Pocket

今回は、ホープフルステークス2018の予想と

出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から

狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

皐月賞と同じコースでの

施行されるレースということもあり、

2013年までのオープン特別時代から

関東の有力2歳馬だけでなく、

関西馬が遠征してくることも珍しくなかった。

2014年の重賞格上げ後はシャイニングレイ、ハートレーと

ノーザンF期待のディープインパクト産駒が

連勝も故障のため翌年のクラシックは未出走。

しかし、2016年1着のレイデオロが

このレースの勝ち馬によるダービー制覇を果たし、

流れが変わりつつある。

2017年からはG1に昇格し、

これまで以上に関西の素質馬の参戦が期待でき、

翌年の皐月賞とも直結しやすいレースにもなってきている。

今年の、ホープフルステークス2018

制するのはどの馬になるのか、

ここでは、出走馬の調教・一週前追い切りの

評価・分析をし狙える馬

探っていきたいと思います。

 

【ホープフルステークス2018】予想│出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬

<アドマイヤジャスタ>

(前回) 10/11 栗坂 良 末強目追う
→1回 52.7 38.7 25.6 13.3

12/13 栗CW 稍 強目に追う
→82.8 66.4 50.9 37.3 11.8 [6]
アドマイヤアルバ(古オープン)強目の外0.2秒先着

12/18 栗坂 良 馬なり余力
→1回 60.3 44.4 29.3 14.6

12/19 栗CW 稍 強目に追う
→81.6 65.5 50.7 37.2 12.2 [4]
アドマイヤエイカン(古オープン)直強目の内0.8秒追走0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東CW)

前走時よりひと回り大きくなって
パワーアップした。
デビュー時とは馬っぷりが違ってきたし、
推進力が出てきた。ここ目標に万全。

 

<ヴァンドギャルド>

(前回) 11/14 栗CW 良 一杯に追う
→80.5 65.3 50.5 37.0 12.0 [5]

12/13 栗CW 稍 直強目余力
→84.3 68.8 54.4 40.2 12.0 [8]

12/16 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 59.4 42.1 27.2 13.4

12/19 栗CW 稍 馬なり伸る
→82.7 67.3 51.7 38.0 11.7 [5]
サトノシリウス(古500万)一杯の内0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東CW)

普段からややテンションは高いが、
重心の低いフットワークでしっかり伸びていた。
筋肉が浮いて好馬体だし、実にパワフル。
切れはないが、ゆったり確実に伸びるタイプ。

 

<コスモカレンドゥラ>

(前回) 11/7 美南W 稍 馬なり余力
→55.7 40.1 13.0 [8]

12/12 美南W 重 馬なり余力
→57.0 41.2 13.1 [8]
エジステンツァ(古1600万)馬なりの内0.4秒追走同入

12/18 美坂 良 馬なり余力
→1回 58.9 43.2 28.2 14.0

12/19 美南W 良 G前仕掛け
→54.1 39.5 13.2 [7]
ゼンノタヂカラオ(古500万)直一杯の内0.3秒追走0.1秒先着

【一週前追い切り評価】

(19日、美浦南W)

先行した古馬が最後は一杯だったのに対して、
こちらは仕掛けた程度で先着。
集中力は抜群で、伸び脚も力強かった。
馬体の張りも際立つほど。
デキは文句なし。

 

<サートゥルナーリア>

(前回) 10/24 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.3 39.7 25.9 12.6

12/12 栗CW 稍 一杯追伸る
→85.5 68.2 52.3 37.3 11.6 [7]
タニノアーバンシー(古1600万)馬なりの内0.7秒追走0.7秒先着

12/16 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 51.9 37.4 24.3 12.0

12/19 栗CW 稍 末強目余力
→85.1 67.7 51.3 37.1 11.7 [8]
タニノアーバンシー(古1600万)直強目の内を0.3秒追走3F併0.8秒先着

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東CW)

2週続けて古馬準オープンを一気に突き放す。
道中の折り合いがスムーズで大人びた仕草。
脚の回転が速く、ラストの数字も非常に優秀。

 

<ジャストアジゴロ>

(前回) 10/24 美坂 稍 一杯に追う
→1回 53.8 39.1 25.6 12.7

12/12 美坂 重 一杯に追う
→1回 56.2 41.3 26.7 13.2
スタンニングモガ(二未勝)馬なりを0.2秒追走0.2秒遅れ

12/16 美南W 稍 強目に追う
→55.3 40.2 13.0 [5]

12/19 美南W 良 G前仕掛け
→82.7 67.4 53.4 40.1 13.4 [6]
ステリーナ(二未勝)一杯の内0.6秒追走0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

(19日、美浦南W)

未勝利馬相手ではあったが、
追走して楽に先着。
滑らかな脚捌きで集中力も十分。
馬体の張りも良く、
態勢はほぼ整ったか。

 

<タニノドラマ>

(前回) 12/5 栗CW 良 一杯に追う
→84.4 68.6 53.3 39.5 12.4 [8]

12/18 栗坂 良 馬なり余力
→70.0 49.0 30.5 14.3

12/18 栗坂 良 馬なり余力
→2回 69.7 49.6 31.2 14.2

12/20 栗坂 良 強目に追う
→2回 55.4 40.2 26.1 13.2
ハギノアップロード(二500万)馬なりに0.4秒先行0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

(20日、栗東坂路)

レース間隔も詰まっているので
サーッと伸ばす程度だったが、
バネの利いたフットワークで駆け抜けた。
小柄なタイプだが、馬体も大きく見せており、
疲れはなさそう。

 

<ニシノデイジー>

(前回) 11/14 美南W 良 馬なり余力
→69.5 53.6 39.3 12.8 [6]

12/12 美南W 重 馬なり余力
→69.1 53.3 38.9 12.7 [5]

12/16 美坂 良 馬なり余力
→2回 57.5 41.5 25.9 12.7

12/20 美南W 良 G前仕掛け
→67.7 53.4 38.8 12.9 [7]
アナザートゥルース(古1600万)馬なりの内1.2秒追走同入

【一週前追い切り評価】

(20日、美浦南W)

古馬準オープンを大きく追走。
少し仕掛けられる感じにはなったが、
キッチリ並びかけて同入。
体を大きく使った豪快なフットワークで、
ゴール前はむしろこちらの方に
勢いがあったように映るくらい。
状態は申し分ない。

 

<ハクサンタイヨウ>

(前回) 11/14 美南W 良 一杯に追う
→68.9 54.4 40.1 13.2 [8]

12/12 美南W 重 馬なり余力
→72.5 56.4 41.7 14.1 [9]

12/16 美南W 稍 馬なり余力
→72.1 55.9 41.1 13.4 [8]

12/19 美南W 良 馬なり余力
→68.1 53.8 40.0 13.7 [8]

【一週前追い切り評価】

(19日、美浦南W)

順調に乗り込まれているが、
今週はゴール前が案外な伸び脚。
大幅に良くなった印象はなかった。

 

<ヒルノダカール>

(前回) 11/21 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.5 38.6 24.7 12.4

12/9 栗坂 良 馬なり余力
→1回 60.5 44.4 28.9 14.6

12/13 栗CW 稍 G前仕掛け
→83.6 66.3 51.0 37.8 12.2 [7]
トウカイシェーン(古1000万)一杯の内0.6秒追走同入

12/20 栗CW 良 一杯に追う
→80.7 65.2 50.4 36.4 11.7 [4]
ヒルノベルゲン(二未勝)一杯の内0.5秒追走1.8秒先着

【一週前追い切り評価】

(20日、栗東CW)

内目を回ったとはいえ好時計をマーク。
馬体が締まってきたし、
走るバランスがいい。
器としてもそう差はない。

 

<ブレイキングドーン>

(前回) 11/21 栗CW 良 一杯に追う
→81.7 65.7 50.7 37.2 12.3 [5]

12/12 栗CW 稍 強目に追う
→83.3 68.5 53.8 40.4 13.1 [6]

12/16 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 58.2 42.0 28.1 14.1

12/19 栗CW 稍 一杯に追う
→80.9 65.6 52.2 39.0 11.9 [8]
カフジオリオン(古1000万)一杯の内1.2秒追走1.6秒先着

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東CW)

やや太くは見えるが、力強い伸び。
一瞬気の悪さを出したが、
伸び脚の力強さは鉈のよう。
併走相手を大きく突き放し、
元気一杯。

 

<ミッキーブラック>

(前回) 11/21 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.8 38.3 25.3 -

12/12 栗坂 稍 一杯に追う
→1回 53.4 38.8 25.4 12.7

12/16 栗CW 稍 馬なり余力
→72.1 56.4 41.5 13.1 [8]

12/19 栗CW 稍 直強目余力
→7F 99.4 67.8 52.8 39.0 12.8 [7]
サンライズアキレス(二未勝)馬なりの内同入

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東CW)

非常に大トビで中山コースは
向かないかもしれないが、
スケールの大きさを感じる。
ただ、ゴール前は盛り返しており、
走りも気性も少し若い感じはある。

 

 

【ホープフルステークス2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬まとめ

今回は、ホープフルステークス2018の

出走馬の調教・一週前追い切り

評価・分析から狙える馬を探ってきました。

その中で、調教・一週前追い切りが

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

スピードがあり前目での競馬ができ、
センスも高い馬。
距離延長が課題となるが
能力的には通用する。
一週前の追い切りの動きもよく
重賞でも期待できる。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク