Pocket

今回は、シリウスステークス2018最終予想と

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(阪神ダート2000m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

最終週の阪神では土曜メインに、

チャンピオンズカップを見据える

メンバーが参戦するハンデGⅢ、

シリウスステークス2018が行われる。

毎年、本格的に3歳と古馬の戦いが

始まっていく注目のレースとなっている。

今年のシリウスステークス2018を制するのは

どの馬なのか、ここでは、

最終予想と展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(阪神ダート2000m)

書いていきます。

 

その前に、シリウスステークス2018について

他にも記事を

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

⇒【シリウスステークス2018】穴馬予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【シリウスステークス2018】枠順

1枠1番ミキノトランペット
1枠2番ヨシオ
2枠3番オメガパフューム
2枠4番ムーンクレスト
3枠5番ヒラボクラターシュ
3枠6番クインズサターン
4枠7番ナムラアラシ
4枠8番グレイトパール
5枠9番コパノチャーリー
5枠10番ヒロブレイブ
6枠11番ストライクイーグル
6枠12番リーゼントロック
7枠13番コスモカナディアン
7枠14番サンライズソア
8枠15番ラインルーフ
8枠16番ウェスタールンド

【シリウスステークス2018】オッズ

1番人気グレイトパール         3.0
2番人気サンライズソア         5.5
3番人気ミキノトランペット   6.0
4番人気オメガパフューム      6.6
5番人気ラインルーフ            9.0
6番人気ウェスタールンド     12.5
7番人気クインズサターン     14.4
8番人気ヒラボクラターシュ  19.4
9番人気ナムラアラシ           34.5

【シリウスステークス2018】コース分析(阪神芝2000m)

スタート地点は芝内回りコースの4コーナーのポケット。

最大で芝の上を78m通ってダートコースに入る。

あとは、ダート1800mと同じルートを通り、

グルリと1周。

最後の直線距離は352.5m。

残り200mが急坂となっている。

芝スタートであることと、

しばらく平坦部分を走れることから、

前半3ハロンは阪神ダート1800mよりも

速くなっている。

平均は各クラスとも35~36秒台。

1~2コーナーに入るとペースが落ち着き、

向正面も比較的ゆったりした流れ。

しかし、この中盤の4ハロンは

クラスが上がるほど厳しくなる。

そして後半は一気のスパート。

ラスト600mで速い上がりを出せる馬が

上位入線しやすく、決め手がある馬が有利だ。

もちろんスタミナも問われる。

脚質的には阪神ダート1800mよりも

さらに逃げ馬の成績が落ちるが、

その代わりマクリが決まりにくくなっている。

基本は先行策。差し、追い込みは回収率が低く、

力がある人気馬を中心に考えたい。

枠順は1枠の成績が極端に悪い。

2枠も今一つで内枠はマイナス材料。

好走枠→外枠(勝率:10.4%)(複勝率:24.8%)

好走脚質→先行(勝率:16.5%)(複勝率:42.6%)

 

【シリウスステークス2018】有力馬分析

<オメガパフューム>

古馬混合のオープン・準オープンはここまで、

1800メートル以上では3歳馬が2戦2勝。

今年の3歳はレベルが高い。

JpnⅠジャパンダートダービー2着の

オメガパフュームはその代表の一頭。

青竜Sは出遅れと、マイルが少し忙しかった印象。

2000メートルあれば力は存分に出せる。

阪神に実績もある。

帰厩後の乗り込みも入念。久々でも。

 

<グレイトパール>

前走、ダートで初めて土がついたグレイトパール。

4角で包まれはしたが、最後の伸びもジリジリ。

長欠明けで8キロ増だった

前々走から更に8キロ増。

気配は悪くなかったが、少し太かったか。

時計からも力を出し切れていないのは明らか。

評価を下げるには至らない。

レースを開けて立て直し、仕上がり良好。

重賞2勝の力を見直す。

 

<サンライズソア>

今年の平安Sでグレイトパールを

下したのがサンライズソア。

前々走の大敗は、出遅れて流れに乗れなかったもの。

前で流れに乗れば渋太く、

重賞2勝はともに逃げ切り。

自分の形に持ち込めれば大崩れはしない。

2000メートルはJpnⅠ2着の距離。

1角まで距離のある阪神なら先行しやすそう。

久々はダートで③②着。鉄砲巧者だ。

 

<ヒラボクラターシュ>

格上挑戦だったレパードSで

外々を回りながら勝ち馬をクビ差まで追い詰め、

前走では古馬相手にオープンで完勝。

強い3歳の一角だ。

周りを気にするようで、

4走前は揉まれ込んで力を出せなかった。

今回も外目スンナリの条件はつくが、

行きたがらないので距離はこなしそう。

使われてきた強みもある。

 

<ミキノトランペット>

昨秋の休養で大幅に馬体増。

先行力も出て、以降の7戦すべてで3着以内。

本格化した。阪神では連対がないが、

ほとんどが昨秋以前。

右回りも直線の急坂もこなすし、

コース替わりを割り引く必要はない。

帰厩後の攻めは少なめだが、動きはしっかり。

状態は悪くなさそう。

昇級戦ならハンデの恩恵もありそう。

 

<ヨシオ>

オープンではまだ勝ち鞍はないが、

この6月から短い期間に5走して②④②③③着。

安定した先行力を武器に堅実に

上位争いに加わってきた。

前走の最後の脚を見ると、

坂のあるコースの2000メートルは気になるが、

マーキュリーC2着が示す通り

2000メートル自体はこなす距離。

近場の阪神でやれるのもプラス材料。

引き続き注意。

 

<ラインルーフ>

芝では結果が出なかったが、

ダートに戻した前走が8馬身差の圧勝。

昨年10月半ばから調整をポリトラック主体に替え、

ほどなく先行力が戻り、

ダートでは実に安定した成績を残してきた。

帰厩後も同様の調整で、追う毎に良化を辿ってきた。

休養前の走りをそのまま信頼できそう。

3戦3勝の阪神で重賞勝ちを狙う。

 

【シリウスステークス2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ0902
好位15140405
中位一団
後方0710

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇08グレイトパール
▲06クインズサターン
☆16ウェスタールンド
△03071014

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走は強い内容で勝っており、

同じ競馬をできれば

今回も十分勝負になる。

阪神ダートでも3戦3勝。

実績上位馬を脅かす力はある。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク