Pocket

今回は、エルムステークス2018無料予想と

馬券買い方・買い目と

有力馬分析・コース分析(札幌ダート1700m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

3週目を迎える札幌開催では、

日曜メインに

ダートのGⅢエルムステークスが行われる。

今年の札幌のダートコースは

例年よりも時計が速く、

良馬場でもスピードが要求される決着が続出。

今年も速い流れへの

対応力が鍵になりそうだ。

今年はどの馬が

エルムステークス2018を制するのか

ここでは、無料予想と

馬券買い方・買い目と

有力馬分析・コース分析(札幌ダート1700m)

書いていきます。

 

その前に、エルムステークス2018について

他にも記事を

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【エルムステークス2018無料予想】出走馬の調教・最終追い切り分析・評価から買える馬

【エルムステークス2018無料予想】データ分析・過去10年の傾向とデータから買える馬

 

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【エルムステークス2018】枠順

1枠1番リッカルド
2枠2番ドリームキラリ
3枠3番ミツバ
3枠4番アンジュデジール
4枠5番ノーブルサターン
4枠6番リーゼントロック
5枠7番アルタイル
5枠8番ハイランドピーク
6枠9番ロンドンタウン
6枠10番メイショウスミトモ
7枠11番ディアデルレイ
7枠12番ブラゾンドゥリス
8枠13番モルトベーネ
8枠14番モンドグラッセ

 

【エルムステークス2018】オッズ

1番人気ミツバ4.0
2番人気リッカルド4.9
3番人気ハイランドピーク5.5
4番人気ドリームキラリ5.7
5番人気ロンドンタウン10.0
6番人気リーゼントロック13.1
7番人気アンジュデジール13.5
8番人気ノーブルサターン19.5
9番人気ディアデルレイ22.1

 

【エルムステークス2018】コース分析(札幌ダート1700m)

スタート地点は正面スタンド前直線右。

ダートコースを1周強回る。

最初の1コーナーまでの

距離は約240m。

札幌のダートコースは高低差が

ほとんどないのが特徴。

ローカルの競馬場は、

一般的に平坦コースと言われているが、

実際にはコース全体で高低差が少しある。

その中でも札幌のダートコースの

高低差は0.9mと、

JRA全10場の中で

新潟ダートコース(0.5m)に次いで

2番目に少ない。

加えて、コース全体が丸みを帯びており、

コーナーが大回りで

直線部分が短いという特徴がある。

よって、3~4コーナーは

かなり緩やかなカーブ。

最後の直線距離は264m。

3歳以上重賞の水準ラップと

勝ち時計はG3のエルムSを対象。

高低差が少なく、コーナーのカーブが

緩いコースらしく、

全体的に速い時計が出る。

スタート後の500mはかなり速い。

向正面に入ってもペースはあまり落ちず、

そのあともゴールまで一定の速いペースで推移。

スローペースの上がり勝負には

ほとんどならない。

スピードの持続力に長け、

ダートの高速決着に対応できる

スピードタイプの馬でないと苦しい。

札幌ダートの主力条件で、

重賞以外のクラスでも

多くのレースが組まれている。

脚質は好位につけられる

先行馬が最も有利。

逃げ馬も悪くない。

差し馬はコーナーでマクリ、

4コーナー出口までに好位に

押し上げられるタイプでないと

なかなか勝てない。

枠順の有利・不利はあまりない。

好走脚質→先行(勝率:20.7%)(複勝率:53.1%)

 

【エルムステークス2018】有力馬分析

<アルタイル>

成績に波があるタイプ。

要は気持ちの問題ということになるだろう。

ここ2回の休養明けは、

③→⑧着、④→⑦着だから、

レースを叩かれるよりも、

むしろ、久々の方が結果を出している。

その意味でも、放牧明けの

今回こそが狙い目と言えるかも。

 

<アンジュデジール>

目下、交流重賞を連勝中。

牝馬苦戦の重賞とはいえ、

今の勢いをそう軽くも扱えないだろう。

前走は逃げ切りだったが、

流れに応じて器用に立ち回れるタイプ。

小回り1700メートルという

条件も悪くないはずだ。

 

<ドリームキラリ>

昨年のこのレースに出走、

2着のテイエムジンソクからは

ハナの差で粘り込んでみせた。

プロキオンSは行き切れずに苦しい展開。

それでも6着と大崩れしなかったのは、

確かな成長の証だろう。

それでも同型の存在が

気になるのは事実だが、

注文通りの競馬なら押し切りまである。

 

<ハイランドピーク>

マリーンS組では最先着の

ハイランドピークがやはり有力。

ここまで13戦して9連対、

芝の新馬戦と出遅れたマーチSを

除けばすべて4着以内という成績から、

まだまだ奥がありそうだ。

4歳優勢のデータもある。

ただ、ハナ候補が他にもおり、

ここは展開が鍵に。

 

<ミツバ>

盛岡のマーキュリーCで

連覇を飾ったミツバ。

早目の進出で4角2番手から

後続を突き放し、

最後は逃げ込みを狙う

ヨシオをキッチリと捉えてみせた。

もともとJBCクラシックでも3着に

健闘している実力馬だが、

ここにきて安定感もグンとアップ。

札幌1700メートルでは3戦して

②①③着に駆けているので、

前走からの距離短縮にも不安はない。

中央でもいよいよ重賞の

タイトルに手が届きそうだ。

 

<モルトベーネ>

7カ月ぶりの実戦になるし、

休養前の東海Sでは3着とはいえ、

前2頭には大きく離されていたから、

決して楽な状況ではない。

ただ、重賞初制覇となった

アンタレスSでは前記ロンドンタウンを

2馬身突き放しての勝利。

立ち直ってくれば、

差のない競馬に持ち込めるはず。

 

<ロンドンタウン>

昨年のこのレースの覇者。

返す刀で韓国のコリアCも

連勝してみせた。

その後は強敵相手に苦しんだが、

ここ2戦はGⅢレベルでは

それなりに格好をつけている。

レース間隔は開いたが、

昨年も3カ月ぶりの実戦だったし、

その時に負かした相手がテイエムジンソク。

連覇の可能性は十分にあるだろう。

 

 

【エルムステークス2018】無料予想・馬券買い方・買い目

<展開予想>

ペース:ハイ
逃げ020806
好位12110501
中位09130403
後方071410

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇11ディアデルレイ
▲02ドリームキラリ
☆01リッカルド
穴12ブラゾンドゥリス
△03040507080913

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走はしっかりと脚を使い、

収穫のある内容。

充実してきているし

ここ一連のデキは維持できているとみていい。

<買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴-印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク