】
2番手以内 【1.2.2.18】
3番手以内 【2.2.2.31】
4番手以内 【3.2.3.37】
5番手以内 【3.3.4.49】
7番手以内 【5.3.7.59】
10番手以内 【7.5.9.85】

2番手以下 【10.8.9.120】
3番手以下 【9.8.8.109】
4番手以下 【8.8.8.96】
5番手以下 【7.8.7.90】
7番手以下 【6.7.5.71】
10番手以下 【4.5.1.49】
13番手以下 【2.2.1.28】
16番手以下 【0.2.0.10】

最も信頼度が高いのは、

中団から鋭い脚を繰り出せる馬だ。

2008年以降、上がり3F1~2位馬は【8.7.2.5】という

素晴らしい成績を残している。

有利、不利の少ないコースだが、

長い直線とゴール前の坂があることから

4角先頭で押し切るのは難しく、

過去10年で4角先頭から押し切った馬はゼロ。

ただし、ここ4年は逃げ馬の粘りが光っていて、

逃げ切りこそないが、3、4、2、2着と健闘。

いずれも人気薄が好配の使者になっている。

トータルで見ると差し馬が強いレースで、

4角10番手以下からの差し切りも4頭。

こちらも人気薄の伏兵が多く馬券に絡んでいる。

5人気以下の馬を調べてみると、

過去10年の3着以内馬の

5人気以下の馬の内訳は、

逃げ:3頭、先行:2頭、差し:8頭、追込:4頭。

開幕2週目とはいえ、

直線の長い阪神外回り。

穴を狙うなら逃げ・先行ではなく、差し・追い込みがいい。

近走の走りをしっかり精査したうえで、

キレのある末脚を繰り出せそうな馬を

優先して狙うべき。

 

【前走別】

<レース別>

優駿牝馬組 【8.4.2.36】
三面川特別組 【0.1.1.3】
クイーンS組 【0.1.1.4】
鳥栖特別組 【0.1.0.1】
白百合S組 【0.1.0.1】

<距離別>

2400m組 【8.4.2.37】
2000m組 【1.3.0.14】
1600m組 【1.0.1.19】
1800m組 【0.3.5.38】
1500m組 【0.0.1.3】

◆同距離【0.3.5.38】
◆延長【1.0.3.35】
◆短縮【9.7.2.54】

<間隔別>

中10週以上組 【8.6.3.60】
中5週組 【1.0.1.3】
中7週組 【1.0.0.3】
中4週組 【0.2.2.11】
中2週組 【0.1.1.18】

ローテについては、

2008年以降8勝を含む12連対の

前走オークス組が断然の存在。

オークスのあと、夏を休養に充て、

ここで秋初戦を迎えた馬が8勝。

出走頭数も圧倒的に多いのだが、

その経験、実力をいかんなく発揮している。

馬券に絡まなかった年はなく、

間違いなく主力ステップ。

ローズSで3着以内だったオークス組は、

過去に14頭。

そのうち8頭がオークスで3着以内に

好走した馬であり、

残りの6頭中4頭は4~6着。

前走条件戦組の食い込みも

増えてきているが、

それでもオークス組の優位を

崩すまでには至らない。

ただし、オークスで1秒0以上敗退していた

馬の巻き返しは難しく、

1着はおろか2着連対すら果たしていない。

また、オークス組以外で

2勝を挙げているのが、

俗にいう『上がり馬』なのだが、

2頭どちらも前走が500万クラスの平場戦。

14年2着のタガノエトワールは

未勝利を勝ったばかりの身で好走。

2着馬は前走が1000万クラスの馬より

500万クラスの馬の方が多く、

3着馬は1000万クラスの方が多い。

3着以内に好走した馬のステップレースを見ると、

3着以内馬16頭中14頭は

前走が6月下旬~9月上旬で、

やはり夏を使ってきた馬が多い。

クラスは未勝利から1000万まで幅広く、

距離も芝1500~2000mと

ピンポイントで絞り込むのは難しい。

ローズSで好走した小倉組4頭中3頭は、

その前走で2着に0秒2差以上で勝っていた。

逆に好走した札幌組は勝っている必要はなく、

2ケタ着順でなければチャンスあり。

新潟組は3着以内が好走条件。

 

【前走着順】

前走1着【5.4.3.42】
前走2着【0.3.2.6】
前走3着【2.0.1.8】
前走4着【2.0.1.6】
前走5着【0.0.1.8】
前走6~9着【1.2.1.28】
前走10着~【0.1.1.27】

前走から連勝を果たした馬は5頭、2着4回、3着も3回あって

前走勝ってここへ挑む勢いは非常に重要。

勝ち馬は9頭が前走4着以内。

前走10着以下から

巻き返したのはわずか2頭で、

ともに重賞で3着2回の地力を持っていた。

 

 

【ローズステークス2018】過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、ローズステークス2018

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探ってきました。

今年は、桜花賞、オークスで3着以内に

入った馬がいない混戦模様の一戦。

今年も条件クラスの出番は十分あると見る。

その条件クラスから注目している馬は…

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

能力は高い馬。

デビュー5戦全てまともなスタートを

切れていない点が課題だが、

直線が長い阪神外回りなら

十分挽回がきくだろう。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク