Pocket

今回は、スプリンターズステークス2018と

予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬と参考レース動画を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

いよいよ秋のGIシリーズが開幕する。

初戦は電撃の6ハロン戦、

スプリンターズステークス。

3連覇がかかるレッドファルクスや

春秋スプリントGI制覇を

狙うファインニードル、

香港からの刺客ラッキーバブルズなど、

激戦必至の好メンバーがそろった。

レッドファルクスの3連覇になるのか、

それとも短距離界の新生誕生となるのか、

今年の、スプリンターズステークス2018

制するのはどの馬なのか、

ここでは、過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探っていきたいと思います。

 

【スプリンターズステークス2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

【人気別】

1番人気   【4.1.0.5】
2番人気   【1.5.0.4】
3番人気   【2.1.0.7】
4番人気   【0.0.0.10】
5番人気   【0.1.1.8】
6番人気   【1.0.1.8】
7番人気   【0.0.3.7】
8番人気   【0.0.1.9】
9番人気   【0.1.3.6】
10番人気 【1.0.0.9】
11番人気 【0.1.0.9】
12番人気 【0.0.0.10】
13番人気 【1.0.0.9】
14番人気 【0.0.0.10】
15番人気 【0.0.1.9】
16番人気 【0.0.0.8】

基本的に上位人気を信頼できるレース。

1番人気の信頼度は高く、

勝ち馬は3番人気以内から生まれる年が多い。

4番人気以下が勝利を収める年は、

「2着は3番人気以内」というケースがほとんど。

上位人気が好走しても荒れる時がある。

波乱が起こる年はあるものの、

超人気薄同士で決まっての大荒れには

あまり期待しないほうがいいレース。

一方で、ガチガチの1~2番人気決着も少ない。

下位人気では5~11人気まで

幅広く馬券に絡んでおり、

とくに複勝率33.3%の7人気、

複勝率44.4%の9人気が馬券に絡みやすい。

ちなみに、9人気以下で馬券に絡んだ7頭中5頭は、

前走もしくは前々走のいずれかで

1400m以下の重賞を勝っていた。

 

【枠順別】

1枠 【1.1.0.18】
2枠 【0.2.3.15】
3枠 【0.0.3.17】
4枠 【2.1.0.17】
5枠 【2.2.0.15】
6枠 【0.0.1.19】
7枠 【3.2.3.12】
8枠 【2.2.0.17】

スタート直後から緩い右カーブが続く中山芝1200mは、

コースレイアウト的に内枠有利の印象を受けるが、

統計をとるとその傾向はあまり感じられない。

外枠は確かに距離ロスがあるものの、

カーブがきつくなる3~4コーナー中間までは

十分な距離があり、内に寄せてスムーズに

ポジションを取りやすいので、

ほとんど不利なくレースを進めることができる。

枠順による有利不利は、過度に意識する必要はない。

スプリンターズSは

中枠から外枠が圧倒的優勢を誇っている。

脚質的には逃げ・先行有利だが、

イコール内枠有利とならない。

また、内外の3着以内馬の脚質を調べてみると、

1~3枠は逃げ:1頭、先行:2頭、差し:5頭、追込:2頭で、

意外にも差し馬が多かった。

7・8枠は逃げ:2頭、先行:3頭、差し:5頭、追込:0頭で、

こちらも差し馬が多い。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.2.1.6】
先行馬 【2.2.3.28】
差し馬 【7.6.4.50】
追込馬 【0.0.2.46】

<上がり3F>

1位   【0.0.1.9】
2位   【4.0.2.9】
3位   【2.1.0.5】
~5位【1.3.1.17】
6位~【3.6.6.90】

<4角位置別>

4角1番手    【2.3.1.4】
2番手以内   【2.4.1.24】
3番手以内   【2.4.2.29】
4番手以内   【3.4.4.34】
5番手以内   【4.5.6.44】
7番手以内   【6.9.6.58】
10番手以内 【10.10.8.64】

2番手以下   【8.7.9.126】
3番手以下   【8.6.9.106】
4番手以下   【8.6.8.101】
5番手以下   【7.6.6.96】
7番手以下   【5.3.4.80】
10番手以下 【2.1.3.58】
13番手以下 【0.0.0.34】
16番手以下 【0.0.0.7】

舞台となる中山芝1200mは、

直線に急坂があるため、

ハイペースになると差し・追い込み馬の

台頭がよく見られる。

また、馬場が荒れる開催後半は

外差しも決まりやすくなる。

ただし、9月(から10月初旬)の

中山開催は高速馬場になりやすく、

切れ味よりもスピードが求められる傾向にある。

快速馬が揃うG1ともなれば、

その傾向はより顕著に。

スプリンターズSに関しては、

原則「逃げ・先行有利」と考えておいたほうがいい。

大穴を提供するのはたいてい逃げ馬。

また、4コーナーを先頭で回った馬は2勝、2着3回。

例年、決してペースが緩い訳ではないのだが、

積極的な競馬をした馬が好結果を残している。

一方、中団で脚を溜めていた馬が4勝、

4角10番以下の後ろから差し切った馬も

2頭いて決め手も必要。

最高峰のG1らしくスピードだけでなく、

そのスピードを持続する底力も要求される。

 

【年齢別】

3歳【0.0.1.10】
4歳【3.2.5.16】
5歳【3.6.3.35】
6歳【3.0.1.32】
7歳【0.2.0.27】
8歳【1.0.0.8】
9歳【0.0.0.2】

勝ち馬は4~6歳が3頭ずつと

8歳馬が1頭だが、

8歳馬は香港の10年ウルトラファンタジーで、

日本馬は3世代に限られる。

7歳以上は2度の2着があるだけで、

3連覇を狙う7歳のレッドファルクスにとっては

気になるデータだ。

勝鞍のある3世代の中では

出走機会が少ない4歳馬の勝率、複勝率が優秀。

6歳馬は3勝しているが、それ以外の馬券絡みは

3着が1度あるだけで、

勝ち馬3頭はいずれもG1で連対経験を持っていた。

 

【前走レース・距離・間隔・着順別】

<レース別>

セントウルS組    【4.2.3.53】
キーンランドS組 【2.5.3.32】
安田記念組          【1.1.0.6】
シャティンV組    【1.0.0.0】
CBC組             【1.0.0.2】

<距離別>

1200m組 【9.8.8.110】
1600m組 【1.2.1.9】
1400m組 【0.0.1.7】
1000m組 【0.0.0.4】

<間隔別>

中2週組   【4.2.4.56】
中10週組 【3.5.0.26】
中4週組   【2.3.6.34】
中6週組   【1.0.0.2】
中3週組   【0.0.0.2】

王道は、サマースプリントシリーズの

キーンランドCと、実績馬の秋初戦と

なりやすいセントウルSの2レース。

最多4勝のセントウルS組は

1着馬が0勝で、

勝っているからといって、

連勝するかは微妙。

狙い目は、セントウルS2着馬。

いかにも本番への試走だったような

GI実績馬に注目。

基本的には4着以内が好走の目安だが、

結局GI実績馬に限れば着順は不問で、

10着以下惨敗からの巻き返しにも注意が必要。

⇒ファインニードル(セントウルS1着)

⇒ラブカンプー(セントウルS2着)

⇒グレイトチャーター(セントウルS3着)

⇒ラインスピリット(セントウルS5着)

 

キーンランドC組の

狙いも基本的に4着以内。

5着以下からの巻き返しに関しては、

キーンランドC以外の

サマースプリントシリーズで

好走している馬は要注意。

⇒ナックビーナス(キーンランドC1着)

⇒キャンベルジュニア(キーンランドC4着)

⇒ヒルノデイバロー(キーンランドC14着)
                           (函館SS2着)

 

ほかでは、安田記念以来と

なる馬も侮れない。

そこで好走している必要はないが、

前々走で京王杯SCに出走し

連対している馬がいい。

あとは、キーンランドC以外の

サマースプリントシリーズで優勝して、

そこから直行してきた馬、

もしくは春のマイル以下の

GI以来の馬までが圏内。

⇒セイウンコウセイ(函館SS1着)

⇒レッドファルクス(安田記念9着)

 

<前走着順>

前走1着     【3.2.3.22】
前走2着     【2.1.2.16】
前走3着     【1.2.0.9】
前走4着     【1.1.2.10】
前走5着     【0.0.1.10】
前走6~9着【1.0.2.36】
前走10着~【2.3.0.26】

前走から連勝を果たした馬は3頭。

前走を勝って挑んだ馬は

過去10年のうち7年で馬券圏内に絡んでおり、

前走を勝って挑む勢いは重要。

一方で前走掲示板圏外から

馬券圏内に巻き返して来た馬は8頭いて、

13年3着のマヤノリュウジンを除けば、

重賞勝ちもしくはG1で入着の実績を持っていた馬。

 

【同年の高松宮記念との連動性】

中山開催過去9回のうち、8回も同年の

高松宮記念3着以内馬が馬券に絡んでいる。

しかも、中京コースが改修された2012年以降は、

3着以内馬18頭中13頭が

同年の高松宮記念に出走していた馬であり、

そのうち9頭が高松宮記念3着以内馬。

今年も当然注目。

ファインニードル(高松宮記念1着)

レッツゴードンキ→(高松宮記念2着)

ナックビーナス→(高松宮記念3着)

セイウンコウセイ→(高松宮記念6着)

レッドファルクス→(高松宮記念8着)

スノードラゴン→(高松宮記念9着)

キングハート→(高松宮記念10着)

ラインスピリット→(高松宮記念15着)

 

 

【スプリンターズステークス2018参考レース動画】

 

 

【スプリンターズステークス2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、スプリンターズステークス2018

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探ってきました。

その中で、好走しそうな馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

スプリント戦ではまずもって

崩れる事は想定し難く、

かつ中山コース(条件問わず)においては

9戦して連対率89%、複勝率100%

抜群の適性を誇る馬。

世界的名手が手綱を握るのもプラス材料。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク