Pocket

今回は、ダービー卿チャレンジトロフィー2019の予想と展開・印付き予想・

有力馬分析・コース分析(中山芝1600m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中山では土曜メインにダービー卿チャレンジトロフィーが行われる。

ハンデ戦ながら、2010年の覇者ショウワモダンは安田記念を制覇、

2015年優勝馬モーリスも安田記念を制し、

超一流馬に成長したように、

今後を占う意味でも注目したいレース。

今年のダービー卿チャレンジトロフィー2019を制すのはどの馬になるか、

ここでは、予想と展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(中山芝1600m)

書いていきます。

その前に、ダービー卿チャレンジトロフィー2019について

調教・最終追い切りの記事

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【ダービー卿チャレンジトロフィー2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

【ダービー卿チャレンジトロフィー2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【ダービー卿チャレンジトロフィー2019】コース分析(中山芝1600m)

スタートは1コーナー横のポケット地点。中
山競馬場芝コースの高低差は5.3mと、
JRA全10場の中で最も高低差がある。
その最高地点がこの1コーナーのところ。
2コーナーまで緩やかに下り、
さらに外回りコースのバックストレッチで
約4.5mの勾配を駆け下りる。
最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。
なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。
なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。
近年は年明けの1回開催と秋開催でCコースが使用されており、
A、Bに比べて逃げ馬の好走確率が高くなっている。
最初の2コーナーまでの直線距離が240mと短いため、
先行争いは激しくなりやすい。
なおかつ、その後は下り坂なので序盤から自然とペースアップする。
前半3ハロンの平均タイムはクラスによる大きな差はない。
その後の中盤~終盤のラップにクラスの差が現れ、
勝ち時計の速さにもつながる。
スタートからゴールまで一貫して速いラップを
追走する能力が求められる。
枠順は圧倒的に内枠が有利。
幅員が最も広いAコースと、最も狭いCコースでもその傾向は変わらない。
2コーナーまでの距離が短いことが起因し、
外枠は常に外々を回らされるデメリットが生じる。
内ラチ沿いをピッタリ回りながら、
前々に位置し、直線に入ってグイと抜けてくる競馬が、
このコースでは正攻法。
逃げ・先行馬が有利で、回収率も高い。

好走脚質→先行(勝率:11.7%)(複勝率:33.1%)

 

【ダービー卿チャレンジトロフィー2019】無料・公開予想│展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ03
好位151302
中位一団
後方1007

<印付き予想>

人気ブログランキングへ

マイル重賞2勝。
関屋記念では軽量の恩恵が大きかったが、
鮮やかな勝ちっぷりを見せており、
牡馬相手でもヒケを取らない実力の持ち主。
前走は3歳牝馬の55キロが不利だったが、
今度はハンデ差を生かせる立場だろう。
見直しが必要になる。

 

〇11カツジ

昨秋のマイルCSで4着に健闘。
それにしては東風S6着が案外の内容だった。
出遅れたが、スローを見越して
勝負どころでは前を窺う位置に。
追い上げに脚を使って伸び切れなかった。
中山のNZTではケイアイノーテックを鮮やかに差し切っている。
末脚を生かせる形になれば。

 

△02フィアーノロマーノ

ファイナルSでは速い流れを先行。
6着まで時計差なしの2着争いに0秒2差は
1頭力が違う勝ちっぷりだった。
阪神Cと0秒3差の時計も実に優秀。
南半球産で体も大きく、ようやく本物になった。
コース、距離とも問題なく55キロなら。

 

△04ドーヴァー

昇級のニューイヤーSを3馬身差。
クビ、ハナ差の2着争いを
尻目に強さが際立っていた。
中山1600メートルで4勝目。
今の勢いを生かせば重賞初挑戦でも。

 

△05ギベオン

金鯱賞6着に物足りなさもあるが、
相手が揃っていたことは確か。
年長の皐月賞馬アルアインとは0秒2差。
休み明けではセントライト記念でも敗れていたし、
スローの2番手で脚をタメることが
できなかったことも終いに影響したようだ。
毎日杯でブラストワンピースの2着し、
NHKマイルC2着。
重賞初制覇となった中日新聞杯で差し返した内容も良かった。
ハンデは中日新聞杯より重くなる可能性があるが、
マイルの流れで変身に期待する。

 

△06ヒーズインラブ

昨年の優勝馬。マイルCS以来だった
京都金杯は行きたがる面が見られたが、
5着と崩れなかった。
再度ひと息入ったものの坂路で乗り込み十分。
前走時56.5キロのハンデが微妙。

 

△08ダイワギャグニー

東京で全5勝の左回り巧者だが、
昨年の中山金杯5着、前走東風Sでも3着し、
右回りを大きく割り引く必要はなさそうだ。
ブリンカーの効果も感じられたので、
引き続き上位へ。

 

△10ロードクエスト

近走短距離寄りだが、
マイルの東京新聞杯でも崩れていない。
京成杯AH①④着と良績を残している舞台。
京都金杯で57キロを課せられたが、
この斤量自体は背負い慣れている。

×0309

◎の本命馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

3連系の馬券攻略をお届けする情報サイト!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

独自に研究した情報から
◎○▲ そして特注馬まで限定配信!

【今週も3連複3点~15点の勝負馬券を提供】

<過去には1鞍で12490.0倍>
というとんでもない払い戻し。

【一撃500万円回収に成功。】

こんな馬券見たことありますか!?(笑)

このように一撃の配当に特化した優良サイト。
一度無料登録してみる価値はあるでしょう。

<<情報提供は先着順になります。>>

※ご登録はお早めに。

無料登録はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日も高配当が続出!

■3月10日 中山10R 東風ステークス
3連単:1,103,600円 獲得!

■3月17日 阪神11R 阪神大賞典
3連単:276,720円 獲得!

※これだけの実績を無料情報でもバンバン配信中!

毎週が的中の連打!だからこそ継続率なんと90%以上!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は無料登録【明石特別】の情報を

◆◇「無料公開!」◇◆

<3連複3点~15点提供!>
ご自身で体感してみてください!

▼無料登録はこちらです▼

<

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク