Pocket

今回は、ホープフルステークス2019の
血統予想、過去データの
種牡馬成績・血統分析から狙える馬、を
中心とした記事
書いていきたいと思います。

年末のホープフルステークスは今年最後のGⅠ。
2歳牡馬チャンピオンを決める一戦となっている。
皐月賞と同じコースでの
施行されるレースということもあり、
2013年までのオープン特別時代から
関東の有力2歳馬だけでなく、
関西馬が遠征してくることも珍しくなかった。
2017年からはG1に昇格し、
これまで以上に関西の素質馬の参戦が期待でき、
翌年の皐月賞とも直結しやすいレースにもなってきている。

今年のホープフルステークス2019
制するのはどの馬になるのか
ここでは、ホープフルステークス2019
血統予想、過去データの
種牡馬成績・血統分析から狙える馬
探っていきたいと思います。

【あのシャーロックが無料会員の再募集を始めました!】

これまであまりの人気に
無料登録を止めていたというシャーロック。
先週有馬記念
きっちり仕留めたこともあり、
沢山の「入会したい!」という声からなんと再募集に踏み切ったそうです!

ただ、上限持ち…。今週は30名様限定での募集となっており

それ以上は自動的にストップされてしまうようなので
早めの登録が必須となっているようです…!!!

【先着30名様限定!】無料登録はこちら!

シャーロックの武器は・・・

独自の情報網とデータを解析し、
ただの的中ではなく高配当を狙い撃つ!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

業界の中枢にはまで張り巡らせた独自のコネクション
この情報網により膨大な有力情報を独占入手!

長年に渡る膨大な過去データを集計し数値化。
分析・解析を行いシミュレート完璧にこなす!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが”驚異的とも言える的中率”を出せる秘訣なのです!

だからこそ先日も、下記の的中を含む大量的中の数々!

この情報が真実かどうか…。それを疑っているとそれは正直もったいない!です。

真の情報とシャーロックが誇る独自解析で高配当馬券を量産!しているシャーロック。

このサイトは兎に角「当たりますよ」

疑っているのであれば無料なので是非登録してみてください。
正直週末のドンよりした気持ちが一気にスカッと!しますよ(笑)

今週は注目のGⅠ「ホープフルステークス」の情報も無料で公開予定!

その目でシャーロックの凄さを目の当たりにしてみてください!!

無料登録ご希望の方はこちらをクリック!

※メールアドレスを入力するだけで簡単登録できます。

【ホープフルステークス2019血統予想】過去データの種牡馬成績・血統分析から狙える馬

ホープフルステークス2019血統予想<過去データの種牡馬成績>

中距離系のリーディング上位種牡馬の産駒が
好成績を残す中山芝2000m。
このレースではディープインパクト産駒が
シャニングレイ(2014年)、ハートレー(2015年)で
連勝している一方、
キングカメハメハ産駒も2010年以降で3勝を挙げている。
なお、アリゼオ(2009年)、サトノネプチューン(2012年)など
オープン特別時代に活躍を輩出していたシンボリクリスエスは、
重賞昇格後の2016年にレイデオロの母父として1着。
この先は父としてではなく、ディープやキンカメ、
ロードカナロアの交配相手の母父としてチェックしておきたい。
ちなみに、重賞昇格後のG2時代の3年間はノーザンFの生産馬が連勝。
G1昇格年は社台コーポレーション白老Fのタイムフライヤー、
2年目はノーザンFのサートゥルナーリアが制しており、
今後も社台グループ優勢の傾向が加速していくことが予想される。

ホープフルステークス2019血統予想<血統分析から狙える馬>

<ヴェルトライゼンデ>

京都外回りでも勝っているが、
本質は小回り向きの中長距離馬だろう。
父の産駒の牡・騸馬は中山の芝2000m以上
【8.6.5.22】連対率34%と適性抜群で、
欧州出身の母系からも勝機十分。

<オーソリティ>

父の影響からも直線の短いコースの
2000m以上が能力発揮の場。
中山の適性はもちろん高いし、
タフなこの時期の馬場も望むところだろう。
叔父のサートゥルナーリアは昨年の勝ち馬、
同じくグローブシアターも
2016年に3着と当レース得意の一族でもある。

<ガロアクリーク>

欧州血統が鍵のレースで、
母方の血統構成は文句なしと言っていい。
それだけに、生粋のスプリンターで
産駒の1800m以上重賞【0.3.1.23】の
父をどう見るか。

<クリノブレーヴ>

現在のところ、父の産駒で唯一のJRA勝ち上がり。
父ステイゴールド×母の父ミスプロ系で
2016年2着マイネルフェーンに似た血統構成だが、
本馬の方がより母系が軽い印象。
流石に厳しそう。

<コントレイル>

血統からは広いコース向きの早熟マイラー。
前走の勝ちっぷりは文句ないが、
コース替わり、距離延長ともに減点材料。

<ナリノモンターニュ>

母の父祖母の父ともに豊かなスタミナを
伝える種牡馬で固められており、
距離適性の幅は広い。
兄妹に中山巧者が多いのも心強い。

<ハギノエスペラント>

パワーに秀でた母の血統構成から、
タフで上がりのかかるレースが得意。
前走は展開にも恵まれたとはいえ、
高速決着に対応したのも収穫。
傾向的にはまずまずだが、欧州色が薄い。

<パンサラッサ>

母は重厚な欧州血統で、
母方の特徴を出すロードカナロア産駒らしく
ベストはタフな馬場の芝2000m以上。
血統的な適性は上位に匹敵し。
道悪になればらさらにチャンス。

<ブラックホール>

パワーと持久力が武器の父に、
母の父もキングカメハメハで、
タフな小回りコース向きの中距離馬。
ステイゴールド×キングマンボ系の配合は
2017年8番人気3着のステイフーリッシュがおり、
ここも上位進出を意識できる。

<ブルーミングスカイ>

父ディープ×欧州牝系、
さらにニジンスキーなど
スタミナ型ND系も内包しており、
傾向には合ってある。
ただ、母の父が血統構成以上に
短距離向きに出るファルブラヴ、
またGⅠとなると一歩足りない一族。

<ラインベック>

ディープ×キンカメの王道血統だが、
スピードとパワーに秀でた母方の構成から、
ベストは直線が長いコースの1800〜2000mの印象。
長距離SS系×キングマンボ系で一見すると
傾向にピッタリだが、
さかのぼると北米のスピード牝系出身という点はネック。

<ワーケア>

父の産駒らしい、末脚の持続力に秀でた
芝の中距離〜クラシックディスタンスタイプ。
父中長距離型SS系×母の父欧州ND系で、
母方にニジンスキーのクロス内包と、
暮れの中山向きの理想的な配合。

【ホープフルステークス2019血統予想】過去データの種牡馬成績・血統分析から狙える馬まとめ

今回、ホープフルステークス2019血統予想、
過去データの種牡馬成績・血統分析
から狙える馬を探ってきました。
その中から狙える馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

血統から見て好走しそうな馬は

この馬→人気ブログランキングへ

重馬場で他馬とは次元の違う脚を使っていた。
力の要る馬場をこなした実績は、
中山に替わる今回に生きるかもしれない。
勝ち負けになる。
前走からの良化ぶりは著しい。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

ギャンブルでもない、単純な投資でもない、
競馬で稼ぐ為の新しいカタチを提案!!

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

競馬投資で失敗しない為に
競馬投資に求められるもの、それは…
“正確な着順”そして的中”

万が一の”不的中”や”トリガミ”…
そういったものを不安視することなく、
収益化を目論む弊社がご提案する「正しい競馬』は
競馬情報業界初の試み
馬券等の費用回収を最低ラインをとして、
プラスの収益…
更に競馬で年間1,000万円以上の収益
上げることも決して夢ではありません!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■近走の的中実績も確かなもの!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

長期間に渡る勝ち馬のデータ、傾向、条件、
更には各所の思惑や動向など、
一つのレースにおいて、
勝ち馬が決まる為に考え得る要素の全てを
業界最高水準を自負する分析力、
情報収集力を以て精査、分析、解析を行っており、
確固たる自信と設けられた社内基準を超える
情報のみをご提案しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

お客様にご満足頂けるだけの
結果をご提案する事
「常に”お客様ファースト”であり、
決して他の競馬情報会社にはない、
お客様が体験したことのない
新しい競馬体験!!

競馬における収益化でお悩みの方の
『強い味方』であること。

それは弊社にご登録頂いた
お客様だけの権利、
そして『結果』という形として、
お客様ご自身の目で
お確かめ下さい。

>>無料登録はこちら!

今週の注目メインレースも無料で提供

◆◆ホープフルステークス◆◆

今週末のレース情報を受取る

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク