Pocket

今回は、マイルチャンピオンシップ2018予想と

参考レース動画、過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬~消去法から台頭する馬はこの馬~を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週からGIシリーズの舞台は京都に替わる。

その京都で最初に行われるのが、秋のマイル王者を決める一戦。

中距離路線組とマイル・スプリント路線組からの

出走があるため、波乱も期待できるレースになっている。

今年は、順当な決着になるのか、

はたまた、一波乱あるのか、

GI馬7が頭、それに負けない実力派もいて

かなりの混戦ムードだが、

今年のマイルチャンピオンシップ2018を制するのは

どの馬になるのか、

ここでは、過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬~消去法から台頭する馬はこの馬~

探っていきたいと思います。

 

また、マイルチャンピオンシップ2018

出走馬分析と京都適性についての記事

書いているのでそちらも合わせて

読んでみてください。

【マイルチャンピオンシップ2018】予想│出走馬分析と京都適性から好走しそうな馬~前走で完全復活!勢い十分のこのまま一気にマイル界の頂点へ~

 

【マイルチャンピオンシップ2018】予想│出走馬分析と京都適性から好走しそうな馬~前走で完全復活!勢い十分のこのまま一気にマイル界の頂点へ~

 

【マイルチャンピオンシップ2018予想】過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬~消去法から台頭する馬はこの馬~

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【1.3.2.4】 10.0% 40.0% 60.0%
2番人気 【1.3.1.5】 10.0% 40.0% 50.0%
3番人気 【1.2.0.7】 10.0% 30.0% 30.0%
4番人気 【4.0.1.5】 40.0% 40.0% 50.0%
5番人気 【1.0.1.8】 10.0% 10.0% 20.0%
6番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 【0.0.2.8】 0.0% 0.0% 20.0%
8番人気 【1.0.0.9】 10.0% 10.0% 10.0%
9番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
11番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
12番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 【1.0.0.9】 10.0% 10.0% 10.0%
14番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%

人気は幅広いレンジから好走馬が出ていて、
過去10年で最も勝鞍が多いのは4番人気
昨年の優勝も含めて4勝しており、
勝率は40%と断トツ。
1番人気は【1.3.2.4】と心許ない数字で、
かつては1番人気が
強いレースとして知られていたが、
最後に1番人気が勝ったのは09年のカンパニー。
昨年はイスラボニータが5着に敗れている。
2人気は連対率40%、
複勝率50%と1人気とほぼ同等の成績。
3年連続で2着と近年も好調だ。
3人気は1、2人気に比べてやや劣る成績だが、
過去5年では1勝2着2回。
5人気以下は1頭以上が馬券に絡んでおり、
2ケタ人気で馬券に絡んだのは4頭。
ヒモ相手は多めに買ったほうがいい。

 

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【1.1.1.17】 5.0% 10.0% 15.0%
2枠 【1.1.2.16】 5.0% 10.0% 20.0%
3枠 【2.0.1.17】 10.0% 10.0% 15.0%
4枠 【1.4.0.15】 5.0% 25.0% 25.0%
5枠 【0.1.0.19】 0.0% 5.0% 5.0%
6枠 【1.1.0.18】 5.0% 10.0% 10.0%
7枠 【1.1.5.22】 3.4% 6.9% 24.1%
8枠 【3.1.1.25】 10.0% 13.3% 16.7%

過去10年で勝ち馬が出ていない枠番は5枠の1つ。
この枠は2着も1度しかなく、
複勝率が8つの枠で唯一10%に満たない。
複数の勝利があるのは8枠の3勝と3枠の2勝。
4枠は1勝、2着4回と5度の馬券絡み。
7枠3着が5回ある。

 

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
先行 【1.2.2.30】 2.9% 8.6% 14.3%
差し 【6.5.6.64】 7.4% 13.6% 21.0%
追い込み 【2.2.2.47】 3.8% 7.5% 11.3%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【3.3.1.7】 21.4% 42.9% 50.0%
2位 【3.0.1.7】 27.3% 27.3% 36.4%
3位 【2.0.2.9】 15.4% 15.4% 30.8%
~5位 【1.1.0.14】 6.3% 12.5% 12.5%
6位~ 【1.6.6.112】 0.8% 5.6% 10.4%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
2番手以内 【1.2.1.19】 4.3% 13.0% 17.4%
3番手以内 【1.2.2.32】 2.7% 8.1% 13.5%
4番手以内 【2.3.2.38】 4.4% 11.1% 15.6%
5番手以内 【2.4.4.45】 3.6% 10.9% 18.2%
7番手以内 【5.6.6.62】 6.3% 13.9% 21.5%
10番手以内 【8.8.8.83】 7.5% 15.0% 22.4%
2番手以下 【9.9.10.141】 5.3% 10.7% 16.6%
3番手以下 【9.8.9.130】 5.8% 10.9% 16.7%
4番手以下 【9.8.8.117】 6.3% 12.0% 17.6%
5番手以下 【8.7.8.111】 6.0% 11.2% 17.2%
7番手以下 【8.4.5.91】 7.4% 11.1% 15.7%
10番手以下 【4.2.2.75】 4.8% 7.2% 9.6%
13番手以下 【2.2.2.47】 3.8% 7.5% 11.3%
16番手以下 【0.1.0.23】 0.0% 4.2% 4.2%

4角先頭で押し切った馬は
過去10年では16年のミッキーアイル1頭。
4角先頭の馬には厳しいデータが出ているのだが、
好位、中団、追い込みがほぼ均等に上位争いをしていて、
4角10番手以下から追い込んで勝った馬も4頭いる。
直線が平坦の外回りコースで、
脚質面では差し馬がやや有利と出ている。

 

<年齢別成績>
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 【1.0.2.30】 3.0% 3.0% 9.1%
4歳 【3.5.3.22】 9.1% 24.2% 33.3%
5歳 【4.4.4.47】 6.8% 13.6% 20.3%
6歳 【1.1.1.32】 2.9% 5.7% 8.6%
7歳 【0.0.0.14】 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 【1.0.0.4】 20.0% 20.0% 20.0%

年齢別で見ると5歳4勝、4歳3勝、3歳、6歳8歳が各1勝。
昨年は近年古馬の分厚い壁に跳ね返されていた
3歳のペルシアンナイトが
2000年アグネスデジタル以来の勝利を挙げ、
3着にサングレーザーが入線。
今年はNHKマイルCの覇者
ケイアイノーテックら3頭が特別登録しており、
その流れに乗っていけるか注目。
昨年の活躍があっても3歳のアベレージは低く、
6歳以上もアベレージは良くなく、
狙い目は連対率が最も高い4歳馬、
4歳馬と同じ8連対の5歳馬。

 

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
富士S 【3.4.1.44】 5.8% 13.5% 15.4%
天皇賞・秋 【2.0.1.13】 12.5% 12.5% 18.8%
毎日スワン 【1.4.2.33】 2.5% 12.5% 17.5%
府中牝馬S 【1.0.1.8】 10.0% 10.0% 20.0%
京都大賞典 【1.0.0.1】 50.0% 50.0% 50.0%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1600m 【4.4.4.58】 5.7% 11.4% 17.1%
2000m 【2.0.2.21】 8.0% 8.0% 16.0%
1400m 【1.4.2.33】 2.5% 12.5% 17.5%
1800m 【1.1.2.26】 3.3% 6.7% 13.3%
1200m 【1.1.0.7】 11.1% 22.2% 22.2%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中2週 【3.4.3.50】 5.0% 11.7% 16.7%
中3週 【3.4.1.47】 5.5% 12.7% 14.5%
中6週 【1.1.1.10】 7.7% 15.4% 23.1%
中5週 【1.1.1.15】 5.6% 11.1% 16.7%
中4週 【1.0.2.15】 5.6% 5.6% 16.7%

ステップは多岐に渡るが、
重要なのは天皇賞・秋組、富士S組、スワンS組の3レース。
入着回数で目立つのは富士S組
ここ最近絶好調で、
昨年はワンツーを決めている。
3勝、2着4回と好相性。
1勝、2着4回のスワンS。
出走頭数が多いため
アベレージはさほど高くないが、
スワンS組は1勝しかしていないが、
2・3着数が多く、侮れないローテ。
過去10年で複数の勝ち馬を輩出しているのは
前述の富士Sの3勝と天皇賞(秋)の2勝。
天皇賞・秋は16頭と
決して多くない出走回数での2勝で、
古馬最高峰の一戦を経験してきた馬は
一目置いておいた方がいい。
その他、京都大賞典組、府中牝馬S組、毎日王冠のGII組は、
凡走しているよりも3着以内に
好走した馬のほうがいい。
前走10着以下に負けた馬の
好走(3着以内)は過去10年でゼロ。

 

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【4.4.6.18】 12.5% 25.0% 43.8%
2着 【1.3.0.16】 5.0% 20.0% 20.0%
3着 【1.1.2.11】 6.7% 13.3% 26.7%
4着 【0.0.0.14】 0.0% 0.0% 0.0%
5着 【1.0.2.13】 6.3% 6.3% 18.8%
6~9着 【3.2.0.37】 7.1% 11.9% 11.9%
10着~ 【0.0.0.40】 0.0% 0.0% 0.0%

前走の勢いは比較的重要で、
前走から連勝を果たした馬は4頭。
2着も4頭、3着6頭いて、複勝率は43.8%にものぼる。
その一方で前走6着以下の巻き返して
勝った馬も3頭いて、2着も2頭。
09年2着のマイネルファルケ以外は
重賞で複数の連対があった。
ただし、前走2ケタ着順から馬券圏内に
巻き返した馬は1頭もいない。

 

【マイルチャンピオンシップ2018予想】参考レース動画

 

【マイルチャンピオンシップ2018予想】過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬~消去法から台頭する馬はこの馬~まとめ

今回は、マイルチャンピオンシップ2018予想と

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬~消去法から台頭する馬はこの馬~

探ってきました。

過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

~消去法から台頭する馬はこの馬~を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走出走のレースはマイルチャンピオンシップと

好相性ここをステップに来た馬は、【3.4.1.44】

7連対の活躍を見している。

その中でも、勝ち馬は【1.2.1.3】という成績。

京都の相性も良くここは有力候補。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク