Pocket

今回は、レパードステークス2018無料予想と

有力馬の調教・一週前追い切り

分析・評価から買える馬を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏の新潟開催2週目は日曜メインの

3歳馬によるダートGⅢレパードS。

今年で10回目と歴史が浅い重賞だが、

過去の勝ち馬では

第1回の2009年トランセンド、

2010年ミラクルレジェンド、

2012年ホッコータルマエなど、

後の活躍馬がめじろ押し。

現3歳で最強といえるルヴァンスレーヴの

名前こそないが、

かなり将来有望なメンバーがそろった。

今年はどの馬が、レパードステークス2018を制し、

後の活躍馬となるのか、

ここでは、有力馬の調教・一週前追い切り

分析・評価から買える馬

探っていきたいと思います。

 

【レパードステークス2018】有力馬の調教・一週前追い切り分析・評価から買える馬

<グレートタイム>

(前回) 栗CW不 強 目
→79.6 63.7 50.1 38.3 12.7 ⑧

7/22 栗坂良 馬なり
→1回 62.6 45.2 29.5 14.0

7/26 栗坂良 馬なり
→1回 56.8 40.5 26.1 12.6

7/29 栗CW不 馬なり
→79.1 61.2 43.8 13.0 ⑥

【一週前追い切り評価】

馬なりの手応えで

軽快なフットワークを披露。

 

<ドンフォルティス>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 58.8 43.8 28.6 13.9

7/25 栗坂良 馬なり
→1回 57.3 41.2 26.0 12.7
ケワロスを0.4秒追走同入

7/28 栗坂良 馬なり
→1回 61.9 44.8 29.3 14.3

7/29 栗坂不 末一杯
→1回 56.6 41.2 26.3 12.9
ノーブルスノーを0.6秒追走0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

ケワロスと併せ馬を消化。

中間は依然として

馬なりの調整メニューも、

この厩舎のパターンで心配は皆無。

 

<グリム>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 51.6 37.8 24.8 12.3

7/22 栗坂良 馬なり
→1回 57.4 42.0 26.9 12.9

7/25 栗CW良 一 杯
→82.1 66.0 52.0 38.5 11.8 ⑤

7/29 栗坂不 馬なり
→1回 59.0 44.5 29.6 15.0

【一週前追い切り評価】

テンからスムーズに加速し、

しまいまで脚色が鈍らず。

短距離から中距離仕様に

うまくチェンジできている。

 

<アドマイヤビクター>

(前回) 栗CW良 馬なり
→82.8 67.0 51.9 37.7 12.2 ⑥

7/22 栗坂良 馬なり
→1回 58.5 41.6 26.5 12.8
ジェニシスに1.2秒先行同入

7/26 栗CW良 強 目
→80.7 65.6 51.5 38.2 12.7 ⑨
ピボットポイントの外を1.7秒先行3F付0.8秒先着

7/29 栗坂不 馬なり
→1回 59.8 43.6 28.3 14.1

【一週前追い切り評価】

大型馬ながら

仕掛けてからの反応が鋭く、

楽に先着。

デキはさらに上向いている。

 

<エングローサー>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 54.8 39.3 25.5 12.3

7/22 栗坂良 馬なり
→1回 55.6 39.9 26.3 13.0

7/25 栗CW良 馬なり
→81.0 64.8 51.0 38.4 12.0 ⑧
アナザーパラダイスの外2.9秒追走0.2秒先着

7/29 栗CW不 馬なり
→74.8 57.6 41.3 13.1 ⑥
アルデエンブレムの外0.3秒追走同入

【一週前追い切り評価】

実践並みのハードな

併せ馬で負荷は十分。

順調な仕上がりを見せている。

 

<アルクトス>

(前回) 南W良 一 杯
→83.6 67.7 52.7 38.5 13.0 ⑧

7/22 南坂良 馬なり
→1回 55.3 40.3 26.0 12.8

7/25 南W良 一 杯
→84.8 68.5 53.8 39.6 13.2 ⑦
ルネイションの外0.7秒先行同入

7/29 南W重 馬なり
→56.2 41.5 13.5 ⑧

【一週前追い切り評価】

6ハロン標から飛ばし、

目いっぱいに追われたが、

しっかりとした脚取りで

ラスト1ハロンは13秒2。

デキに陰りなし。

 

<ビッグスモーキー>

(前回) 栗CW良 稍一杯
→82.5 66.5 51.7 38.1 12.5 ⑧

7/26 栗CW良 一 杯
→84.2 67.8 52.8 38.7 11.9 ⑧

【一週前追い切り評価】

間隔が詰まっているが、

しっかりと追われて迫力ある動き。

好調キープ。

 

<プロスパラスデイズ>

(前回) 栗CW良 馬なり
→79.6 64.7 50.8 38.5 13.0 ⑦

7/25 栗坂良 一 杯
→1回 52.2 37.9 25.0 12.7

7/29 栗坂不 馬なり
→1回 56.4 41.2 26.7 12.7

【一週前追い切り評価】

太宰騎手を鞍上に迎えて

ハードに追われる。

馬格を生かした力強い脚力を見せ、

存在感十分の走りを披露した。

 

 

【レパードステークス2018】有力馬の調教・一週前追い切り分析・評価から買える馬まとめ

今回は、レパードステークス2018

有力馬の調教・一週前追い切り

分析・評価から買える馬

探ってきました。

その中で、調教・一週前追い切りの

動きが良かった有力馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走は中団から外を回らされ、

手応えの割に伸びきれなかった。

前走の2000mは1ハロン長かった影響。

ダート1800メートルは2戦2勝で

200メートル短くなるのは

間違いなくプラス材料。

巻き返しに期待。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク