Pocket

今回は、セントウルステークス2018の予想と

出走馬の調教・最終追い切り

評価・分析から狙える馬を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏のローカル開催が終了し、

今週から舞台は中央場所に戻り、

阪神では日曜メインに

産経賞セントウルステークスが行われる。

スプリンターズステークスの前哨戦で

1着馬に優先出走権であると同時に

サマースプリントシリーズの最終戦で、

夏の短距離王を目指す馬、

また目標をGIに定め、

ここで始動する快速馬がそろった。

今年の産経賞セントウルステークス2018

制するのはどの馬なのか

ここでは、出走馬の調教・最終追い切り

評価・分析から狙える馬

探っていきたいと思います。

 

その前に、セントウルステークス2018

過去の傾向とデータ分析(10年)の記事も

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【セントウルステークス2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

 

それでは、セントウルステークス2018

調教・最終追い切り評価・分析をしていきます。

【セントウルステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

1.マッチレスヒーロー

(前回) 6/13 美南W 稍 馬なり余力
→72.0 56.1 41.2 13.8 [9]

8/29 美南W 良 一杯に追う
→70.9 55.7 40.7 13.2 [7]
ロマンテソーロ(古500万)直強目の外0.6秒先行0.1秒遅れ

9/2 美南W 稍 強目に追う
→55.3 40.0 12.5 [6]

9/5 美南W 重 一杯に追う
→68.6 54.0 40.2 13.2 [7]
ロマンテソーロ(古500万)馬なりの外0.8秒先行同入

【最終追い切り評価】

2週続けて併せ馬でビッシリ攻められ、

今週は粘り強く伸びていた。

仕上がる。

 

2.ラブカンプー

(前回) 8/15 栗坂 良 一杯に追う
→1回 54.2 39.0 25.3 13.0

8/28 栗プール 2周

9/2 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 53.5 40.7 28.3 15.2

9/5 栗坂 不 一杯に追う
→1回 54.7 39.2 25.0 12.7
アトレヴィード(古500万)一杯を0.6秒追走アタマ遅れ

【最終追い切り評価】

気負うことなくスイスイ駆け上がり、

状態の良さを誇示。

出来は安定している。

 

3.アドマイヤゴッド

(前回) 8/1 札幌芝 良 強目に追う
→62.8 49.0 35.4 11.8 [7]

8/26 札幌ダ 重 馬なり余力
→42.4 12.9 [9]
レッドエンヴィー(二未勝)馬なりの外同入

8/29 札幌ダ 良 馬なり余力
→66.7 52.2 38.5 12.4 [9]
ディバインブリーズ(古500万)馬なりの外0.2秒先行同入

9/5 栗坂 不 馬なり余力
→1回 52.2 38.4 25.9 13.6
ブラヴィッシモ(古オープン)一杯を0.1秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

ゴール前で仕掛けられると

グンとひと伸びを見せた。

気配は上向いている。

 

4.コウエイタケル

(前回) 8/22 栗CW 良 馬なり余力
→51.2 37.0 12.0 [7]

9/2 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 60.5 42.3 26.4 13.2

9/5 栗CW 不 一杯に追う
→51.1 37.6 12.3 [6]
コウエイエンブレム(古オープン)馬なりの内0.9秒追走0.4秒遅れ

【最終追い切り評価】

追走していたとはいえ、

ラストは伸び切れなかった。

上積みは薄い印象。

 

5.レジーナフォルテ

(前回) 7/25 美南W 良 馬なり余力
→51.9 38.9 12.9 [7]

8/30 美南W 良 強目に追う
→69.3 53.8 39.8 13.1 [7]

9/5 美南W 重 馬なり余力
→69.8 53.6 39.7 13.6 [6]

【最終追い切り評価】

最後まで集中して走れており、

馬体もふっくらと見せている。

出来はキープ。

 

6.アサクサゲンキ

(前回) 8/15 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.7 38.3 25.0 12.4

9/2 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 60.2 44.2 29.3 14.5

9/5 栗坂 不 強目に追う
→1回 54.4 40.1 25.8 12.7
サンライズノヴァ(古オープン)末強目を0.3秒追走アタマ遅れ

【最終追い切り評価】

キビキビと活気にあふれた動きで

駆け上がってきた。

上積みが期待できる。

 

7.ダイアナヘイロー

(前回) 8/15 小倉芝 良 馬なり余力
→66.4 51.2 37.0 11.1 [6]

8/30 栗CW 良 馬なり楽走
→59.7 44.0 13.1 [8]

9/6 栗CW 良 一杯に追う
→76.0 62.3 50.2 38.2 13.4 [6]

【最終追い切り評価】

テンからハイラップを

刻んだためラストを要したが、

気配自体は悪くない。

 

8.ラインスピリット

(前回) 7/25 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.7 38.9 24.7 12.2

8/29 栗坂 良 強目に追う
→1回 52.8 37.7 24.6 12.7

9/5 栗坂 不 馬なり余力
→1回 54.4 39.2 25.5 12.8

【最終追い切り評価】

いつも通り、軽い身のこなしで

駆け上がってきた。

この馬なりの出来にある。

 

9.ネロ

(前回) 8/12 栗坂 良 馬なり余力
→1回 52.6 38.5 25.4 13.0

8/31 栗坂 良 馬なり余力
→1回 51.4 37.3 25.0 13.1

9/5 栗坂 不 馬なり余力
→1回 59.6 44.7 30.6 16.2

9/6 栗坂 良 末強目追う
→1回 49.4 37.2 25.1 13.0
ケンホファヴァルト(古1600万)一杯を1.0秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

攻め駆けタイプとはいえ、

力強い脚さばきで好時計。

自身の力は出せる気配。

 

10.フミノムーン

(前回) 8/15 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.6 37.8 25.3 13.1

9/5 栗坂 不 一杯に追う
→1回 52.0 39.6 27.2 14.3

【最終追い切り評価】

ラストは要したが、

全体時計は上々。

近走はひと息だが、

状態は悪くない。

 

11.アンヴァル

(前回) 8/15 栗P 良 一杯に追う
→64.1 50.0 37.1 11.6 [5]

8/30 栗坂 良 馬なり余力
→1回 53.4 39.0 25.4 12.6
モズカクシダマ(新馬)馬なりを0.8秒追走同入

9/2 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 59.8 44.4 29.5 14.9

9/5 栗P 良 一杯追伸る
→66.2 51.4 37.2 11.4 [7]

【最終追い切り評価】

攻め駆けするタイプとはいえ、

ラストは抜群の推進力を見せた。

前走以上だ。

 

12.ブラヴィッシモ

(前回)
連闘の為中間軽目

8/30 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.1 37.8 24.8 12.8
ロジクライ(古オープン)一杯に0.6秒先行0.8秒遅れ

9/4 栗坂 良 馬なり余力
→1回 61.3 43.6 27.6 13.5

9/5 栗坂 不 一杯に追う
→1回 52.4 38.4 25.9 13.7
アドマイヤゴッド(古オープン)馬なりに0.1秒先行0.1秒遅れ

【最終追い切り評価】

全体時計は及第点だったが、

追われてからはひと息。

完調手前の印象だ。

 

13.グレイトチャーター

(前回) 8/15 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.1 38.0 24.5 12.2

8/31 栗坂 良 馬なり余力
→1回 55.3 39.7 25.4 12.3

9/5 栗坂 不 馬なり余力
→1回 53.8 38.5 24.5 12.2

【最終追い切り評価】

間隔は詰まっているが、

元気いっぱいに登坂。

馬体の張りも目立ち好気配。

 

14.ファインニードル

(前回)
海外遠征

8/29 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.7 37.6 25.0 13.1
ララベスラーナ(障未勝)馬なりを0.4秒追走0.2秒遅れ

9/2 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 54.0 39.4 26.0 13.1

9/6 栗坂 良 末強目追う
→1回 53.0 38.6 24.5 12.0

【最終追い切り評価】

力強い脚さばきでグイグイと登坂。

ラストも俊敏な反応で伸びた。万全。

 

15.ウインソワレ

(前回) 4/25 栗坂 不 馬なり余力
→1回 58.3 41.5 26.4 12.8

8/29 栗坂 良 叩き一杯
→1回 53.8 38.7 25.2 12.8

9/2 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 60.9 44.2 28.8 14.7

9/5 栗坂 不 一杯に追う
→1回 53.8 39.0 25.3 12.6

【最終追い切り評価】

入念に乗り込まれ、

ひと追いごとに動きは良化。

力を出せる態勢にある。

 

 

【セントウルステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬まとめ

今回は、セントウルステークス2018

出走馬の調教・最終追い切り

評価・分析から狙える馬を探っていきました。

その中で、調教・最終追い切りの

動きが良く狙える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

前走は、スタート後に寄られて

位置取りが後方になり、

更に、直線も詰まった。

前走は度外視。

スムーズなら重賞でも

通用できる。

調教も追い重点とはいえ、

この馬らしいキビキビとした

動きで上々の伸び。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク