Pocket

今回は、ジャパンカップ2018の予想と展開・印付き予想・

有力馬分析・コース分析(東京芝2400m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

秋の東京開催も今週が最後。

フィナーレを飾るのはジャパンカップ2018

外国馬2騎を加え、

平成最後の祭典に

ふさわしい豪華メンバーがそろった。

1着賞金が3億円と有馬記念と並ぶ高額で

あることはもちろん、大回りの東京コースを

1週をして実力勝負になりやすい。

平成最後のジャパンカップ2018

制するのはどの馬になるのか、

ここでは、無料・公開予想と

展開・印付き予想とコース分析(東京芝2400m)

書いていきます。

 

その前に、ジャパンカップ2018について

調教・最終追い切りの記事

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【ジャパンカップ2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【ジャパンカップ2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【ジャパンカップ2018】コース分析(東京芝2400m)

中央競馬を代表する主要コース。
日本ダービーやジャパンCが行われる舞台。
スタートは正面スタンド前直線から。
スタート後、平坦のホームストレッチを走り、
ゴール板を一度通過。
そこからグルリとコースを一周する。
最初の1コーナーまでの
距離は約350m。1コーナーから2コーナーに
かけてはほぼ平坦。
約450mある長いバックストレッチを通り、
3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。
3~4コーナーにかけては下り坂になっている。
最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。
東京競馬場全体の高低差は2.7mある。
最後の直線距離は525.9mで、
新潟の外回りコースに次ぐ長さ。
スタート直後は先行争いがあるため少し流れるが、
1~2コーナーに入れば落ち着く。
全体的にはスローペースで、最後の直線勝負が基本。
G1でも飛ばす馬がいなければペースは遅くなり、
走破時計も速くならない。
全馬が力をフルに発揮できるコース形態で、
瞬発力とスタミナの両方をバランスよく
持ち合わせている馬でないと勝つのは難しい。
脚質的にもあらゆるタイプが対応できる。

好走枠→内枠(勝率:9.2%)(複勝率:24.9%)

好走脚質→先行(勝率:8.7%)(複勝率:27.2%)

 

【ジャパンカップ2018】無料・公開予想│展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ0814
好位121013
中位01一団
後方020507

 

<印付き予想>

◎01アーモンドアイ

アッサリと牝馬三冠を成し遂げたアーモンドアイ。
新馬で2着に敗れたあとは5連勝。
シンザン記念からぶっつけでの
桜花賞制覇は異例だったが、
結局トライアルには一度も出走することなく、
常に高いレベルで力を発揮してきた。
5カ月ぶりの秋華賞は14キロ増。
過去最高の体重だったが、
秋緒戦としては申し分のない仕上がりで臨み、
外から一気に伸びた末脚はいつも通り抜群の威力。
東京2400メートルは三冠で
後続に最も大きな着差をつけた舞台であり、
何しろ53キロで出走できる点が魅力。
3歳牝馬が勝てば2012年のジェンティルドンナ以来。
歴代の勝ち馬にウオッカ、ブエナビスタら
名牝の名が並ぶなか、
新たなチャンピオン牝馬誕生の瞬間に注目したい。

 

〇08キセキ

昨年の菊花賞馬。
香港遠征のあと復調に手間取ったが、
この秋は③③着。
ともに先行しての好走。
新たな面が引き出された。
スタミナは十分にあるので、
今回も主導権を握れば怖い。

 

▲09シュヴァルグラン

昨年のジャパンCでは
いつもより前でレースをして
レイデオロ、キタサンブラック相手に快勝した。
GⅠ初制覇に導いた鞍上が
騎乗停止となったのは痛いが、
新たにコンビを組むC.デムーロ騎手も
頼りになる。
近走、安定感に欠ける嫌いはあるものの、
有馬記念3着、天皇賞(春)2着と
存在感は示している。
秋緒戦の京都大賞典を使われ上向くはず。

 

☆11スワーヴリチャード

初距離の安田記念で小差3着し、
東京で崩れず走ってきたが、
天皇賞(秋)で思わぬ大敗を喫した。
スタート自体が今ひとつ。
そこで前へ入られリズムを崩した。
直線でも反応が鈍く、参考外と見たい。
GⅠ勝ちは2000メートルの大阪杯だったが、
日本ダービー2着の東京2400メートルも
申し分のない舞台。
5カ月ぶりを使われ体調の上積みを見込める。

 

人気ブログランキングへ

前走は直線で前をカットされ、
不完全燃焼の一戦になった。
初めての左回りになるが、
血統背景からも東京コースは合うかもしれない。
この相手でも決め手を生かせる
展開になれば出番はある。

 

△03サトノダイヤモンド

3歳時には菊花賞から有馬記念も連勝。
4歳の昨年は凱旋門賞へ遠征したので、
ジャパンCは初参戦となる。
落鉄しながら日本ダービーでハナ差2着した
東京2400メートルに不満はない。
帰国後、なかなか調子が上がらず、
大阪杯7着、宝塚記念6着と、
本来の走りができなかったが、
3カ月半ぶりとなった
京都大賞典で久しぶりに勝利を挙げ、
勢いを取り戻して復権を目指す。

 

△06サンダリングブルー

GⅠは未勝利だが、
今年に入ってから重賞2勝と頭角を現してきた。
この夏は強豪相手の
英インターナショナルステークスで3着に健闘。
来日前の加インターナショナルステークスでも
2着に好走しており、ここにきての充実ぶりは光る。

 

△07サウンズオブアース

前走の毎日王冠は9着も、
距離不足とスタートでの出遅れと敗因は明白。
年齢による衰えは感じられず、
むしろ使って上昇ムード。
1週前もCWコースで6ハロン80秒0と上々の動き。
一昨年の2着馬が存在感を示す。

 

△12カプリ

招待馬のカプリは愛ダービー、
英セントレジャー勝ちの実績。
同じA.オブライエン厩舎で
昨年のジャパンC5着した
アイダホより格は上。
今年は1勝だが、
凱旋門賞5着を軽視できないだろう。

 

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク