Pocket

今回は、チャンピオンズカップ2018の予想と展開・印付き予想・

有力馬分析・コース分析(中京ダート1800m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

交流G1のJBCクラシック、このチャンピオンズカップ

そして暮れの東京大賞典は

ダート王を決めるに相応しい

ハイレベルのレースとなっており、

勝ち馬には時代を彩った

名馬がズラリと並んでいる。

今年は3年ぶりに外国馬も出走予定で、

非常に楽しみとなった一戦となった。

東京→阪神→中京と施行場所がコロコロ変わっているが、

一貫しているのは「前走凡走馬の一変は難しい」ということ。

基本的に前走で掲示板を外している馬は

「紛れて3着まで」と考えて良いだろう。

今年は、どの馬がチャンピオンズカップ2018

制するのだろう。

ここでは、無料・公開予想と

展開・印付き予想とコース分析(中京ダート1800m)

書いていきます。

 

 

その前に、チャンピオンズカップ2018について

調教・最終追い切りの記事も

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【チャンピオンズカップ2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【チャンピオンズカップ2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【チャンピオンズカップ2018】コース分析(中京ダート1800m)

スタート地点はホームストレッチの真ん中より左寄り。
上り坂の途中がスタート地点となる。
一周目のゴール板前を過ぎて1コーナーへ。
1~2コーナーはほぼ平坦。
向正面直線に入り、しばらくは緩い上り坂。
残り980m地点から緩やかな下り坂に入る。
3~4コーナー部分はすべて下り坂で、最後の直線へ。
ゴール手前380m地点より220m地点にかけては
高低差1.8mの急な上り坂。
勾配は1.14%で、中山競馬場ダートコースに次いで
傾斜がきつい坂が設けられている。
ラスト220mはほぼ平坦。
ダートコース全体の高低差は3.4m。
最後の直線距離は410.7m。
東京競馬場に次いで二番目の長さとなった。
1800mは中央場所で
スタンダードとなっているダート中距離。
重賞は東海Sが行われるようになった。
上級クラスでは平均から速めのペースで
流れるのが基本。
一定のスピードを最後まで持続できるかどうかという、
いかにもダート戦らしい資質が要求される。
枠順はほぼフラットだが、不思議と中枠、
特に10番ゲートの勝率が図抜けて高い。
今後も見守っていきたい特徴だ。

好走脚質→逃げ(勝率:21.5%)(複勝率:46.9%)

 

 

【チャンピオンズカップ2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ0901
好位14150308
中位一団
後方120705

 

<印付き予想>

◎09サンライズソア

JBCクラシックで0秒3差の3着。
レース中盤で後続に突つかれ、
ペースを上げざるを
得なかったことを思えば上々の踏ん張り。
地力強化と、行き切れば渋太いところを示した。
左回りでは2勝。
直線の急坂も苦にはしない。
僅かとはいえ距離を縮め、
もうひと踏ん張りを見込む。

 

〇08ケイティブレイブ

充実一途を感じさせたのは
JBCクラシックのケイティブレイブ。
10キロ増でも太目はなく、
道中も余裕綽々のレース運び。
最後は追い詰められたが危なげなく、
まさに完勝だった。
更に力をつけた今なら
ここでは勝ち負け有力。
前走時の状態も維持できている。

 

▲11オメガパフューム

JBCクラシックでケイティブレイブに
3/4馬身差まで迫った2着馬が
3歳オメガパフューム。
着差は、勝負どころで外へモタれて
追い上げに手を焼いた分。
課題は残るが、それだけまだ伸びしろがある。
追われて味のあるタイプで、
長くて急坂もある中京の直線は合いそう。
左回りもこなす。
1キロ増で分は悪いが、それでも56キロなら。

 

☆15インカンテーション

芝並みの時計で決着した
2走前のプロキオンステークスで
2着になるなど、
8歳になっても力の衰えは皆無。
前走の武蔵野ステークス(6着)は
16番枠で終始、大外を回らされてのもので参考外。
ロスなく運べればまだ見限れない。

 

人気ブログランキングへ

今回がオープンクラス5戦目。
実績で見劣りするのは致し方ない。
ただ、前走を2馬身半差で
快勝しており勢いは十分。
重、不良を除けばすべて連対しており、
時計がかかる馬場なら軽視できない。

 

注01アンジュデジール

前走はラビットランとの叩き合いを制したが、
内に潜り込んでロスを
最小限に抑えられたこたが大きい。
牡馬相手の重賞では3走前の
エルムステークス5着が最高着順だが、
自在性があるのは強み。
左回りダートも6戦6連対。

 

△02ルヴァンスレーヴ

オメガパフュームが僅差の2着となり、
改めて3歳強しを印象づけたJBCクラシック。
その3歳の代表格がルヴァンスレーヴだ。
オメガはJDダービーで完封。
初の古馬戦となった南部杯では、
休み明けながらゴールドドリームら
歴戦の強豪に完勝した。
一気にダート界の頂点に上り詰めた感すらある。
距離も左回りも問題なし。
順調で、仕上がりもいい。
ここも勝って、地位を不動のものにする。

 

△03パヴェル

前走のBCクラシックは10着に沈むも、
今年は6月のスティーブンフォスターHで
GⅠ初制覇を飾り、
春のドバイワールドCでも4着に健闘している。
米国のGⅠ馬が出走するのは10年ぶり。
近年は外国馬は不振だが、
2003年には同じ米国馬で
Gレース未勝利だった
フリートストリートダンサーが
勝っているだけに、
どんな走りを見せるか興味深い。

 

△05ノンコノユメ

ノンコノユメはJBCクラシックで
メンバー最速の上がりで
追い込んで0秒4差4着。
今年は根岸S、フェブラリーSと
連勝したあとも大崩れがなく、
再び軌道に乗ってきた。
このレースでは3歳時に2着。
コース替わりに不安はない。
乗り込みも順調。気配もいい。

 

△07サンライズノヴァ

この1年で8走し、
着外はフェブラリーSの4着だけ。
末一手ながら安定感抜群。
その源は確かな末脚で、
ここ5走、上がり3ハロンはメンバー最速。
34秒台も2度マークした。
決め手はここでも上位。
超のつく大型で、叩き3走目なら
まだ上積みが見込める。
ただ、今回は1800メートル。
同じ脚が使えるかどうか。

 

△12ウェスタールンド

ダートで頭角を現したウェスタールンド。
前々走のシリウスSでは、
大外枠ながら距離損なく運べたこともあるが、
直線は猛烈な勢いでオメガパフュームをクビ差まで追い詰めた。
前走はこの馬らしい脚がなかったが、
2角で何度も接触し、
そこから力んだ影響はあっただろう。
引き続き好気配。道中をゆったりと運べれば。

 

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク