Pocket

今回は、シルクロードステークス2019の予想、

無料・公開予想と展開・印付き予想、

コース分析(京都芝1200m)

~短距離の鬼、スプリント攻略予想~を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

京都芝1200mの内回りコースを使用し

高松宮記念を目指すメンバーが集まる

重要なステップレース。

過去の結果を見ると展開的にも

極端なハイペースにはなっておらず、

先行馬(内目の進路取り)が台頭しやすい傾向となっている。

今年も基本的には先行有利の予想の

組み立てでいいだろう。

ファインニードルやレッドファルクスが引退し、

スプリント界の主役が不在となった今、

ここは世代交代の時だろう。

今年のシルクロードステークス2019を制し、

今後のスプリント界の主役を担う馬は、

ここから出てくるのだろうか!?

ここでは、シルクロードステークス2019の予想、

無料・公開予想と展開・印付き予想、

コース分析(京都芝1200m)を書いていきます。

 

その前に、シルクロードステークス2019について

調教・最終追い切りの記事も

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【シルクロードステークス2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬~短距離の鬼、スプリント攻略予想~

 

【シルクロードステークス2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬~短距離の鬼、スプリント攻略予想~

 

【シルクロードステークス2019】コース分析(京都芝1200m)

スタート地点は向正面直線半ば付近。
3コーナーにかけていきなり上り坂になっており、
中山芝1200mとはちょうど対照的になっている。
3~4コーナーのカーブは内回りコースを使用。
3コーナー入り口付近にある坂の頂上からは下り坂で、
一気に駆け下りることになる。
最後の直線は平坦で323m。
最後の直線距離は中央場所の中で中山に次いで短い。
基本的には前傾ラップだが、前後半3ハロンの
ラップ差があまりないことが特徴。
3歳以上重賞の水準ラップでは
後半3ハロンの方が速くなっている。
あと、各クラスの時計差も案外少ない。
AコースとBコース時は逃げ・先行馬が圧倒的に有利。
京都特有の軽い馬場に適応が必要なのは全脚質共通。
枠順はほぼフラット。

好走枠→内枠(勝率:8.8%)(複勝率:26.2%)

好走脚質→逃げ(勝率:28.4%)(複勝率:55.7%)

 

 

【シルクロードステークス2019予想】無料・公開予想│展開・印付き予想~短距離の鬼、スプリント攻略予想~

<展開予想>

ペース:ハイ
逃げ111014
好位15021606
中位一団
後方0418

 

<印付き予想>

◎02ダノンスマッシュ

昨年の京阪杯で重賞初制覇。
内有利の馬場とあり好位のインを
取れた利は大きかったが、上手に立ち回り、
終いもスパッと切れた。文句のつけどころなし。
京都1200メートルはピッタリの印象すら受ける。
攻めは前走時以上に動けている。連勝に期待。

 

〇06ラインスピリット

阪神Cでは振るわなかったが、
スプリンターズSでラブカンプーとダイメイプリンセスの
間に割って入って3着だったラインスピリットは
ここは距離短縮、平坦に替わり巻き返し。

 

▲01ナインテイルズ

京阪杯でダノンの2着、淀短距離Sではオープン初勝利。
特に前走は馬体を大幅に増やしての快勝。
控えて終いを生かす競馬もすっかり体得し、
明け8歳だが、ここへきて本格化した感すらある。
パワー型で力のいる今の京都の芝はピッタリ。
中1週も好調の証。引き続き注目。

 

人気ブログランキングへ

前走は出遅れて終いに賭けたが、
1ハロン標過ぎまで前が壁。
追えば伸びるだけの脚はあったし、着差が着差。
スムーズならひょっとしたのでは。
パワータイプで今の力のいる京都の芝は合う一頭。

 

△16アンヴァル

淀短距離Sでナインテイルズとアタマ差。
京阪杯の4着も17番枠と内有利の馬場を思えば上等で、
ここでもナインとは時計差なし。
軽い走りで力のいる今の馬場は
ベストとは言い難いが、能力は互角。
ハンデ差があれば逆転も十分。
間隔は詰まるが、中1週では2戦2勝。
前走後も順調。

 

△10ラブカンプー

オープン勝ちこそないが、
重賞で抜群の安定感を示しているラブカンプー。
特に前走はGⅠでのクビ差2着。
勝ち切れないが、どこに入っても力上位だ。
平坦な直線、Bコース1週目の馬場は先行脚質の味方。
帰厩後の攻めも動いている。
ハンデが鍵だが、力関係はここ2走より随分と楽。

 

△13ダイメイプリンセス

ここ3走、ラブカンプーを相手に2勝1敗。
先着を許した昨年のスプリンターズSも
僅か0秒2差の4着。着差や前残りの展開を思えば、
差はあってないようなもの。
これも地力は一枚上。
そのラブカンプーとの併せ馬での調整は昨夏同様。
至って順調。久々でも。

△03040818

×0509141517

 

☆馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

スポンサーリンク