Pocket

今回は、セントウルステークス2018の予想と

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏のローカル開催が終了し、

今週から舞台は中央場所に戻り、

阪神では日曜メインに

産経賞セントウルステークス2018が行われる。

スプリンターズステークスの前哨戦で

1着馬に優先出走権であると同時に

サマースプリントシリーズの最終戦で、

夏の短距離王を目指す馬、

また目標をGIに定め、

ここで始動する快速馬がそろった。

今年の産経賞セントウルステークス2018

制するのはどの馬なのか

ここでは、過去の傾向と

データ分析(10年)から狙える馬

探っていきたいと思います。

 

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【セントウルステークス2018】予想オッズ

1番人気ファインニードル     2.2
2番人気ラブカンプー           3.2
3番人気ダイアナヘイロー     5.1
4番人気アサクサゲンキ        8.5
5番人気ネロ                      13.3
6番人気レジーナフォルテ    14.1
7番人気ラインスピリット    27.9
8番人気アドマイヤゴッド    40.4
9番人気グレイトチャーター 40.9

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【セントウルステークス2018】過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

【人気別】

1番人気   【2.5.1.2】
2番人気   【2.2.1.5】
3番人気   【1.0.1.8】
4番人気   【2.0.1.7】
5番人気   【1.1.2.6】
6番人気   【1.1.0.8】
7番人気   【0.0.0.10】
8番人気   【0.0.0.10】
9番人気   【0.0.2.8】
10番人気 【1.0.0.9】
11番人気 【0.1.1.8】
12番人気 【0.0.1.9】

1番人気は、2008年以降【2.5.1.2】。

連対率は70%、複勝率80%と抜群の成績。

しかし2勝しかしていない。

その1番人気の取りこぼしが

波乱傾向を強めている要因。

2016~2017年こそ

人気に応えているものの、

2015年のアクティブミノル(10番人気)のように、

人気薄の1着激走も

しばしば見られるレース。

必ずしも上位人気ばかりが

勝っているわけではなく、

どちらかといえば、

どの人気でも優勝の可能性はある。

 

【枠順別】

1枠 【2.1.0.10】
2枠 【2.01.14】
3枠 【1.0.1.16】
4枠 【0.2.2.16】
5枠 【2.1.0.17】
6枠 【1.1.1.17】
7枠 【0.2.1.17】
8枠 【2.3.4.11】

2008年以降の結果を検証すると、

連対率と複勝率は外枠(6~8枠)が優勢。

半面、勝率と単勝回収率については、

開幕週ということも影響しているのか、

内枠(1~3枠)が圧倒的に高い。

勝ち馬に関しては、

真ん中よりも内に入った馬。

その一方、2~3着候補は

外枠を引いた馬という

傾向になっている。

 

【脚質別】

逃げ馬 【3.0.1.6】
先行馬 【5.6.3.24】
差し馬 【2.2.6.41】
追込馬 【0.2.0.47】

<上がり3F>

1位   【0.3.1.10】
2位   【1.1.2.8】
3位   【2.0.0.10】
~5位【2.1.3.14】
6位~【5.5.4.76】

<4角位置別>

4角1番手    【3.0.1.6】
2番手以内   【5.1.2.15】
3番手以内   【6.4.3.20】
4番手以内   【8.6.4.30】
5番手以内   【10.7.6.34】
7番手以内   【10.8.7.50】
10番手以内 【10.8.10.74】

2番手以下   【7.10.9.112】
3番手以下   【5.9.8.103】
4番手以下   【4.6.7.98】
5番手以下   【2.4.6.88】
7番手以下   【0.3.4.78】
10番手以下 【0.2.0.49】
13番手以下 【0.0.0.16】
16番手以下 【0.0.0.2】

脚質は先行優勢。

2008年以降で

馬券に絡んだ7割強が

4角5番手以内で、

勝ち馬に至っては

すべて該当している。

中団からの競馬では

ヒモまでが精一杯。

前に行かないと

勝ち負け争いには加われない。

ちなみに、上がり3ハロン最速馬の

勝ち馬はゼロ。

開幕して間もない絶好馬場で

行われるスプリントG1の前哨戦ゆえに、

そう簡単に前が止まるとは

考えないほうがいい。

差し馬は3~4コーナーで

追い上げれば可能性はあるが、

よほどのことがない限り、

後方一気というシーンは見られない。

 

【斤量別】

55.0㎏【4.0.3.22】
56.0㎏【2.3.2.39】
54.0㎏【2.1.4.22】
58.0㎏【1.1.1.4】
52.0㎏【1.0.0.3】

 

【年齢別】

3歳【3.0.1.14】
4歳【4.2.1.16】
5歳【3.5.3.33】
6歳【0.1.4.32】
7歳【0.2.1.17】
8歳【0.0.0.5】
9歳【0.0.0.1】

 

【前走別】

<レース別>

北九州記念組    【5.0.5.50】
アイビスSD組 【3.2.0.5】
高松宮記念組    【1.2.0.5】
NZT組          【1.0.0.0】
函館SS組       【0.1.1.2】

<距離別>

1200m組 【6.6.8.87】
1000m組 【3.2.0.5】
1600m組 【1.2.1.14】
1400m組 【0.0.1.12】

◆同距離【6.6.8.86】
◆延長   【3.2.0.5】
◆短縮   【1.2.2.27】

<間隔別>

中2週組     【3.0.3.28】
中10週以上組 【2.6.4.32】
中3週組   【2.0.2.27】
中7週組   【2.0.0.1】
中5週組   【1.2.0.5】

前走レース別では

勝利数は北九州記念5勝、

アイビスサマーダッシュが3勝と、

この2つの重賞がほぼ占めている。

前者は北九州記念で1~2番人気に

支持されていた馬が

【3.0.2.6】の好成績。

また、2ケタ着順に負けた馬が

巻き返しもあり、

着順に関係なく好走している。

連対という意味では6着以内の馬が狙い目。

後者はアイビスサマーダッシュの

1~3着馬が【3.2.0.2】と

好パフォーマンスを見せている。

また、1着馬に限定すれば、

【2.1.0.0】とパーフェクト連対。

その他、高松宮記念を含め、

春~夏シーズンのマイル・スプリント重賞が

ステップとして名を連ねており、

条件戦経由の好走馬はゼロ。

重賞以下ではオープン特別経由で

3着が1頭いるだけだ。

さすがはスプリンターズSの

前哨戦だけあって

レースレベルは相当高い。

 

 

【セントウルステークス2018】過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、セントウルステークス2018

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探ってきました。

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

開幕週らしく、高速馬場で、

前が止まりにくくなれば、

過去のデータの通り

逃げ・先行勢が有利。

斤量差と前が残る馬場を

味方に押し切れる。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク