Pocket

今回は、ラジオNIKKEI賞2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り分析・評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏の開催のオープニングを迎える福島では

日曜メインに3歳限定の

ハンデGⅢラジオNIKKEI賞が行われる。

福島1800mというクセの強いコースで

行われるため、能力だけではなく、

小回りコースに対応する力も求められてくる。

まだキャリアの浅い3歳の夏。

しかもハンデが力の差を

カバーするだけに、

各馬にチャンスがあり、

混戦ムードだ。

以前と比べて

ディープインパクト産駒が

好走しやすくなるなど

レース傾向にも変化が見られ、

今年も難解な一戦となるだろう。

ここでは、出走馬の

調教・最終追い切り分析・評価をし

好走しそうな馬を探っていきたいと思います。

 

ラジオNIKKEI賞2018の

出走馬の調教・最終追い切り分析・評価を

する前に、

【ラジオNIKKEI賞2018無料予想】データ分析・過去10年の傾向とデータから買える馬

についても記事を書いてので

こちらも合わせて見て、

参考にしてみてください。

それでは、本題の

ラジオNIKKEI賞2018の

出走馬の調教・最終追い切り分析・評価を

していきます。

 

【ラジオNIKKEI賞2018】出走馬の調教・最終追い切り分析・評価

<ロードアクシス>

(前回) 栗CW良 強 目
→71.1 54.6 39.8 12.1 ⑨

6/20 栗芝不 馬なり
→83.8 65.9 51.5 38.6 13.3 ⑤
リングオブハピネスの外1.4秒追走0.2秒先着

6/24 栗坂重 馬なり
→1回 58.0 42.9 28.0 14.4

6/27 栗P良 強 目
→79.6 63.1 49.2 35.9 11.6 ⑦
リングオブハピネスの内1.3秒追走アタマ先着

【最終追い切り評価】

しっかりと闘争心を

見せて追走先着。

フットワークも軽快で

前走以上の雰囲気。

 

<メイショウテッコン>

(前回) 栗CW稍 馬なり
→85.0 69.1 54.9 41.2 11.6 ④

6/17 栗CW良 馬なり
→59.9 43.4 13.8 ⑧

6/20 栗坂重 馬なり
→1回 53.9 39.3 26.0 13.0

6/28 栗CW良 強 目
→51.3 37.8 11.7 ⑦
マイハートビートの内1.6秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

半マイル追いらしく

スピードに満ちあふれた動き。

反応も鋭く、目下絶好調。

 

<キューグレーダー>

(前回) 南W良 馬なり
→67.2 51.8 38.2 13.1 ⑦

6/27 南W良 馬なり
→67.2 51.8 38.1 13.0 ⑦
ハイタイドの内1.0秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

持ったままの手応えで

パートナーをあっさり抜き去る。

体の張りも申し分ない。

 

<マイハートビート>

(前回) 栗CW不 馬なり
→53.0 39.2 12.2 ⑧

6/21 栗CW稍 馬なり
→79.6 64.5 50.2 37.3 12.2 ⑤
グッドワードの内0.6秒追走クビ遅れ

6/24 栗CW重 馬なり
→44.5 12.2 ⑧

6/28 栗CW良 馬なり
→53.0 38.4 11.8 ⑨
メイショウテッコンの外1.6秒先行0.1秒遅れ

【最終追い切り評価】

仕掛けられてからの

反応が遅く、

やや追い不足の印象。

馬体は太くないが。

 

<ケイティクレバー>

(前回) 栗CW良 馬なり
→87.5 70.6 55.2 40.8 12.5 ⑦

5/23 栗CW良 馬なり
→53.9 39.2 12.4 ⑨

6/21 栗CW稍 馬なり
→83.9 66.8 51.2 37.5 11.8 ⑥

6/27 栗CW良 馬なり
→81.8 65.8 51.0 38.4 11.6 ⑥

【最終追い切り評価】

ダイナミックかつ

滑らかな四肢の運び。

馬体も充実しており、

気配は文句なし。

 

<フィエールマン>

(前回) 南W良 馬なり
→69.2 53.8 39.2 12.5 ⑦

6/20 南W稍 直一杯
→66.5 52.3 37.8 12.3 ⑥
ロードライトの内0.8秒追走0.6秒先着

6/24 南坂稍 馬なり
→1回 58.0 43.5 29.4 14.8

6/27 南W良 馬なり
→68.3 53.3 38.8 12.3 ⑧

【最終追い切り評価】

重心が低く、

伸びのあるフットワーク。

走る気がみなぎっていて、

万全の態勢。

 

<キボウノダイチ>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 53.3 38.4 25.0 12.6

6/14 栗CW良 馬なり
→58.1 42.3 13.7 ⑧

6/21 栗CW稍 一 杯
→81.3 65.1 50.8 37.1 11.7 ⑧

6/27 栗CW良 直強目
→83.4 66.9 51.6 37.5 12.0 ⑥

【最終追い切り評価】

中間はコース中心に

切り替えて、

力むことなく走れている。

動きも実に軽快。

 

<エイムアンドエンド>

(前回) 南W良 直一杯
→68.4 52.3 38.1 13.0 ④

6/20 南W稍 直一杯
→81.7 65.6 51.4 37.9 13.1 ③
ワイドリーザワンの内0.4秒追走0.8秒先着

6/24 南坂稍 馬なり
→1回 57.9 42.6 27.5 13.0

6/27 南W良 強 目
→52.6 37.5 12.6 ⑤
タイセイカレッジの内1.1秒追走0.6秒先着

【最終追い切り評価】

中間で体つきが良くなって、

フットワークも

別馬のような推進力

上昇顕著。

 

<マルターズルーメン>

(前回) 南W良 一 杯
→69.4 54.8 40.3 13.6 ⑦

6/17 南W稍 強 目
→55.5 40.8 13.2 ⑧

6/20 南W稍 末強目
→67.5 53.0 39.8 13.4 ⑦
ウサギノパンチの外同入

6/27 南W良 一 杯
→67.5 53.4 39.0 12.9 ⑧
マイネルレンカの内0.6秒追走0.2秒遅れ

【最終追い切り評価】

追ってから伸び切れず、

最後は僚馬に

盛り返されてしまった。

攻め気配は地味。

 

<イェッツト>

(前回) 南W良 馬なり
→55.7 - 12.6 ⑦

6/20 南W稍 末強目
→67.6 52.3 38.1 12.5 ⑥

6/24 南坂稍 馬なり
→1回 60.8 42.9 27.7 13.4

6/27 南W良 強 目
→68.8 53.5 39.3 13.0 ⑦
パチュリーの内0.5秒追走同入

【最終追い切り評価】

軽く促されただけで、

抜群の反応を示す。

適度に間隔をあけられ、

活気も充満。

 

<シセイヒテン>

(前回) 南坂稍 一 杯
→2回 54.4 39.8 25.7 12.5

6/27 南坂良 馬なり
→2回 54.9 40.1 26.2 13.0

【最終追い切り評価】

無駄な動きが一切なく

ラストまでしっかりとした脚勢。

気配の良さも強調材料。

 

<ロードライト>

(前回) 南W良 馬なり
→70.0 54.3 39.9 13.2 ⑧

6/20 南W稍 一 杯
→67.9 53.3 38.6 12.9 ⑦
フィエールマンの外0.8秒先行0.6秒遅れ

6/24 南坂稍 馬なり
→1回 59.8 44.7 30.2 15.3

6/27 南W良 馬なり
→70.2 54.8 40.7 13.7 ⑦

【最終追い切り評価】

先週で態勢を整え、

直前は馬任せの内容。

リラックスして走れており、

好気配。

 

<グレンガリー>

(前回) 南W良 一 杯
→70.4 54.4 40.0 14.1 ⑦

6/23 南W良 馬なり
→51.7 38.4 13.4 ⑤
ミッキーマンドリンの内同入

6/27 南W良 末強目
→54.3 39.6 12.9 ⑦
キャルファーストの内0.7秒追走同入

【最終追い切り評価】

切れこそひと息だが、

じわじわ加速して併入。

一戦ごとに力をつけている。

 

 

【ラジオNIKKEI賞2018】出走馬の調教・最終追い切り分析・評価まとめ

今回は、ラジオNIKKEI賞2018の

出走馬の調教・最終追い切り分析・評価

まとめました。

その中で、調教・最終追い切り

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

追い切りの動きは上々。

小回りは合いそうだし、

自分のリズムで流れに乗れれば。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク