Pocket

今回は、ホープフルステークス2018の予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から

狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

皐月賞と同じコースでの

施行されるレースということもあり、

2013年までのオープン特別時代から

関東の有力2歳馬だけでなく、

関西馬が遠征してくることも珍しくなかった。

2014年の重賞格上げ後はシャイニングレイ、ハートレーと

ノーザンF期待のディープインパクト産駒が

連勝も故障のため翌年のクラシックは未出走。

しかし、2016年1着のレイデオロが

このレースの勝ち馬によるダービー制覇を果たし、

流れが変わりつつある。

2017年からはG1に昇格し、

これまで以上に関西の素質馬の参戦が期待でき、

翌年の皐月賞とも直結しやすいレースにもなってきている。

今年の、ホープフルステークス2018

制するのはどの馬になるのか、

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りの

評価・分析をし狙える馬

探っていきたいと思います。

 

【ホープフルステークス2018】予想│出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬

1.ニシノデイジー

(前回) 11/14 美南W 良 馬なり余力
→69.5 53.6 39.3 12.8 [6]

12/16 美坂 良 馬なり余力
→2回 57.5 41.5 25.9 12.7

12/20 美南W 良 G前仕掛け
→67.7 53.4 38.8 12.9 [7]
アナザートゥルース(古1600万)馬なりの内1.2秒追走同入

12/25 美南W 良 馬なり余力
→70.3 55.0 39.7 13.0 [7]
アナザートゥルース(古1600万)馬なりの内0.9秒追走同入

【最終追い切り評価】

先週の併せ馬で
グッと気持ちが入ってきた。
馬体の張りが目立ち、迫力も十分。

 

2.ブレイキングドーン

(前回) 11/21 栗CW 良 一杯に追う
→81.7 65.7 50.7 37.2 12.3 [5]

12/19 栗CW 稍 一杯に追う
→80.9 65.6 52.2 39.0 11.9 [8]
カフジオリオン(古1000万)一杯の内1.2秒追走1.6秒先着

12/22 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 60.6 42.4 27.5 13.6

12/25 栗坂 良 馬なり余力
→1回 57.0 41.1 25.7 12.4

【最終追い切り評価】

ハミをかけ直す程度で
最後まで余力たっぷり。
気の悪さも出さなくなってきた。

 

3.キングリスティア

(前回) 12/12 栗芝 不 一杯に追う
→82.3 65.1 50.1 36.3 12.0 [1]

12/25 栗CW 良 一杯に追う
→85.3 68.5 53.8 39.0 11.9 [9]
レンジャーガール(新馬)稍一杯の外2.5秒先着

【最終追い切り評価】

少し頭が高いが、
体の使い方は前走より滑らかになった。
馬体も引き締まる。

 

4.ヒルノダカール

(前回) 11/21 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.5 38.6 24.7 12.4

12/13 栗CW 稍 G前仕掛け
→83.6 66.3 51.0 37.8 12.2 [7]
トウカイシェーン(古1000万)一杯の内0.6秒追走同入

12/20 栗CW 良 一杯に追う
→80.7 65.2 50.4 36.4 11.7 [4]
ヒルノベルゲン(二未勝)一杯の内0.5秒追走1.8秒先着

12/25 栗坂 良 馬なり余力
→1回 52.8 37.3 24.0 12.2

【最終追い切り評価】

20日にコースで好時計。
今週も坂路で軽快に動けており、
出来は前走以上。

 

5.サートゥルナーリア

(前回) 10/24 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.3 39.7 25.9 12.6

12/16 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 51.9 37.4 24.3 12.0

12/19 栗CW 稍 末強目余力
→85.1 67.7 51.3 37.1 11.7 [8]
タニノアーバンシー(古1600万)直強目の内を0.3秒追走3F併0.8秒先着

12/24 栗坂 稍 末強目追う
→1回 52.5 37.6 23.8 11.9

【最終追い切り評価】

四肢を大きく使い、それでいて俊敏。
中間から圧巻の動きを連発し、
気配絶好。

 

6.ハクサンタイヨウ

1(前回) 11/14 美南W 良 一杯に追う
→68.9 54.4 40.1 13.2 [8]

12/16 美南W 稍 馬なり余力
→72.1 55.9 41.1 13.4 [8]

12/19 美南W 良 馬なり余力
→68.1 53.8 40.0 13.7 [8]
松岡 12/25 美南W 良 直強目追う
54.9 40.5 12.8 [8]

【最終追い切り評価】

仕掛けられてからの反応、
伸びともに上々。
動きに軽さが出て、
状態は上向き。

 

7.ミッキーブラック

(前回) 11/21 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.8 38.3 25.3 -

12/19 栗CW 稍 直強目余力
→7F 99.4 67.8 52.8 39.0 12.8 [7]
サンライズアキレス(二未勝)馬なりの内同入

12/24 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 62.4 45.3 29.2 14.3

12/25 栗坂 良 稍一杯追う
→1回 52.5 38.4 25.5 13.1
クリソライト(古オープン)馬なりを0.1秒追走クビ遅れ

【最終追い切り評価】

最後は劣勢だったが、
躍動感があって雰囲気は悪くない。
芝の実戦なら動ける。

 

8.アドマイヤジャスタ

(前回) 10/11 栗坂 良 末強目追う
→1回 52.7 38.7 25.6 13.3

12/19 栗CW 稍 強目に追う
→81.6 65.5 50.7 37.2 12.2 [4]
アドマイヤエイカン(古オープン)直強目の内0.8秒追走0.2秒先着

12/23 栗坂 稍 末強目追う
→1回 52.2 37.8 24.4 12.3
ステイオンザトップ(古1000万)馬なりを0.7秒追走0.4秒先着

12/26 栗坂 良 馬なり余力
→1回 62.7 44.9 29.2 14.0

【最終追い切り評価】

素早い反応で併走馬を突き放す。
約1カ月のハードトレで
さらに雰囲気が良化。

 

9.ジャストアジゴロ

(前回) 10/24 美坂 稍 一杯に追う
→1回 53.8 39.1 25.6 12.7

12/19 美南W 良 G前仕掛け
→82.7 67.4 53.4 40.1 13.4 [6]
ステリーナ(二未勝)一杯の内0.6秒追走0.2秒先着

12/23 美南W 稍 馬なり余力
→55.0 40.0 13.3 [7]
ステリーナ(二未勝)強目の内0.4秒追走同入
助手 12/25 美坂 良 馬なり余力
1回 54.4 40.6 27.3 13.7

【最終追い切り評価】

元来ケイコは地味なタイプではあるが、
中間も目立つ動きはなし。
気配も地味。

 

10.マードレヴォイス

(前回) 12/12 美南W 重 馬なり余力
→67.6 52.7 38.7 13.4 [4]

12/26 美坂 良 馬なり余力
→2回 55.0 40.5 26.6 13.4
ゲンパチカナ(新馬)馬なりに0.1秒先行0.4秒先着

【最終追い切り評価】

ダメージを感じさせることのない
活気十分の走り。
硬さもなく、状態は良好だ。

 

11.ヴァンドギャルド

(前回) 11/14 栗CW 良 一杯に追う
→80.5 65.3 50.5 37.0 12.0 [5]

12/16 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 59.4 42.1 27.2 13.4

12/19 栗CW 稍 馬なり伸る
→82.7 67.3 51.7 38.0 11.7 [5]
サトノシリウス(古500万)一杯の内0.2秒先着

12/24 栗坂 稍 強目に追う
→1回 54.5 39.2 25.2 12.4

【最終追い切り評価】

全身を使って躍動感たっぷりの走り。
程良い前進気勢で
心身が充実してきた。

 

12.タニノドラマ

(前回) 12/5 栗CW 良 一杯に追う
→84.4 68.6 53.3 39.5 12.4 [8]

12/18 栗坂 良 馬なり余力
→70.0 49.0 30.5 14.3

12/20 栗坂 良 強目に追う
→2回 55.4 40.2 26.1 13.2
ハギノアップロード(二500万)馬なりに0.4秒先行0.2秒先着

12/25 栗CW 良 直強目追う
→86.1 69.7 54.2 39.5 12.8 [7]

【最終追い切り評価】

スパッとは切れずに反応も甘いが、
走るフォームは良くなった。
及第点の気配。

 

13コスモカレンドゥラ

(前回) 11/7 美南W 稍 馬なり余力
→55.7 40.1 13.0 [8]

12/19 美南W 良 G前仕掛け
→54.1 39.5 13.2 [7]
ゼンノタヂカラオ(古500万)直一杯の内0.3秒追走0.1秒先着

12/24 美坂 良 馬なり余力
→1回 61.8 45.4 29.9 14.7

12/25 美南W 良 馬なり余力
→54.6 39.3 13.0 [8]
エジステンツァ(古1600万)末強目の内0.3秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

抜群の集中力で、
直線に入るとグングン加速して行った。
出来は申し分ない。

 

 

【ホープフルステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬まとめ

今回は、ホープフルステークス2018の

出走馬の調教・最終追い切り

評価・分析から狙える馬を探ってきました。

その中で、調教・最終追い切りが

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

先週も今週も同じ馬と併せ馬。
先週はアオられたが、
今週は逆にアオるくらいの勢い。
四肢の動きは素軽さに溢れ、
集中力も十分。
態勢は万全。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク