Pocket

今回は、きさらぎ賞2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

京都の日曜メインはきさらぎ賞

過去10年の勝ち馬ではクラシックホースこそ

2016年サトノダイヤモンド(菊花賞1着、ダービー2着、皐月賞3着)しかいないが、

2009年リーチザクラウン(ダービー2着)、

2012年ワールドエース(皐月賞2着)、

2015年ルージュバック(オークス2着)が活躍。

さらに2011年3着のオルフェーヴルは三冠馬になっており、

今後の3歳戦線においても今年も注目の一戦となる。

今年のきさらぎ賞2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探っていきたいと思います。

 

 

【きさらぎ賞2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬

 

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【4.3.0.3】 40.0% 70.0% 70.0%
2番人気 【1.3.4.2】 10.0% 40.0% 80.0%
3番人気 【1.0.2.7】 10.0% 10.0% 30.0%
4番人気 【1.2.0.7】 10.0% 30.0% 30.0%
5番人気 【1.1.1.7】 10.0% 20.0% 30.0%
6番人気 【2.0.2.6】 20.0% 20.0% 40.0%
7番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
8番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 【0.0.0.7】 0.0% 0.0% 0.0%

フルゲートになったことがなく、
2011年以降は出走頭数が11頭を超えたことがない。
少頭数ばかりということもあり、
人気馬ばかりが好走しているように思えるが、
2011年(12頭立て)は8人気が3着、
2013年(8頭立て)は6人気と5人気のワンツー、
2014年(9頭立て)は6人気が3着、
一昨年(8頭立て)は6人気が1着、
昨年(10頭立て)にしても1着は4人気、3着は5人気。
出走頭数が少なくても穴人気が馬券圏内に
くることはよくあるので、
安易に人気馬同士の馬券を買うのは危険。
ただ、上位人気を見ると、1人気は4勝、連対率と複勝率はともに70%、
2人気は過去10年で1勝も複勝率が80%で、
両方が馬券圏外に沈むことはほぼない。
逆に3人気は勝率、連対率ともに10%、複勝率も30%とやや不調。

 

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
2枠 【1.2.0.7】 10.0% 30.0% 30.0%
3枠 【3.1.2.4】 30.0% 40.0% 60.0%
4枠 【0.1.3.7】 0.0% 9.1% 36.4%
5枠 【1.2.0.9】 8.3% 25.0% 25.0%
6枠 【1.1.0.11】 7.7% 15.4% 15.4%
7枠 【2.1.3.9】 13.3% 20.0% 40.0%
8枠 【1.1.2.13】 5.9% 11.8% 23.5%

最初のコーナー進入までの距離が約900mもある、
かなり特殊なコース形態であるゆえに、
枠順による有利・不利は小さめ。
枠順別成績を見てもわかるように、
大きな偏りはないものと差し支えない。
ただし近年の傾向を見ると、
4番人気以下の好走馬は1~4枠が大半を占めている。
人気薄の場合は、ロスなく立ち回れる
内枠の馬を優先したほうがいいだろう。

 

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【2.3.0.5】 20.0% 50.0% 50.0%
先行 【5.2.2.27】 13.9% 19.4% 25.0%
差し 【3.1.5.15】 12.5% 16.7% 37.5%
追い込み 【0.4.3.20】 0.0% 14.8% 25.9%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【4.3.3.0】 40.0% 70.0% 100.0%
2位 【3.4.1.4】 25.0% 58.3% 66.7%
3位 【3.0.4.3】 30.0% 30.0% 70.0%
~5位 【0.1.2.16】 0.0% 5.3% 15.8%
6位~ 【0.2.0.44】 0.0% 4.3% 4.3%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【2.3.0.5】 20.0% 50.0% 50.0%
2番手以内 【3.4.1.19】 11.1% 25.9% 29.6%
3番手以内 【5.5..1.22】 15.2% 30.3% 33.3%
4番手以内 【7.5.2.32】 15.2% 26.1% 30.4%
5番手以内 【8.5.3.40】 14.3% 23.2% 28.6%
7番手以内 【9.6.9.49】 12.3% 20.5% 32.9%
10番手以内 【10.8.10.63】 11.0% 19.8% 30.8%
2番手以下 【8.7.10.62】 9.2% 17.2% 28.7%
3番手以下 【7.6.9.48】 10.0% 18.6% 31.4%
4番手以下 【5.5.9.45】 7.8% 15.6% 29.7%
5番手以下 【3.5.8.35】 5.9% 15.7% 29.7%
7番手以下 【2.4.4.23】 6.1% 18.2% 30.0%
10番手以下 【0.2.0.7】 0.0% 22.2% 22.2%

いずれの数値も逃げ馬がトップで、
2018年はサトノフェイバーが逃げ切り勝ちを収めたが、
先行や差しと比べても数値に大きな優劣は見られず、
脚質面における有利不利を結論付けるのは難しい。
前走の4角位置を調べてみると、
3着以内馬30頭のうち、4角5番手以内だった馬が20頭、
4角7番手以内にすると26頭だった。
前走の4角である程度の位置につけている馬が狙い目。
それよりも重視したいのは末脚。
2009年以降の3着以内馬の約7割が上がり3F順位3位以内。
上がり1位に限れば、複勝率は100%にまで跳ね上がる。
とにかく速い上がりを出せる馬が良い。

 

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
福寿草特別 【1.3.2.3】 11.1% 44.4% 66.7%
未勝利 【1.2.2.3】 12.5% 37.5% 62.5%
朝日杯FS 【1.0.2.4】 14.3% 14.3% 42.9%
シンザン記念 【1.0.1.4】 16.7% 16.7% 33.3%
新馬 【1.0.0.10】 9.1% 9.1% 9.1%
百日草特別 【1.0.0.0】 100.0% 100.0% 100.0%
ラジNIK 【1.0.0.2】 33.3% 33.3% 33.3%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2000m 【7.4.3.22】 % % %
1600m 【2.1.5.24】 % % %
1800m 【1.5.2.15】 % % %
2400m 【0.0.0.1】 % % %
10m 【0.0.0.2】 % % %

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中3週 【3.2.4.12】 14.3% 23.8% 42.9%
中5週 【2.1.1.7】 18.2% 27.3% 36.4%
中6週 【2.0.2.7】 18.2% 18.2% 36.4%
中10週以上 【2.0.1.8】 18.2% 18.2% 27.3%
中1週 【1.1.1.8】 9.1% 18.2% 27.3%

 

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【5.8.5.19】 13.5% 35.1% 48.6%
2着 【2.1.2.6】 18.2% 27.3% 45.5%
3着 【2.0.0.6】 25.0% 25.0% 25.0%
4着 【2.0.0.6】 0.0% 16.7% 16.7%
5着 【0.1.0.5】 0.0% 0.0% 0.0%
6~9着 【0.0.0.5】 4.8% 4.8% 14.3%
10着~ 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%

さまざまなレースから好走馬が出ている。
重賞組よりも500万組の好走が目立っている。
重賞組を見ると、
京都2歳S組の好走はOP特別時代でのもの。
朝日杯FS組は【1.0.2.4】で、
阪神施行になってからは【1.0.2.1】
(勝率25.0%、連対率25.0%、複勝率75.0%)と好調。
連軸としては微妙も、3連複や3連単マルチの軸としては頼りになる。
ちなみに、3歳未勝利組は1勝2着2回3着1回、
2歳未勝利組が3着2回と好走しているように、
未勝利勝ちしたばかりの馬でも通用するレース。

 

 

【きさらぎ賞2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、きさらぎ賞2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探ってきました。

その中でも、狙える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

パワー型の先行馬
今の時計の掛かる馬場なら
積極的に狙いたい。
キャリア●戦【4.4.0.9】。
デビューから新馬、500万と●●中は、
近5年で【2.2.0.0】と連対率100%。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク