Pocket

今回は、スプリンターズステークス2018最終予想と

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(中山芝1200m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

いよいよ秋のGIシリーズが開幕する。

初戦は電撃の6ハロン戦、

スプリンターズステークス。

3連覇がかかるレッドファルクスや

春秋スプリントGI制覇を

狙うファインニードル、

香港からの刺客ラッキーバブルズなど、

激戦必至の好メンバーがそろった。

レッドファルクスの3連覇になるのか、

それとも短距離界の新生誕生となるのか、

今年の、スプリンターズステークス2018

制するのはどの馬なのか、

ここでは、スプリンターズステークス2018最終予想と

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(中山芝1200m)

書いていきます。

 

その前に、スプリンターズステークス2018について

他にも記事を

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【スプリンターズステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

【スプリンターズステークス2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬と参考レース動画

 

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【スプリンターズステークス2018】枠順

1枠1番ラインスピリット
1枠2番ヒルノデイバロー
2枠3番ワンスインナムーン
2枠4番スノードラゴン
3枠5番アレスバローズ
3枠6番ダイメイプリンセス
4枠7番キャンベルジュニア
4枠8番ファインニードル
5枠9番ラブカンプー
5枠10番レッツゴードンキ
6枠11番セイウンコウセイ
6枠12番ナックビーナス
7枠13番ティーハーフ
7枠14番ラッキーバブルス
8枠15番ムーンクエイク
8枠16番レッドファルクス

 

【スプリンターズステークス2018】オッズ

1番人気ファインニードル      3.0
2番人気ナックビーナス         4.3
3番人気レッツゴードンキ     10.4
4番人気ワンスインナムーン  10.5
5番人気ムーンクエイク        11.4
6番人気アレスバローズ        12.0
7番人気レッドファルクス     13.0
8番人気セイウンコウセイ     13.1
9番人気ラッキーバブルス     25.8

 

【スプリンターズステークス2018】コース分析(中山芝1200m)

2コーナーを回りきって向正面に

入ったところがスタート地点。

外回りコースのバックストレッチを通り、

3コーナーまでの距離は250m強(仮柵位置により変わる)ある。

中山競馬場の芝コースの高低差は5.3mと、

JRA全10場の中で最も高低差がある。

おむすび型の頂部分は高い位置にあり、

スタート直後から4コーナーまでは、

約4.5mの勾配の下り坂になっている。

最後の直線距離は310mと、ローカル競馬場並に短い。

なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。

近年は年明けの1回開催と秋開催でCコースが使用されており、

A、Bに比べて逃げ馬の好走確率が高くなっている。

短距離戦なので当然前傾ラップ。

スタート直後から下り坂が続くため、

テンから加速がつきやすい。

準OPクラス以上の前半3ハロン平均は、

33秒台と速い。

勢いをつけたまま3~4コーナーを回り、

最後の直線を駆け上がる。

基本的には先行力が必要だが、

逃げ切るにはかなりの力がいる。

特にスプリンターズSを含む重賞・オープンクラスの

レースで逃げ切るのは難しく、

好位抜け出しがベスト。

前に行けて、なおかつ終い踏ん張る脚が必要。

最後に急坂があるので差しも決まる。

また、秋の中山開催時が最も速い時計が出る。

スプリンターズSは1分07秒台の決着に

なることもめずらしくない。

枠順は1枠から3枠がやや有利で、

多頭数の大外があまり良くない。

距離のロスがなく、走れる内枠は有利。

最後の直線で前が詰まるリスクがある一方、

4コーナーで外の馬が振られることで、

捌くスペースができることも大きい。

好走枠→中枠(勝率:8.3%)(複勝率:21.1%)

好走脚質→先行(勝率:12.5%)(複勝率:36.0%)

 

【セントウルステークス2018】有力馬分析

<アレスバローズ>

気性面が出世を妨げていたが、

CBC賞、北九州記念を連勝して、

ようやく本物に。

11着に敗れたシルクロードSの頃とは馬が違う。

中山では準オープンの南総Sで

直線一気を決め、

急坂はプラスに作用する。

勢いに乗ってのGⅠ挑戦は脅威に。

 

<ナックビーナス>

キーンランドCで重賞初制覇。

新たにコンビを組んだ

モレイラ騎手が判断良くハナを奪うと、

ペースを落とさず後続に2馬身半の差をつけた。

中山ではオーシャンSを2年連続2着。

カーバンクルSを連続で勝ち、

3着を外していない。

今春の高松宮記念3着以上も期待できる。

 

<ファインニードル>

高松宮記念を勝ったファインニードルが

短距離GⅠ春秋制覇を目指す。

前哨戦とも言えるセントウルSを

昨年に続いて勝ったが、

2着ラブカンプーとは6キロの斤量差があり、

海外遠征帰り緒戦の不利も克服した。

昨年のスプリンターズSは

流れに乗れず12着に終わったが、

その後国内では3戦全勝。

この1年での成長は明らか。

 

<ムーンクエイク>

1600メートルで3連勝したが、

続く洛陽Sで掛かった。

京王杯SCでは初距離でも

1400メートルがプラスしてレコード勝ち。

更に距離を詰めたキーンランドCは

後手に回ったのが痛かったが、

レース最速の上がりをマークし、

9着でも内容は悪くない。

距離2度目でスタートが決まれば。

 

<ラッキーバブルズ>

香港のラッキーバブルズは

同一GⅠで②①⑤着して既にベテランの域。

今年のチェアマンズスプリントプライズでは

ファインニードルと0秒3差だった。

前2走は59キロ以上の負担。

高松宮記念を勝ったエアロヴェロシティと

勝ち負けを続けていた実績に注目。

 

<ラブカンプー>

1200メートルに限れば②②①①②③②着。

セントウルSでは6キロの斤量差があったとはいえ、

ファインニードルと0秒2差に健闘した。

中山の急坂は課題になりそうだが、

スピードを警戒。

 

<レッツゴードンキ>

昨年、クビ差2着。

高松宮記念では2年続けて2着して、

国内短距離GⅠで3戦連続3着。

昨年はVマイルからの直行だったが、

夏場にキーンランドCを使われた

今年の方が臨戦過程がいい。

その前走は反応が今ひとつだったが、

1度使われたことで順当に上向いてくるだろう。

 

<レッドファルクス>

同一GⅠ3連覇の偉業がかかる。

一昨年がアタマ、昨年がクビの僅差だが、

勢いがついてからの末脚は他を圧する威力。

中山の急坂も味方してキッチリと前を捉えている。

安田記念以来のローテーションは昨年同様。

近走、出脚の鈍さが気になるが、

今年も末脚の勝負に持ち込めば有力。

 

 

【スプリンターズステークス2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ハイ
逃げ0309
好位121101
中位08一団
後方1604

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇12ナックビーナス
▲16レッドファルクス
☆06ダイメイプリンセス
穴02ヒルノデイバロー
注10レッツゴードンキ
△030405071114

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走は、力の違いをまざまざと

見せつける結果となった。

当然、ひと叩きでの上昇が見込めるはずで、

さらなるパフォーマンスアップを望める。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク