Pocket

今回は、プロキオンステークス2018無料予想と

出走馬の調教・一週前追い切り分析・評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏の中京開催2週目は

日曜メインにダート重賞の

プロキオンステークスが行われる。

2014年、15年と連覇した

ベストウォーリアは

マイルチャンピオンシップ南部杯も連覇。

16年2着のニシケンモノノフは

昨年のJBCスプリントを制覇したように、

今後のダート短距離・マイルGIにも

繋がるレースとなっている。

今回は、どの馬がプロキオンステークス

制するのか。

調教・一週前追い切り分析・評価をし

好走しそうな馬を探っていきたいと思います。

 

【プロキオンステークス2018】出走馬の調教・一週前追い切り分析・評価

<インカンテーション>

(前回) 栗CW良 馬なり
→70.8 55.3 40.8 12.5 ⑨

6/14 栗坂良 馬なり
→1回 52.9 39.0 26.0 13.3

6/21 栗CW稍 末強目
→80.8 64.3 50.0 36.9 12.1 ⑤
サンティーニの外1.0秒先行同入

6/28 栗CW良 末強目
→83.7 67.1 52.6 38.8 12.0 ⑧
サンティーニの内を0.6秒追走3F併同入

【一週前追い切り評価】

2週連続、コースで併せ馬を敢行。

28日には1ハロン12秒0

抜群の反応を見せ、

徐々に反応も上向いてきた。

今週追えば万全。

 

<キングズガード>

(前回) 栗CW重 馬なり
→86.3 69.5 54.4 40.2 12.4 ⑧

6/24 栗坂重 馬なり
→1回 58.3 42.7 27.4 13.3

6/28 栗CW良 一 杯
→83.1 66.6 52.0 39.1 12.0 ⑧
テルペリオンの内を0.3秒追走3F併0.2秒遅れ

7/1 栗坂良 馬なり
→1回 59.4 43.6 28.1 13.3

【一週前追い切り評価】

僚馬に追いつくことが

できずに遅れたが、

しぶとく脚を使って

時計面は合格。

このひと追いで変わりそう。

 

<サクセスエナジー>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 52.9 38.5 24.8 12.1

6/24 栗坂重 馬なり
→1回 58.6 43.0 28.5 14.4

6/27 栗CW良 直一杯
→83.1 66.2 51.6 38.3 12.1 ⑦
ヒルノコルドバの内0.5秒追走0.2秒遅れ

7/1 栗坂良 馬なり
→1回 58.1 41.0 26.4 13.0

【一週前追い切り評価】

コース追いを交えてスタミナ強化。

未勝利馬に遅れ、

動きはピリッとしなかったが、

中身そのものは濃い。

 

<ダノングッド>

(前回) 栗CW良 一 杯
→84.2 67.1 52.0 38.7 11.6 ⑧

6/24 栗坂重 末一杯
→1回 60.3 42.0 26.4 12.1

6/28 栗坂良 一 杯
→1回 54.9 38.5 24.3 11.8

7/1 栗CW良 直一杯
→43.3 11.0 ⑨

【一週前追い切り評価】

1週前はこの馬らしい

前向きさではなかったが、

しまいは11秒台で

脚力はさすが。

これでピリッとしてくれば。

 

<ドリームキラリ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 53.0 38.0 24.8 12.4

6/22 栗坂良 馬なり
→1回 54.7 39.8 26.1 12.9

6/27 栗坂良 末強目
→1回 53.4 38.9 25.6 12.6
ドレッドノータスを1.2秒追走クビ先着

7/1 栗坂良 馬なり
→1回 57.8 42.5 29.0 14.6

【一週前追い切り評価】

気合をつけると

しっかりと反応を示した。

前走の疲れは完全に癒え、

フレッシュな状態にある。

 

<ブライトライン>

(前回) 栗坂不 強 目
→1回 53.5 38.1 24.9 12.5

6/24 栗坂重 馬なり
→1回 54.6 39.1 25.5 13.4

6/27 栗坂良 馬なり
→1回 54.5 38.3 24.5 12.7

7/1 栗坂良 強 目
→1回 56.1 39.5 25.3 12.4

【一週前追い切り評価】

馬体は悪くないが、

年齢的なものか、

以前のような掛かるような面が

影を潜めている。

 

<ブラゾンドゥリス>

(前回) 南坂良 馬なり
→2回 53.3 38.9 25.8 13.1

6/24 南坂稍 馬なり
→1回 59.1 43.1 28.5 14.5

6/27 南W良 馬なり
→52.1 38.2 13.1 ⑥
ホウオウシックスの内0.6秒追走同入

7/1 南坂良 馬なり
→1回 54.6 40.3 26.5 13.0
ブラックバローズを0.5秒追走同入

【一週前追い切り評価】

先行した格下を問題にせず、

4ハロン52秒1を楽にマーク。

前向きで、フォームも力強い。

大敗のダメージは感じられない。

 

<ルグランフリソン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 57.1 42.4 28.3 14.2

6/24 栗坂重 馬なり
→1回 55.9 40.3 26.4 13.2

6/27 栗坂良 強 目
→1回 55.0 39.2 25.2 12.4

7/1 栗CW良 馬なり
→60.5 44.0 13.6 ⑧

【一週前追い切り評価】

荒れた時間帯でも

余力で加速ラップを

踏んだのはさすが。

気配はいい意味で平行線。

 

 

【プロキオンステークス2018】出走馬の調教・一週前追い切り分析・評価まとめ

今回は、プロキオンステークス2018

出走馬の調教・一週前追い切り分析・評価をしました。

この中で、調整・一週前追い切り

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

初の1400mのレースになり、

ペースに対応できるかが

不安ではあるが、

ここ2走に比べれば、

相手関係は一気に楽になる。

力上位は明らか。

調教の動きも良い。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク