Pocket

今回は、ターコイズステークス2018の

無料・公開予想│展開・印付き予想と

コース分析(中山芝1600m)を中心とした記事

書いていきたいと思います。

中山3週目は土曜メインにターコイズステークスが行われる。

暮れの名物だった牝馬限定のオープン特別が

重賞に格上げされて4年目。

トリッキーな舞台設定に加えてハンデの妙もあり、

直線では二転三転の攻防が繰り広げられそうだ。

今年の、ターコイズステークスを制するのは

どの馬になるのか、

ここでは、無料・公開予想│展開・印付き予想と

コース分析(中山芝1600m)

書いていきます。

 

【ターコイズステークス2018】コース分析(中山芝1600m)

スタートは1コーナー横のポケット地点。
中山競馬場芝コースの高低差は5.3mと、
JRA全10場の中で最も高低差がある。
その最高地点がこの1コーナーのところ。
2コーナーまで緩やかに下り、
さらに外回りコースのバックストレッチで
約4.5mの勾配を駆け下りる。
最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。
なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。
最初の2コーナーまでの直線距離が240mと短いため、
先行争いは激しくなりやすい。
なおかつ、その後は下り坂なので
序盤から自然とペースアップする。
前半3ハロンの平均タイムはクラスによる大きな差はない。
その後の中盤~終盤のラップにクラスの差が現れ、
勝ち時計の速さにもつながる。
スタートからゴールまで一貫して速いラップを
追走する能力が求められる。
枠順は圧倒的に内枠が有利。
2コーナーまでの距離が短いことが起因し、
外枠は常に外々を回らされるデメリットが生じる。
内ラチ沿いをピッタリ回りながら、
前々に位置し、直線に入ってグイと抜けてくる競馬が、
このコースでは正攻法。
逃げ・先行馬が有利で、回収率も高い。

好走脚質→逃げ(勝率:10.2%)(複勝率:32.4%)

 

 

【ターコイズステークス2018】無料・公開予想│展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ15
好位0416
中位05一団
後方0106

 

<印付き予想>

人気ブログランキングへ

器用で立ち回りが上手な馬。
コース替わりで中山になるのは
プラス材料だろう。
ここがベスト舞台で積極的に
軸で狙ってみる。

 

〇05フローレスマジック

アルテミスS2着と2歳時から活躍。
オークス6着でも4着ディアドラと0秒2差、
5着リスグラシューと0秒1差。
今年降級して2戦目で白井特別を勝つと
準オープンの清水Sも連勝した。
ようやく軌道に乗った感がある。
スタートが悪く以前の先行力は影を潜めたが、
安定した末脚を身につけた。
重賞でも力の見劣りはなく勢いに注目。

 

▲13フロンテアクイーン

昨年、準オープンの身で当レース2着。
その後、休養を挟みながら中山牝馬S、
クイーンSでも2着した。
前走のエリザベス女王杯は
外へ立て直すロスがあり7着に終わったが、
勝ったリスグラシューとは
前々走の府中牝馬Sで0秒1差のレースをしていた。
⑥⑭⑧⑦着のGⅠでは少し壁を感じるが、
牝馬重賞で5度の2着。
戦ってきた相手が強いし、
GⅢなら勝機十分。

 

☆03ミスパンテール

昨年当レースを53キロのハンデで勝った。
その後、京都牝馬S、阪神牝馬Sを勝ち、
昨年より斤量は重くなりそう。
当日のイレ込み次第になるが、
エリザベス女王杯から
距離が詰まって見直す手はありそうだ。

 

△10プリモシーン

中山1600メートルでフェアリーS勝ちした
コース実績が光る。
初の古馬相手となった関屋記念で
クビ差追撃を封じたワントゥワンはその後、
京成杯AH、富士Sでも2着した強敵。
秋華賞は後手に回ったのが痛かったが、
勝ったアーモンドアイと上がりは0秒2差だった。
ベストのマイルなら。

△11ディメンシオン

降級後3連勝。
通算9戦5勝2着2回の高い連対率を誇る。
1800メートルでも上手に走れるようになった点が収穫。
1600メートルの方が折り合いをつけやすいので、
信頼度は高まる。
底を見せていないので重賞初挑戦でも。

 

△09レッドオルガ

東京1600mで準オープン2勝。
右回りでの経験自体少なく、
コース替わりは課題にはなりそうだが、
重賞でも決め手は見劣りしない。
近走、敗れているのは道悪のケース。
良馬場での追い比べなら。

 

△15カワキタエンカ

JBCレディスクラシックで
自分の形に持ち込めなかった。
初めてのダートが予想以上に響いた。
芝に戻してスピードを
生かし切れば怖い存在に。

 

△14カイザーバル

ダンスインザムードの仔で良血。
2勝目までに時間を要したものの、
ローズS、秋華賞で3着し、
素質の良さは示していた。
一時、折り合いに苦労し低迷したが、
1400メートル起用が吉と出て1000万、
1600万を連勝。
小回り1600メートルならレースはしやすい。

 

×12ミエノサクシード

 

 

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク