Pocket

今回は、チャンピオンズカップ2018の予想と

出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から

狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

交流G1のJBCクラシック、このチャンピオンズカップ

そして暮れの東京大賞典は

ダート王を決めるに相応しい

ハイレベルのレースとなっており、

勝ち馬には時代を彩った

名馬がズラリと並んでいる。

今年は3年ぶりに外国馬も出走予定で、

非常に楽しみとなった一戦となった。

東京→阪神→中京と施行場所がコロコロ変わっているが、

一貫しているのは「前走凡走馬の一変は難しい」ということ。

基本的に前走で掲示板を外している馬は

「紛れて3着まで」と考えて良いだろう。

今年は、どの馬がチャンピオンズカップ2018

制するのだろう。

ここでは、出走馬の調教・一週前追い切りの

評価・分析をし狙える馬

探っていきたいと思います。

 

【チャンピオンズカップ2018】予想│出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬

<アスカノロマン>

(前回) 10/31 栗CW 良 馬なり余力
→83.8 66.9 52.0 38.7 12.6 [6]

11/23 栗坂 良 馬なり余力
→1回 55.8 40.9 26.3 12.8

【一週前追い切り評価】

(23日、栗東坂路)

伸びやかなフットワークで駆け抜けた。
推進力も十分でなかなかの迫力。
馬体もキリッと引き締まっており、
デキは徐々に良化中。

 

<アンジュデジール>

(前回) 10/31 栗坂 良 一杯に追う
→1回 54.0 39.3 25.7 13.0

11/21 栗CW 良 一杯に追う
→80.8 66.1 51.2 38.0 12.8 [6]
トップディーヴォ(古オープン)一杯の外を0.6秒追走5F併0.3秒先着

11/25 栗坂 良 馬なり余力
→1回 56.4 39.8 25.3 12.4

【一週前追い切り評価】

(21日、栗東CW)

この厩舎はいつもハードだが、
牝馬ながらこの中間も一杯に追う。
ややハミを噛んだが、
この馬としては落ち着きがある。
毛ヅヤも冴えている。

 

<インカンテーション>

(前回) 11/7 栗CW 良 一杯に追う
→82.1 66.9 52.6 39.3 13.1 [7]

11/15 栗プール

11/22 栗CW 良 馬なり余力
→84.4 67.1 52.0 38.8 12.6 [8]
スズカチャンプ(障オープン)稍一杯の外を0.5秒追走3F併クビ先着

【一週前追い切り評価】

(22日、栗東CW)

もともと実戦タイプだが、
前走時はサッパリ動かなかった。
叩いて今回はフォームに
安定と素軽さが出てきた。
まだまだ馬体も若々しい。

 

<ウェスタールンド>

(前回) 11/7 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.6 37.9 25.0 12.7

11/21 栗坂 良 強目に追う
→1回 53.9 39.4 25.7 13.0
ショウリュウイクゾ(二500万)一杯に0.4秒先行0.3秒遅れ

【一週前追い切り評価】

(21日、栗東坂路)

遅れてしまったが、
併せた2歳もかなり素質は高い馬。
それにこの馬自身、
筒一杯の手応えという感じではなかった。
フックラとした馬体で疲れはなさそう。

 

<オメガパフューム>

(前回) 10/31 栗坂 良 馬なり余力
→1回 52.7 38.9 25.8 13.2

11/17 栗プール

11/22 栗坂 良 強目に追う
→1回 52.3 38.0 24.8 12.5

11/25 栗坂 良 馬なり余力
→1回 59.5 43.6 28.8 14.4

【一週前追い切り評価】

(22日、栗東坂路)

そんなに派手さはなかったが、
しっかりとした脚取りで駆け抜けたし、
52秒3の時計もこの馬とすれば上出来。
馬体細化もまったくなく、
デキは高いレベルで安定。

 

<ケイティブレイブ>

(前回) 10/31 栗坂 良 末強目追う
→1回 52.7 38.8 25.8 13.3

11/21 栗CW 良 馬なり余力
→80.7 64.4 50.3 37.4 12.1 [5]

【一週前追い切り評価】

(21日、栗東CW)

やや硬めの歩様だが、筋肉が浮いて好馬体。
そして予定より早くなったらしいが、
楽に好時計をマークした。
それこそ好調の証だろう。

 

<ゴールドドリーム>

(前回) 10/4 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.6 37.7 24.5 12.1

11/14 栗CW 良 馬なり余力
→82.7 66.9 52.3 38.6 12.2 [7]
スノーユニバンス(新馬)一杯の内0.4秒追走同入

11/21 栗CW 良 強目余力
→80.5 65.5 51.1 37.8 11.9 [7]

11/22 栗プール 3周

【一週前追い切り評価】

(21日、栗東CW)

コースでは概ね地味なタイプだが、
この中間は行きっぷりがいい。
ラストは右手前だったが、
推進力のある走りで重心も低い。
馬体も滑らかさを感じる。本調子。

 

<サンライズソア>

(前回) 10/31 栗坂 良 馬なり余力
→1回 55.7 41.1 27.1 13.5

11/18 栗CW 良 馬なり余力
→87.6 71.6 56.5 41.2 12.9 [8]

11/22 栗CW 良 G前気合付
→80.8 66.1 52.0 38.5 12.6 [8]
サンライズサーカス(古500万)強目の内を0.3秒追走5F併0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

(22日、栗東CW)

例によってやや頭が高いが、
折り合いはピタリ。
毛ヅヤがピカピカだし、
レース間が詰まっているのに、
この馬としては強めの調整内容もいい。
高いレベルで安定。

 

<サンライズノヴァ>

(前回) 11/7 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.7 38.1 25.3 13.1

11/25 栗坂 良 馬なり余力
→1回 59.6 44.4 29.6 14.7

【一週前追い切り評価】

(25日、栗東坂路)

詰まった間隔なので
サッと流す程度だったが、
しっかりとしたストライドで
スムーズな推進。
力みもなく、体の立体感を維持。

 

<センチュリオン>

(前回) 10/31 美南W 良 一杯に追う
→68.0 52.9 38.9 13.3 [3]

11/15 美坂 良 馬なり余力
→2回 54.6 40.6 26.4 12.9
アルマスティング(新馬)強目を0.2秒追走同入

11/22 美南W 稍 一杯に追う
→66.4 51.5 37.0 12.5 [2]
エルピド(二500万)一杯の内0.6秒追走同入

【一週前追い切り評価】

(22日、美浦南W)

2歳馬を追いかけて、
少し内目を回りながら一杯一杯。
決していい動きとは言えないが、
いつも同じような感じで
レースでは動けている。
順調に乗り込まれて、状態面に不安はない。

 

<ノンコノユメ>

(前回) 10/31 美南W 良 直強目追う
→69.3 53.8 39.6 13.6 [8]

11/21 美南W 良 強目に追う
→69.4 54.7 40.3 14.0 [8]

11/22 美プール 3周

11/25 美坂 良 馬なり余力
→2回 59.7 44.7 29.5 14.8

【一週前追い切り評価】

(21日、美浦南W)

単走の形で、最後は気合をつけられる。
相変わらず動きは目立たないが、
毛ヅヤは良く、それなりに集中力もある。
好調持続だろう。

 

<ミツバ>

(前回) 9/28 栗CW 重 一杯に追う
→82.1 66.0 51.8 38.5 11.9 [8]

10/25 栗CW 良 末一杯追う
→83.6 67.5 52.4 38.5 12.4 [7]
ビービーブレスユー(古1000万)馬なりの外を0.8秒先行3F付クビ先着

11/14 栗CW 良 馬なり余力
→82.9 66.5 51.4 37.7 12.4 [4]

11/22 栗CW 良 一杯に追う
→82.4 66.7 52.2 38.5 12.1 [7]

【一週前追い切り評価】

(22日、栗東CW)

中間一頓挫あったが、
むしろ重心の低い走りになって、
いつも以上に推進力がある。
馬も前走時より良く見せる。

 

<ルヴァンスレーヴ>

(前回) 10/4 美南W 良 一杯に追う
→69.2 53.7 39.4 13.0 [7]

11/18 美坂 良 馬なり余力
→2回 53.7 38.7 25.0 12.6

11/21 美坂 良 一杯に追う
→1回 52.8 38.3 25.5 13.0
クレディブル(古1000万)馬なりを0.4秒追走同入

11/24 美南W 良 一杯に追う
→69.6 53.4 39.2 13.0 [8]
バイタルフォース(古1600万)直強目の内0.5秒追走0.1秒遅れ

【一週前追い切り評価】

(21日、美浦坂路)

大トビで重心の低い走り。
内で追われて、
少し反応の鈍さを見せていたものの、
追走同入だから問題はないだろう。
馬体の張りも上々だった。

 

 

【チャンピオンズカップ2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬まとめ

今回は、チャンピオンズカップ2018

出走馬の調教・一週前追い切り

評価・分析から狙える馬を探ってきました。

その中で、調教・一週前追い切りが

良かった馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

直線で鞍上が追うとスッと

反応し、力強く先着

大型馬でも動きはスムーズ。

また、春から激戦が続いたが、

反動はなく、

春から中身がしっかりしてきた。

ハナにこだわらなくてもいいし、

左回りは得意条件。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク