Pocket

今回は、ラジオNIKKEI賞2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と

データから買える馬、予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏の開催のオープニングを迎える福島では

日曜メインに3歳限定の

ハンデGⅢラジオNIKKEI賞が行われる。

福島1800mというクセの強いコースで

行われるため、能力だけではなく、

小回りコースに対応する力も求められてくる。

まだキャリアの浅い3歳の夏。

しかもハンデが力の差を

カバーするだけに、

各馬にチャンスがあり、

混戦ムードだ。

以前と比べて

ディープインパクト産駒が

好走しやすくなるなど

レース傾向にも変化が見られ、

今年も難解な一戦となるだろう。

ここでは、過去10年の傾向をデータ分析し

好走しそうな馬・データから買える馬

探っていきたいと思います。

 

【ラジオNIKKEI賞2018】予想オッズ

1番人気フィエールマン         2.9
2番人気イェッツト               3.8
3番人気メイショウテッコン   5.8
4番人気ケイティクレバー      6.1
5番人気キューグレーダー     10.8
6番人気キボウノダイチ        12.8
7番人気エイムアンドエンド  14.5
8番人気グレンガリー           15.7
9番人気ロードアクシス        27.1

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【ラジオNIKKEI賞2018無料予想2018】データ分析・過去10年の傾向とデータから買える馬

【人気別】

1番人気   【2.2.2.4】
2番人気   【3.1.1.5】
3番人気   【1.1.0.8】
4番人気   【0.1.0.9】
5番人気   【2.0.2.6】
6番人気   【0.1.1.8】
7番人気   【0.0.1.9】
8番人気   【2.1.0.7】
9番人気   【0.1.1.8】
10番人気 【0.0.0.10】
11番人気 【0.0.0.10】
12番人気 【0.0.1.9】
13番人気 【0.1.0.8】
14番人気 【0.1.0.7】
15番人気 【0.0.0.8】
16番人気 【0.0.1.7】

過去10年、

1番人気は、【2.2.2.4】と苦戦傾向。

2番人気が3勝で、

人気別では最も多く勝っている。

勝ち馬は6頭が3番人気以内だが、

3連単が5番人気までの

組み合わせで決まったのは

わずか1度しかなく、

ハンデ戦らしく

ヒモ荒れの傾向が強く出ている。

2ケタ人気の馬でも

2、3着がそれぞれ2回馬券に

絡んでいる。

常に大駆けを用心しておきたい。

 

【枠順別】

1枠 【1.0.1.16】
2枠 【2.3.4.9】
3枠 【1.1.2.15】
4枠 【0.1.0.18】
5枠 【1.1.0.18】
6枠 【2.3.0.14】
7枠 【1.0.0.19】
8枠 【2.1.3.14】

枠順については、

内枠である1~3枠が好成績。

開催時期が開幕週に

移行された2013年以降は、

内枠優勢の傾向

一段と強まっている。

外枠である7~8枠も

まずまずの成績を残しているが、

2013年以降に限れば

連対馬は2017年1着の

セダブリランテスのみ。

ただし、この年は12頭立ての

レアケースだった。

多頭数で行われる場合は、

内枠をプラス評価、

外枠をマイナス評価するのが妥当。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.2.2.9】
先行馬 【4.5.2.30】
差し馬 【5.2.3.37】
追込馬 【1.1.3.45】

<上がり3F>

1位   【3.2.3.4】
2位   【3.1.0.6】
3位   【1.1.2.8】
~5位【2.2.3.13】
6位~【1.4.2.90】

<4角位置別>

4角1番手    【0.2.2.6】
2番手以内   【1.5.2.16】
3番手以内   【3.6.3.25】
4番手以内   【4.7.4.37】
5番手以内   【6.7.4.38】
7番手以内   【8.7.6.58】
10番手以内 【9.9.7.80】

2番手以下   【10.8.8.115】
3番手以下   【9.5.8.105】
4番手以下   【7.4.7.96】
5番手以下   【6.3.6.84】
7番手以下   【3.3.5.74】
10番手以下 【1.1.3.45】
13番手以下 【1.1.0.22】
16番手以下 【0.0.0.3】

脚質的には、先行・差し互角。

過去10年、

4角先頭で押し切った馬は

いないのだが、

小回りの福島らしく、

2着2回、3着2回と

4頭が粘り込みを見せ、

4角5番手以内の馬が6勝。

先行勢が必ず1頭は馬券に絡んでいて、

総崩れのパターンはない。

4角8番手以下の差し、

追い込み勢が毎年のように

3着入りを果たしているように

決して差しが利かないわけではないが、

後方から一気の脚で突き抜けるのは

困難な小回りコース。

4角10番手以下から

馬券に絡んだ5頭のうち

4頭はオープンで

4着以内の実績があった。

 

【斤量別】

54.0㎏【6.0.2.28】
55.0㎏【1.5.3.15】
53.0㎏【1.3.4.33】
56.0㎏【1.1.1.15】
56.5㎏【1.0.0.0】

ハンデ戦ということもあり、

斤量を気にするファンが多いが、

意外に成績の偏りは小さい。

2008年以降未勝利の57キロ以上と、

馬券絡みゼロの52キロ以下を除けば、

どこからでも買える。

最も信頼できるのは、

7勝を含む12連対の54~55キロだが、

53キロも好走率および

複勝回収率はなかなかの高さ。

なかでも、春のG1に出走していない馬や、

重賞連対経験のない馬が狙いどころ。

波乱の立役者となるケースも少なくない。

ゆえに「格より調子」の格言が

ハマりやすいハンデ重賞。

 

【前走別】

<レース別>

プリンシパル組    【2.2.2.9】
青葉賞組             【2.0.0.4】
エーデルワイス組 【2.0.0.8】
稲村ケ崎特別組    【1.0.0.0】
早苗賞組             【1.0.0.4】
白百合S             【0.4.0.12】
NHKマイルC       【0.1.3.6】

<距離別>

2000m組 【3.3.2.19】
1600m組 【3.2.5.42】
1800m組 【2.4.2.34】
2400m組 【2.1.0.16】
1400m組 【0.0.1.3】

◆同距離【2.4.2.34】
◆延長   【3.2.6.46】
◆短縮   【5.4.2.43】

<間隔別>

中2週組 【3.0.3.21】
中7週組 【2.3.5.20】
中5週組 【2.1.0.9】
中8週組 【2.0.0.11】
中3週組 【1.0.1.6】

主力となるのは

プリンシパルS青葉賞

両ダービートライアル出走組で、

それぞれ2勝をマーク。

プリンシパルS組は

2~3着もそれぞれ2回あって、

相性の良さが光る。

そして勝ち馬こそ出ていないが

白百合S組が2着4回、

NHKマイルC組が2着1回、3着3回と

多く馬券に絡んでいるのが

見逃せないポイント。

着順にかかわらず

オープンで揉まれてきた馬は

注意が必要。

 

 

【ラジオNIKKEI賞2018無料予想】データ分析・過去10年の傾向とデータから買える馬まとめ

今回は、ラジオNIKKEI賞2018

データ分析・過去10年の傾向と

データから買える馬を書いてきました。

データ分析から、買える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

データから

斤量【6.0.2.28】

前走レース【2.2.2.9】

前走距離【3.3.2.19】

前走間隔【2.3.5.20】

騎手【1.1.0.6】

と好走できる条件は揃っている。

中団からきっちり末脚を

伸ばすレースぶりにも

安定感がある。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク