Pocket

今回は、オールカマー2018の予想と

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中山3週目は日曜メインに天皇賞・秋の前哨戦、

オールカマー2018が行われる。

今年は現4歳のダービー馬、レイデオロ

皐月賞馬、アルアインが参戦を決め、

例年以上の盛り上がりを見せている。

今年はどの馬が産経賞オールカマー2018

制するのか、

ここでは、過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探っていきます。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【オールカマー2018】予想オッズ

1番人気レイデオロ              2.1
2番人気アルアイン              3.4
3番人気ダンビュライト        4.0
4番人気ガンコ                    6.6
5番人気エアアンセム          14.3
6番人気ミライヘノツバサ    22.4
7番人気ゴールドアクター    34.9
8番人気ブラックパゴ          44.6
9番人気ショウナンバッハ   101.2

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【オールカマー2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

【人気別】

1番人気   【3.4.1.2】
2番人気   【2.1.2.5】
3番人気   【2.1.1.6】
4番人気   【0.1.0.9】
5番人気   【2.0.0.8】
6番人気   【0.2.3.5】
7番人気   【0.1.1.8】
8番人気   【0.0.1.9】
9番人気   【1.0.0.9】
10番人気 【0.0.0.9】
11番人気 【0.0.0.8】
12番人気 【0.0.1.7】
13番人気 【0.0.0.7】

2008年以降、1番人気は【3.4.1.2】と、

安定した成績を残している。

2番人気も【2.1.2.5】というマズマズの成績で、

1番人気が4着以下に敗れた年は、

いずれも2番人気が勝利を収めている。

ただし、1~2番人気のワンツー決着はゼロなので、

そのあたりには注意が必要。

注目すべきは5~9番人気の活躍で、

毎年のように馬券に絡んでいる。

また、穴の中山巧者に要注意!

穴で多いのが中山巧者で

コース実績は注視したい。

2ケタ人気は非常に厳しく、

14年3着のクリールカイザー1頭。

その時点で中山コース4勝を持っていた。

 

【枠順別】

1枠 【0.2.0.12】
2枠 【1.2.2.11】
3枠 【1.3.2.11】
4枠 【0.1.1.15】
5枠 【2.1.4.11】
6枠 【2.1.1.14】
7枠 【3.0.0.17】
8枠 【1.0.0.21】

スタンド前からのスタートで

すぐに急坂があるためか、

スタートダッシュに失敗した場合に

リカバリーするのが難しい外枠は不利。

とくに8枠は過去に

一度しか馬券に絡んでおらず、

割り引きが必要。

なお、内枠有利といっても、

1枠は包まれる危険があるためか、

成績がよくないので買いにくい。

狙い目は期待値が高い3~6枠で、

おしなべて水準以上の好成績。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.1.0.9】
先行馬 【7.3.3.23】
差し馬 【2.6.7.35】
追込馬 【0.0.0.44】

<上がり3F>

1位   【4.1.1.6】
2位   【0.2.2.6】
3位   【3.1.1.8】
~5位【0.2.5.13】
6位~【3.4.1.78】

<4角位置別>

4角1番手    【1.2.0.7】
2番手以内   【4.2.0.17】
3番手以内   【7.4.2.23】
4番手以内   【8.4.3.30】
5番手以内   【8.6.5.38】
7番手以内   【8.10.9.50】
10番手以内 【10.10.10.75】

2番手以下   【9.8.10.104】
3番手以下   【6.8.10.94】
4番手以下   【3.6.8.88】
5番手以下   【2.6.7.81】
7番手以下   【2.0.3.66】
10番手以下 【0.0.0.43】
13番手以下 【0.0.0.26】
16番手以下 【0.0.0.4】

脚質面は、「先行優勢」。

2008年以降、4角10番手以下から

馬券絡みを果たした馬はゼロ。

追い込み馬は不利。

信頼度の面でも回収率の面でも、

4角5番手以内で回った先行勢が優秀で、

少なくとも4コーナーまでに

中団のポジションには取り付いていたい。

軸馬を選ぶ時は、

ある程度前のポジションを

取れる馬から選ぶ方が良い。

 

【斤量別】

56.0㎏【3.4.4.56】
59.0㎏【2.2.0.0】
55.0㎏【2.1.0.2】
58.0㎏【2.0.0.4】
57.0㎏【1.2.6.40】

 

【年齢別】

3歳  【0.0.0.1】
4歳  【2.3.2.15】
5歳  【4.3.5.37】
6歳  【3.4.1.24】
7歳  【1.0.2.17】
8歳  【0.0.0.11】
9歳  【0.0.0.6】
10歳【0.0.0.1】

過去10年、5歳馬が4勝、6歳馬3勝、

4歳馬2勝、7歳馬1勝と

勝ち馬が出ているのは4世代。

最も多く勝っている5歳馬だが、

出走回数も多く、勝率、連対率では

4歳と6歳がリードしている。

7歳以上は馬券絡みがグッと減り、

8歳以上は過去10年1度も馬券絡みがない。

 

【前走別】

<レース別>

宝塚記念組       【3.4.1.6】
札幌記念組       【2.0.1.11】
ヴィクトリア組 【1.1.0.1】
七夕賞組          【1.1.0.2】
天皇賞(春)組 【1.1.0.3】

<距離別>

2000m組 【5.2.4.56】
2200m組 【3.4.2.10】
1600m組 【1.2.0.6】
3200m組 【1.1.0.3】
1200m組 【0.1.0.0】

◆同距離【3.4.2.10】
◆延長   【6.5.5.70】
◆短縮   【1.1.3.31】

<間隔別>

中10週以上組 【8.8.5.40】
中4週組         【2.0.1.15】
中3週組         【0.1.2.7】
中6週組         【0.1.2.8】
中7週組         【0.0.0.2】

秋のG1を睨んだ一戦とあって、

前走の格はかなり重要。

3着が2回ある札幌日経オープン以外は

全て重賞レースで、

更にG1から休養に入り、

ここを秋初戦と定めてきた

馬の好走が非常に多い。

ダントツの成績が良いのは、宝塚記念組。

昨年は出走馬がいなかったが、

ほぼ毎年のように馬券に絡んでいる。

特に直近のG1宝塚記念組は

【3.4.1.6】と半数以上が

馬券に絡んでいる。

次に成績がいいのが、

2勝の札幌記念組と、

連対率40%の天皇賞・春組。

札幌記念組は2014年以降出走馬が

出ていなかったが、昨年久々に参戦。

3頭が出走して4着が最高だった。

出てこなかった期間はあるものの、

2012年以降は馬券に一度も

絡んでいないのは気になるところ。

天皇賞・春組は出走数こそ少ないが、

過去に5頭が出走して2連対。

さらに宝塚記念と札幌記念、

天皇賞・春以外のステップレースを見ると、

オープン特別組の好走はあるが、

条件戦からの台頭はない。

ほとんどはGIを含む重賞組で、、

サマー2000シリーズだけでなく、

目黒記念や新潟大賞典、など、

春競馬のハンデ重賞から

好走馬が出ているのも特徴のひとつ。

 

<前走着順>

前走1着     【1.2.2.16】
前走2着     【1.0.2.14】
前走3着     【2.0.1.3】
前走4着     【0.2.2.7】
前走5着     【1.1.3.10】
前走6~9着【2.3.0.28】
前走10着~【3.2.0.34】

過去10年で前走から

連勝を果たしたのは

11年アーネストリーただ1頭。

2着馬も勝ったのは

08年マツリダゴッホのみで、

好走の勢いは不要。

半数の5頭が前走6着以下からの巻き返しだが、

4頭は重賞ウイナー。

2着5頭も全て重賞ウイナーで、

相応の地力を持つ馬は

前走着順は気にしなくていい。

 

 

【オールカマー2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、オールカマー2018

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探ってきました。

その中で、狙ってみたい馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走は大敗したが、

過去には、

そこからの巻き返しもある。

この馬は、平坦よりタフな馬場向き。

また、中山重賞も勝っており、

コース替わりはプラス材料。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク