Pocket

今回は、ターコイズステークス2018の予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から

狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

中山3週目は土曜メインにターコイズステークスが行われる。

暮れの名物だった牝馬限定のオープン特別が

重賞に格上げされて4年目。

トリッキーな舞台設定に加えてハンデの妙もあり、

直線では二転三転の攻防が繰り広げられそうだ。

今年の、ターコイズステークス2018を制するのは

どの馬になるのか、

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りの

評価・分析をし狙える馬を

探っていきたいと思います。

 

【ターコイズステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

1.アンコールプリュ

(前回) 10/10 栗CW 良 馬なり伸る
→68.9 53.5 39.5 11.9 [4]

12/6 栗CW 良 一杯追伸る
→84.8 68.7 52.6 38.2 11.6 [7]
アドマイヤマーズ(二オープン)叩一杯の内0.3秒先行0.2秒先着

12/9 栗坂 良 馬なり余力
→1回 57.0 42.1 26.7 12.9

12/12 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 54.8 40.0 25.1 12.3

【最終追い切り評価】

反応鋭く伸びた先週のCWが絶好。
負荷を強めつつ、
気配面でも上向いている。

 

2.リナーテ

(前回) 10/10 栗坂 良 強目に追う
→1回 51.2 37.5 24.5 12.1

12/4 栗坂 良 馬なり余力
→1回 59.4 44.5 29.4 14.6

12/5 栗坂 良 馬なり余力
→1回 52.8 37.9 24.6 12.4
アドマイヤリード(古オープン)末強目を0.4秒追走クビ先着

12/12 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 52.5 38.0 24.5 12.0

【最終追い切り評価】

単走が多かった馬が
中間併せ馬を3本。
動きも目立っており、
心身ともに充実。

 

3.ミスパンテール

(前回) 11/7 栗CW 良 馬なり余力
→83.9 67.7 53.0 39.3 12.1 [9]

12/5 栗CW 良 馬なり余力
→83.1 66.7 51.4 37.8 12.3 [8]
プロスパラスデイズ(古1600万)一杯の内1.6秒追走同入

12/9 栗坂 良 馬なり余力
→1回 58.0 39.5 24.7 12.3

12/12 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 54.2 38.4 24.7 12.4

【最終追い切り評価】

乗り手と呼吸の合った走りで、
フォームの躍動感も本来のもの。
復調なった。

 

4.ハーレムライン

(前回) 11/21 美坂 良 馬なり余力
→2回 53.1 38.1 24.6 12.6

12/7 美坂 稍 馬なり余力
→2回 56.5 41.0 26.2 12.3

12/12 美坂 重 強目に追う
→2回 53.0 38.2 24.5 12.4

【最終追い切り評価】

躍動感があり、見せムチひとつでスッと加速。
張りのある馬体で気配も上々。

 

5.フローレスマジック

(前回) 10/31 美南W 良 末一杯追う
→55.2 39.8 12.8 [4]

12/5 美南W 良 馬なり余力
→54.6 39.2 12.7 [3]
ヴェラヴァルスター(障オープン)馬なりの内0.3秒追走同入

12/9 美坂 良 一杯に追う
→1回 54.2 39.6 25.7 12.7

12/12 美南W 重 一杯に追う
→53.5 37.9 12.0 [2]
ショーンガウアー(古500万)直一杯の内0.4秒追走同入

【最終追い切り評価】

しまい重点の内容とはいえ、
ラスト1Fの伸び脚は強烈。
目下充実著しい。

 

6.デンコウアンジュ

(前回) 11/21 栗CW 良 強目に追う
→50.4 37.4 12.3 [8]

12/2 栗P 良 馬なり余力
→45.5 14.2 [7]

12/9 栗P 良 馬なり余力
→57.4 42.7 13.9 [7]

12/12 栗CW 稍 G前仕掛け
→80.4 66.6 53.0 39.5 13.0 [8]

【最終追い切り評価】

長めからビシッと追って攻めを強化。
粘り強い内容で前進する可能性はある。

 

7.リバティハイツ

(前回) 9/26 栗坂 良 末強目追う
→2回 56.9 41.1 27.1 13.0

12/5 栗坂 良 一杯に追う
→2回 54.1 38.8 25.2 12.4
クリエイトザライフ(二未勝)一杯に0.2秒先行0.5秒先着

12/9 栗坂 良 馬なり余力
→2回 57.5 41.7 26.4 12.8
インヘリットデール(古1000万)馬なりに0.2秒先行同入

12/12 栗坂 稍 馬なり余力
→2回 54.7 39.3 24.9 12.0

【最終追い切り評価】

中間にしっかり攻めて、
直前は馬なりでシャープな伸び。
前走より一段階上。

 

8.キョウワゼノビア

(前回) 10/10 栗坂 良 末強目追う
→1回 54.0 39.3 24.9 12.2

12/5 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.6 38.6 24.8 12.3
イベリス(二500万)一杯を0.3秒追走0.1秒遅れ

12/9 栗坂 良 馬なり余力
→1回 58.7 43.1 28.4 14.3

12/12 栗坂 稍 末強目追う
→1回 52.7 38.1 24.5 12.3
イベリス(二500万)一杯を0.5秒追走0.3秒先着

【最終追い切り評価】

1F12秒前半を安定してマークし、
3週続けて併走先着。
自身の力は出せる。

 

9.レッドオルガ

(前回) 10/24 栗坂 良 一杯に追う
→1回 55.7 39.9 25.1 12.4

12/5 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.2 37.5 24.2 12.5
リシュブール(古500万)馬なりを0.5秒追走0.6秒先着

12/9 栗坂 良 馬なり余力
→1回 60.8 44.4 28.6 13.7

12/12 栗坂 稍 強目に追う
→1回 53.7 39.1 25.4 12.6

【最終追い切り評価】

テンポのいい走りで、
フットワークに乱れもなし。
ここも力を出せる出来。

 

10.プリモシーン

(前回) 10/10 美南W 良 馬なり余力
→52.5 37.9 12.2 [4]

12/5 美南W 良 馬なり余力
→54.7 39.4 12.9 [5]
エスタジ(二未勝)直一杯の外0.4秒先行同入

12/9 美坂 良 馬なり余力
→1回 55.2 40.2 25.9 12.6

12/12 美南W 重 馬なり余力
→52.9 38.1 12.1 [4]
ローザフェリーチェ(古500万)一杯の内0.5秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

持ったままの手応えで
最後は豪快にはじけた。
毛ヅヤもさえ、出来は文句なし。

 

11.ディメンシオン

(前回) 10/17 栗坂 良 馬なり余力
→1回 53.7 38.6 24.9 12.3

12/2 栗坂 良 馬なり余力
→1回 61.0 44.8 29.1 14.4

12/5 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.3 38.1 24.3 12.0

12/12 栗坂 稍 末強目追う
→1回 53.8 39.2 25.2 12.5

【最終追い切り評価】

走りに余裕が感じられて、
動きも伸びやか。
気配の良さが際立っている。充実。

 

12.ミエノサクシード

(前回) 9/26 栗CW 良 馬なり余力
→84.7 67.5 52.6 38.4 12.4 [6]

12/4 栗坂 良 馬なり余力
→1回 61.4 44.4 28.3 13.7

12/5 栗CW 良 一杯に追う
→85.4 68.6 53.0 38.7 11.4 [8]

12/12 栗CW 稍 馬なり鋭く
→83.5 66.2 50.5 36.3 11.6 [5]

【最終追い切り評価】

ひと息入ったが、
入念な乗り込みを消化し、
追うごとに素軽さも出てきた。

 

13.フロンテアクイーン

(前回) 11/7 美坂 重 強目に追う
→1回 50.5 37.5 25.2 13.1

12/5 美坂 稍 強目に追う
→1回 51.8 37.9 25.0 12.8
ナイトジュレップ(古500万)強目を1.3秒追走0.4秒遅れ

12/9 美坂 良 馬なり余力
→1回 58.4 43.3 28.3 13.9

12/12 美坂 重 馬なり余力
→1回 52.8 38.4 25.3 12.8
マツリダウメキチ(古500万)馬なりを0.5秒追走同入

【最終追い切り評価】

前走時の方が柔軟性があったが、
迫力は今回の方が上。
状態面は高値で安定。

 

14.カイザーバル

(前回) 11/21 栗坂 良 馬なり余力
→1回 53.6 38.8 25.2 12.4

12/5 栗坂 良 馬なり余力
→1回 53.4 39.3 25.7 12.9

12/9 栗坂 良 馬なり余力
→1回 56.0 40.3 26.0 12.9

12/12 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 54.0 38.5 24.8 12.5
トーセンビクトリー(古オープン)馬なりに0.4秒先行同入

【最終追い切り評価】

落ち着きを保ち、
自分のペースで走る姿に好感。
一連の状態をがっちりキープ。

 

15.カワキタエンカ

(前回) 10/31 栗坂 良 馬なり余力
→1回 56.7 40.5 25.9 13.0

11/28 栗坂 良 馬なり余力
→1回 57.9 41.8 26.6 12.9

12/5 栗坂 良 馬なり余力
→1回 57.5 41.5 26.3 12.8

12/12 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 59.1 43.1 27.8 13.7

【最終追い切り評価】

速いタイムを出さないのはいつも通り。
大敗の影響を感じさせない活力がある。

 

16.リエノテソーロ

(前回) 10/31 美南W 良 馬なり余力
→55.5 39.9 12.5 [6]

12/5 美南W 良 G前仕掛け
→69.5 54.7 40.3 13.5 [7]
エルゼロ(障オープン)直一杯の内0.8秒追走0.3秒遅れ

12/9 美坂 良 馬なり余力
→1回 55.5 40.2 26.3 13.3

12/12 美南W 重 馬なり余力
→67.2 52.0 37.8 13.3 [4]

【最終追い切り評価】

軽く促されるとスムーズに加速。
馬体もふっくらと見せており、
体調は良好。

 

 

【ターコイズステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬まとめ

今回は、ターコイズステークス2018の

出走馬の調教・最終追い切り

評価・分析から狙える馬を探ってきました。

その中で、調教・最終追い切りが

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

道中は我慢させて、折り合いを重視。
直線で鞍上がゴーサインを出すと
抜群の伸び。
馬体の充実ぶりも目を引き、
文句のないデキにある。

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク