Pocket

今回は、ユニコーンステークス2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価②を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

4月21日から行われてきた東京開催は

残り2週となったが、

今週は最後の平地重賞となる

3歳ダートGⅢユニコーンSが行われる。

1996年の第1回のシンコウウインディに始まり、

97年タイキシャトル、98年ウイングアロー、

99年ゴールドティアラ、2000年アグネスデジタル、

03年ユートピア、05年カネヒキリ、13年ベストウォーリア、

15年ノンコノユメ、16年ゴールドドリームと、

優勝馬の約半分が後にGIを制している出世レース。

世代のダートの猛者が一挙に集結するレースだけあり、

この一戦を勝った馬は将来の飛躍が

約束されているといっても大げさではない。

今年は、どの馬がユニコーンステークスを制し、

今後のダート界の主役候補となるのか!?

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りから

好走しそうな馬を探っていきたいと思います。

 

【ユニコーンステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り評価②

<ハーベストムーン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 53.2 38.6 25.1 12.5

6/6 栗坂不 馬なり
→1回 58.4 42.8 28.0 13.8

6/10 栗坂良 強 目
→1回 51.6 37.7 25.4 13.1

6/13 栗坂良 馬なり
→1回 58.5 41.7 26.4 12.8
ナイトスプライトに0.3秒先行0.2秒先着

【最終追い切り評価】

テンからスムーズに折り合い、

ラストは俊敏に反応していた。

好調をキープ。

 

<コマビショウ>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 52.8 38.5 25.3 12.6

6/1 栗坂稍 馬なり
→1回 54.9 39.4 25.2 12.5

6/7 栗坂不 馬なり
→1回 53.3 38.8 25.2 12.8
メイショウスミトモを0.1秒追走0.2秒先着

6/14 栗坂良 末強目
→1回 54.5 39.4 25.4 12.6

【最終追い切り評価】

キビキビと活気にあふれた

動きで駆け上がり、

状態の良さを感じさせた。好調。

 

<バイラ>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 56.4 40.7 25.1 12.5

5/31 栗CW良 馬なり
→83.8 68.0 53.0 38.7 12.7 ⑦
タガノデジェーロの外1.7秒先行同入

6/6 栗CW不 一 杯
→78.7 64.7 51.4 38.3 12.9 ⑨
タガノデジェーロの外を1.7秒追走3F併0.1秒遅れ

6/13 栗坂良 馬なり
→1回 54.4 39.2 25.2 12.5

【最終追い切り評価】

キビキビと活気にあふれた

フットワークで登坂した。

馬体の張りも目立つ。

 

<ベストマイウェイ>

(前回) 栗坂不 一 杯
→1回 54.8 39.6 25.9 12.9

6/3 栗坂良 馬なり
→1回 58.2 42.3 27.6 13.8
ブンゴに0.1秒先行同入

6/6 栗坂不 一 杯
→1回 53.4 39.2 26.0 13.3
サンライズナイトに0.1秒先行0.6秒先着

6/13 栗坂良 一 杯
→1回 53.3 38.1 24.6 12.2
スマートウェールズを0.6秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

追い比べできっちりと先着を果たし、

状態の良さを感じさせた。

気配は上々。

 

<エングローサー>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 55.7 40.5 26.6 13.1

6/6 栗CW不 一 杯
→81.4 65.7 50.8 37.8 12.3 ⑦
ビップデヴィットの外1.1秒追走0.8秒先着

6/10 栗坂良 馬なり
→1回 56.7 40.7 26.5 12.9

6/13 栗坂良 馬なり
→1回 54.8 39.3 25.5 12.3

【最終追い切り評価】

久々を快勝した反動はなく、

元気に登坂。

脚さばきも素軽かった。好調。

 

<リョーノテソーロ>

(前回) 南W良 末強目
→53.8 39.4 12.8 ⑦

6/6 南W良 末強目
→83.9 67.8 52.4 39.1 12.9 ⑦
スナップドラゴンの内0.8秒追走同入

6/10 南坂良 馬なり
→1回 56.2 41.5 27.4 13.6

6/13 南W稍 一 杯
→52.8 38.2 12.4 ⑥
スパーダの内1.0秒追走1.0秒先着

【最終追い切り評価】

重心の低いフォームで、

追いだされると豪快にはじけた。

動きは申し分ない。

 

<ルヴァンスレーヴ>

(前回) 南W良 馬なり
→68.6 52.6 38.0 12.4 ⑨

5/30 南W良 一 杯
→69.3 54.1 39.6 12.7 ⑨
アデイインザライフの外0.6秒先行同入

6/6 南坂良 一 杯
→1回 52.0 38.3 25.3 12.6

6/13 南W稍 末一杯
→82.9 66.8 52.6 38.6 13.1 ⑦
ミッキージョイの内0.8秒追走0.2秒遅れ

【最終追い切り評価】

ケイコ駆けする馬を

目標にしっかり追われ、

全体時計は優秀。

これで仕上がる。

 

<ダンケシェーン>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 56.0 39.9 24.9 12.2

5/30 栗CW良 一 杯
→80.3 65.1 51.6 38.9 12.9 ⑨
アルレーサーの外を0.5秒追走3F併クビ先着

6/6 栗坂不 馬なり
→1回 51.6 37.5 25.0 12.7

6/13 栗坂良 馬なり
→1回 54.3 38.8 25.2 12.4

【最終追い切り評価】

ひと叩きされ、

動きに力強さが出てきた。

前走以上には動けそうな気配だ。

 

<ミックベンハー>

(前回) 南W重 馬なり
→69.6 53.8 39.8 13.0 ⑤

6/3 南W良 馬なり
→56.7 41.4 13.0 ⑧

6/6 南W良 強 目
→68.3 53.1 38.5 13.0 ⑥
エンチャントメントの外を1.0秒先行3F付同入

6/13 南W稍 直強目
→69.3 54.0 39.0 13.1 ⑤
マトイの内1.0秒追走同入

【最終追い切り評価】

手応えで見劣ったが、

脚さばきは力強く、

肌ツヤもいい。

出来は保っている。

 

 

【ユニコーンステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り評価②

今回は、ユニコーンステークス2018

出走馬の調教・最終追い切り評価②まとめを

書きました。

この中で、調教・最終追い切り

良かったと馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

調教の動きは良く

いい状態。

芝のG1では厳しかったが、

ダートなら違ってくる。

1600mへの対応さえできれば

好勝負。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク