Pocket

今回は、オールカマー2018最終予想と

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(中山芝2200m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中山3週目は日曜メインに天皇賞・秋の前哨戦、

オールカマー2018が行われる。

今年は現4歳のダービー馬、レイデオロ

皐月賞馬、アルアインが参戦を決め、

例年以上の盛り上がりを見せている。

今年はどの馬が産経賞オールカマー2018

制するのか、

ここでは、展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(中山芝2200m)

書いていきます。

 

その前に、オールカマー2018について

他にも記事を

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【オールカマー2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

【オールカマー2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬
それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【オールカマー2018】枠順

1枠1番アルアイン
2枠2番ダンビュライト
3枠3番ガンコ
4枠4番マイネルミラノ
5枠5番ブライトバローズ
5枠6番ショウナンバッハ
6枠7番レイデオロ
6枠8番ゴールドアクター
7枠9番ミライヘノツバサ
7枠10番ブラックバゴ
8枠11番エアアンセム
8枠12番マイネルフロスト

 

【オールカマー2018】オッズ

1番人気レイデオロ             2.3
2番人気ダンビュライト       3.6
3番人気アルアイン             5.3
4番人気ガンコ                   7.7
5番人気ゴールドアクター   14.9
6番人気エアアンセム         15.2
7番人気ミライヘノツバサ   25.3
8番人気バラックバゴ         28.3
9番人気ショウナンバッハ   71.5

 

【オールカマー2018】コース分析(中山芝2200m)

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた

ホームストレッチの右端。

芝2000mのスタート地点から

少し右に移動したところからの発走となる。

最初の1コーナーまでの距離は約432m(Aコース時)。

そこから外回りコースを使うため、

2コーナーまでは直線に近い緩やかなカーブ。

向正面の山の頂上から3~4コーナー中間までも、

非常に緩やかなカーブを通ることになり、

スピードに乗りやすい。

最後の直線距離は310mと、

中央4場の中では最短。

なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。

前半3ハロンの時計は逃げ馬の動向次第で、

レースにより大きく変わる。

しかし、平均すると3歳以上の重賞でも36秒台の数字。

芝2000mとほぼ同じイメージで、

序盤はスローから平均ペースで流れる。

ただ、その後は大きくペースダウンする個所はない。

外回りコース使用により、直線部分を走る距離が長いため、

自然とペースが上がる。

単純な直線だけの上がり勝負にはなりにくく、

ロングスパートの競馬になりやすい。

内回りコースを使用する芝1800mや

芝2000mでは器用さが必要だったが、

当コースではそれよりも末脚の持続力が問われる。

後半3ハロンはクラスによる大きな差はない。

したがって、上のクラスへ行くほど、

中盤の5ハロンの流れが厳しくなる。

脚質的には先行馬が有利。

外回りコース使用とはいえ、

最後の直線の短さは変わりないので、

3~4コーナー中間までにある程度の

位置につけている必要がある。

枠順の有利・不利はさほどない。

好走枠→中枠(勝率:7.9%)(複勝率:23.5%)

好走脚質→先行(勝率:13.7%)(複勝率:38.0%)

 

【セントウルステークス2018】有力馬分析

<アルアイン>

同期の皐月賞馬アルアインは

日本ダービーで5着に敗れて

レイデオロと1勝1敗。

年明けの京都記念でクビ差先着して、

対戦成績を勝ち越した。

大阪杯はスワーヴリチャードの3着。

こちらも海外遠征帰り緒戦になるが、

札幌競馬場で調整を続けたあと帰厩し、

坂路にプールを併用して態勢は整っている。

休み明け①②②着。

中山2200メートルの

セントライト記念で2着していて、

条件は悪くない。

 

<エアアンセム>

昨年1年1カ月ぶりに復帰し、

着実に上昇を辿ってきた。

エプソムCは後退した馬のアオリを受け、

位置取りを悪くしながら5着。

函館記念ではうまい立ち回りを見せ、

7歳にして嬉しい重賞初制覇となった。

休養が長かった分、良化の余地は十分。

 

<ガンコ>

芝路線に転じて、

中山では日経賞に優勝している。

天皇賞(春)は行きたがる面を見せ

4角先頭から大きく失速。

初距離の影響と、

連戦の疲れが出ていたフシもある。

休養はプラスに働きそう。

安定した先行力があり、

この距離なら見せ場以上を。

 

<ゴールドアクター>

7カ月ぶりのアメリカJCCで大敗したあと、

大阪杯でも体調が戻らなかった。

休養して馬体回復は見込める。

一昨年、当レースの勝ち馬であり、

前年には有馬記念に優勝。

得意の中山で復活を期待したい。

 

<ダンビュライト>

昨年の三冠③⑥⑤着。

上記2頭に分が悪いが、

中山2200メートルのアメリカJCCに優勝している。

大阪杯は6着。香港戦は5着アルアインと0秒5差。

宝塚記念5着のあと休養に入った。

先週、坂路でブラックスピネルと併せて

一杯の追い切りを消化し、

帰国後1戦している分のアドバンテージはありそう。

 

<レイデオロ>

昨年の日本ダービー馬レイデオロが復帰する。

海外初遠征となったドバイシーマクラシックのあと

間隔が開いたが、同じ週の神戸新聞杯から

始動した昨年は8月27日に初時計。

今年は8月24日から時計を出し、

調教量は足りている。

ルメール騎手の騎乗停止で乗り替わりとなった

京都記念で掛かってゴール前失速。

超スローの前走でも動くに動けず、

前残りの流れに泣かされたが、

諦めずに末を伸ばした内容は悪くない。

神戸新聞杯を勝った時点で6戦5勝。

ジャパンCでは勝ったシュヴァルグランに

最高のレースをされたが、

キタサンブラックに先着を果たして連対確保は立派。

次へつなげるためにもまずはここで勝ち負けを。

 

 

【オールカマー2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ04
好位030212
中位07一団
後方06

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇08ゴールドアクター
▲11エアアンセム
☆03ガンコ
穴10ブラックバゴ
注09ミライヘノツバサ
△01040607

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

動きも良く、仕上がりはいい。

長くいい脚を使うので

少し早めに仕掛ければ

チャンスはある。

<買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴注-印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク