Pocket

今回は、エプソムカップ2019の血統予想、

過去データの種牡馬成績・有力馬の血統分析から

狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

今週日曜日に東京競馬場メイン競争はGⅢエプソムカップ

春GⅠのはざまにあるので、盛り上がりはそれほどでもない。

ただ、ここをステップに一流馬へ

駆け上がった馬にいるので、

秋以降のGⅠに向けて重要な一戦ではある。

今年は秋の大レースで活躍する馬が現れるのか!?

ここでは、エプソムカップ2019の血統予想、

過去データ・コース(東京芝1800m)の

血統分析から狙える馬

探っていきたいと思います。

また、エプソムカップ2019の
過去データの傾向と対策│データ分析(10年)
記事も書いているので読んで見てください。

【エプソムカップ2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬と参考レース動画

【エプソムカップ2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬と参考レース動画

【ビビりますよ!?100%保証対象です!】

注意書きはあるのでサイト(SWITCH)
まず確認してほしいですが、
もしSWITCHからの情報を利用して、
指定期間内に利益未獲得となった場合は
”全額保証対応”する!

ということだそうです…。

こんな自信、かつて見たことありますか?

競馬情報サイトはかなりの数ありますが
ここまで自信をもって情報を出している
サイトは他にないといってもいいでしょう。

この機会に今まで信じていた情報を見直す必要がある!

と私は考えます。

実際、近走も帯封決着をはじめ
数々の高額配当を出しているからこそ、
この言葉にも更に信憑性が湧くというものです。


なんにせよ、無料で入会できるメリットそして、
情報で利益未獲得となった場合は
100%全額保証なので
これは登録しない意味がわかりませんね(笑)

恐らくこの先SWITCH
競馬情報サイトを
引っ張っていくんだろうなと思いますし、
この機会に是非体感してみてはいかがでしょうか?

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。

今週の注目レース
▼エプソムカップ▼

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!

【エプソムカップ2019血統予想】過去データの種牡馬成績・有力馬の血統分析から狙える馬

エプソムカップ2019血統予想<過去データの種牡馬成績>

まず一目置かなくてはならないのが
ディープインパクト産駒で、
過去10年で4勝。
出走頭数もそれなりに多いが、
連対馬6頭は全て2番人気以内で、
人気の有無である程度の取捨はできる。
複数回馬券に絡んでいる種牡馬を見ると、
ダンスインザダーク、マンハッタンカフェ、
ホワイトマズル、サンデーサイレンスと産駒が少なくなった、
もしくはもういない種牡馬で、
今後ダイワメジャー、ハーツクライ産駒あたりが
どれだけ走ってくるか注目される。

エプソムカップ2019血統予想<有力馬の血統分析>

<アップクォーク>

パワーと持久力に特化した中距離馬。
過去5年で2着馬が2頭出ているダンジグ系×SS系配合で、
ボールドルーラーのクロスを持っており、
レース適性は抜群。好勝負必須。

<サラキア>

母方は欧州ND系が強調された血統構成で、
スピード能力に加え豊富なスタミナも秘める。
瞬発力には欠けるがいい脚を長く使えるタイプで、
1800m戦は向いている。
祖母の父がダンジグ系も高いポイント。

<ソウルスターリング>

日本の馬場に適応できているのは、
父譲りの類まれなスピードゆえで、
優れたスピードの持続力は魅力十分。
コース適正は高いが、配合的には推せない。
父の産駒の牝馬は早熟傾向にある印象で、
3歳時の走りも期待しづらい。

<プロディガルサン>

言わずと知れたディープ×Storm Catのニックス配合らしく、
スピードの持続力に優れた中距離馬。
広いコースの1800m戦がベスト配合で、
舞台は申し分ない。
GⅠを制した兄弟ほど能力なくとも、
GⅢには十分手が届く。

<ミッキースワロー>

スピードの持続力に特化した配合で、
瞬発力はないが、中距離での持久力勝負が向いている。
非根幹距離向きのタイプだが、1800mは短い印象。
東京の速い馬場もベストではないし、
配合的にも強調できない。

<レイエンダ>

スピードとパワーに優れ、距離は中距離がベストだろう。
スピード能力の高さを含め、
レース傾向に合ったキャラクターだが、
配合には強調材料はない。
けがの影響がポテンシャルを生かし切れていない。

【エプソムカップ2019血統予想】過去データの種牡馬成績・有力馬の血統分析から狙える馬まとめ

今回、エプソムカップ2019血統予想、

過去データの種牡馬成績・有力馬の血統分析

から狙える馬を探ってきました。

その中から狙える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬は→人気ブログランキングへ

1800mのスペシャリストで
適性は文句なし。

『血統』を知らずして予想を出せるか!?

1982年~2015年まで中央現場記者が
当時の話を語る。

証拠❞は読めばわかる!!

■■血統と競馬の関係を毎週無料で提供■■

>>無料登録はこちら!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━

血統理論こそが競馬を支配する最強の理論!!

「競馬はブラッドスポーツ」という
有名な格言(提言)がありますが、
やはり競馬を語る上で避けて通れないのが血統です。

いまから走るこの馬の父はどんな馬か?
母はどんな産駒を産んでいるのか、
母の父はどんな馬だったのかなどなど。
すべては先祖から脈々と受け継いて来た競走馬の
特徴、DNA、その力を可視化して
レースの予想に役立てようというのが血統理論の根幹です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

競馬には様々なカテゴリーがありますが
それらの得手不得手を見分ける指標として血統があります。

・芝専用血統
・ダート専用血統
・芝ダート兼用血統
・短距離専用血統
・長距離専用血統
・オールマイティ血統

というように父系、母系の血脈から受け継がれる
DNAはそのままその馬自身の得意分野に反映されます。

またこれに加え、その血統がヨーロッパ系なのか?
アメリカ系なのか?はたまた品種改良を
重ねた日本国内血統なのか?

その種牡馬の出自もまた血統分析には欠かせない要素で、
これらの要素を馬券の予想に
組み入れる競技は競馬しかありません。

例をあげるのであれば
・芝は走るがダートは空っきしなのがディープインパクト産駒
・距離の長短、芝、ダートとオールマイティにこなすキングカメハメハ産駒
・ヨーロッパでは絶対的な強さを誇るが日本の高速芝が合わないサドラーズウェルズ系血統
・何故か中山が得意なステイゴールド系血統

などなど。競馬初心者の方々は
「前走2着だから今度は1着だろう」というような
安易な発想は怪我の元です。
前走が芝で2着、今回は初ダート。
これでは前走2着の価値は
今回のレースでは何の意味も持ちません。

いま目の前にいるサラブレッドの
顕在・潜在能力を推し量るのが血統理論です。
いわばまだレースを走っていない馬でも
しっかりと血統を辿っていき、
毛色などの馬体の特徴、
性格などと照らし合わせてみれば
ある程度の能力が推し量れる便利な理論でもあります。

競馬新聞で着順を見ることも大事ですが、
馬柱の馬名の両サイドにある
「父と母の名前」こそがそのレースへの
適性の指標と考えるのが
血統ウィナーズのコンセプトです。

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください!!

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク