Pocket

今回は、セントウルステークス2018最終予想と

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(阪神芝1200m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏のローカル開催が終了し、

今週から舞台は中央場所に戻り、

阪神では日曜メインに

産経賞セントウルステークス2018が行われる。

スプリンターズステークスの前哨戦で

1着馬に優先出走権であると同時に

サマースプリントシリーズの最終戦で、

夏の短距離王を目指す馬、

また目標をGIに定め、

ここで始動する快速馬がそろった。

今年の産経賞セントウルステークス2018

制するのはどの馬なのか

ここでは、セントウルステークス2018最終予想と

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(阪神芝1200m)

書いていきます。

 

その前に、セントウルステークス2018について

他にも記事を

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【セントウルステークス2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

【セントウルステークスステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【セントウルステークス2018】枠順

1枠1番マッチレスヒーロー
2枠2番ラブカンプー
2枠3番アドマイヤゴット
3枠4番コウエイタケル
3枠5番レジーーナフォルテ
4枠6番アサクサゲンキ
4枠7番ダイアナヘイロー
5枠8番ラインスピリット
5枠9番ネロ
6枠10番フミノフーン
6枠11番アンヴァル
7枠12番ブラヴィッシモ
7枠13番グレイトチャーター
8枠14番ファインニードル
8枠15番ウインソワレ

 

【セントウルステークス2018】オッズ

1番人気ラブカンプー            3.7
2番人気ファインニードル      3.8
3番人気ネロ                        5.7
4番人気ダイアナヘイロー    7.2
5番人気アンヴァル              10.4
6番人気アサクサゲンキ        11.3
7番人気レジーナフォルテ     15.6
8番人気グレイトチャーター  17.6
9番人気ラインスピリット     28.9

【セントウルステークス2018】コース分析(阪神芝1200m)

スタート地点は向正面直線半ばより左寄り。

内回りコース使用で、3コーナーまでの距離は243m。

3コーナーまで距離がやや短いので、

枠順は真ん中から内側の方が有利だが、

最内枠の成績は悪い

スタート直後から微妙な下り坂になっており、

3~4コーナー中間の残り800m付近で

本格的な下り坂に突入する。

最後の直線距離はAコース時が356.5m。

直線半ばまで下りが続き、

残り200m付近でゴール前の急坂。

約120mの間に1.8mの勾配を一気に駆け上がる。

3歳以上の重賞と準OP・OP特別の勝ち時計に

大きな差がある理由は、

重賞がセントウルSのみを対象となっているからだ。

秋開催の開幕週という最も時計が出やすい

時期に行われるため、勝ち時計が速く、

上がりも速い。

結果的に前半3ハロンと後半3ハロンのラップ差が

ほとんどないという特殊な状況が生まれる。

通常は後半3ハロンの方が時計が

グッとかかる前傾ラップだ。

Aコース時は逃げ・先行馬が有利。

好走枠→内枠(勝率:8.7%)(複勝率:24.2%)

好走脚質→逃げ(勝率:20.2%)(複勝率:50.0%)

 

【セントウルステークス2018】有力馬分析

<アサクサゲンキ>

3歳ながら、古馬相手に重賞で堅実に走っている一頭。

2、3走前は出遅れ、

前走は終始速いラップで追い上げられず、

着差は広がってきたが、敗因は明らか。

前走は発馬は五分だっただけに、

これで少し緩い流れになれば、

もっと上の着順を見込める。

中2週に間隔を詰め、

状態面の上積みもありそうだ。

 

<アドマイヤゴッド>

前走は内で動くに動けず脚を余したもの。

大目に見たい。

1200メートルで終いを生かす形で進境を示し、

前々走の函館スプリントSでは

出走馬中最速の上がりをマークして僅差4着。

昨年のここは5着だったが、

当時よりも力をつけている。

札幌からの転戦で楽ではないが、

気配はいい。

 

<アンヴァル>

立て直して歩様が

良くなっていたアンヴァルだが、

北九州記念は発馬で挟まれ、

直線も1ハロン標手前で詰まってブレーキ。

差は大きくはなかっただけに惜しまれる。

阪神では1400メートルのGⅡで

僅差4着があるが、

ベストは1200メートル。

古馬相手の流れに慣れが見込めるし、

3カ月ぶりをひと叩きした分の

上積みもありそう。スムーズなら。

 

<グレイトチャーター>

北九州記念はラブカンプーから1/2馬身差。

時計を要してこそだった馬が、

持ち時計を0秒7縮めて超のつく高速決着に対応。

収穫の大の4着。

これなら開幕週の馬場に

替わっても問題ないだろう。

前走後も順調。

今回は3キロ増の56キロが課題に。

 

<ダイアナヘイロー>

内で詰まって消化不良だった

前々走とは違ってスムーズな競馬。

結果には物足りなさが残る。

速い時計や、実質トップハンデの55.5キロの

影響もあったのかも。

距離は違えど、開幕週の阪神で、

斤量も54キロなら春の阪急杯と条件は同じ。

デキも悪くはなく、

良績豊富な詰まったレース間隔にもなる。

見限りは早計。

 

<ファインニードル>

春のスプリントチャンプファインニードル。

下したセイウンコウセイやナックビーナスが

夏の北海道で重賞を制し、

その価値は一段と高まった感がある。

海外遠征帰りだが調整は順調で、

29日には坂路51秒7と速い時計もマーク。

態勢は整いつつある。

前で上手に運べ、開幕週の馬場は大歓迎。

今年は58キロだが、連覇へ視界良好。

 

<ラブカンプー>

古馬相手にサマースプリントシリーズで

僅差②③着。

目標にされる脚質を思えば上出来で、

特に前走は前半3ハロン32秒4の超ハイペース。

広いコースの分、道中で少し息を入れられれば、

粘り強化が期待できる。

開幕週なら尚更。

小柄ながら馬体減りなくこられているあたり、

今はデキもいい。

サマーシリーズ優勝の可能性を残す立場。

1着が条件。

 

 

【セントウルステークス2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ0209
好位07150514
中位一団
後方10041201

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇14ファインニードル
▲09ネロ
☆11アンヴァル
穴06アサクサゲンキ
△0203040507101213

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

じわじわと脚を使うタイプで、

追って味がある。

距離延長、コース替わりは

プラス材料。

<買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴-印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク