Pocket

今回は、きさらぎ賞2019予想と

予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から

狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

京都の日曜メインはきさらぎ賞。

過去10年の勝ち馬ではクラシックホースこそ

2016年サトノダイヤモンド(菊花賞1着、ダービー2着、皐月賞3着)しかいないが、

2009年リーチザクラウン(ダービー2着)、

2012年ワールドエース(皐月賞2着)、

2015年ルージュバック(オークス2着)が活躍。

さらに2011年3着のオルフェーヴルは三冠馬になっており、

今後の3歳戦線においても今年も注目の一戦となる。

今年のきさらぎ賞2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、調教・最終追い切りから

狙える馬を探っていきたいと思います。

 

【きさらぎ賞2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

1.タガノディアマンテ

(前回) 12/5 栗E 良 強目に追う
→62.7 48.9 35.9 11.7 [4]

1/23 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.2 39.7 25.8 12.6

1/27 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 58.8 42.6 28.3 13.9

1/30 栗CW 良 末一杯追う
→84.5 67.7 52.5 38.5 12.2 [7]
ジョルジュサンク(古オープン)馬なりの内0.7秒追走同入

【最終追い切り評価】

長めから併せ馬を行い、
ラストもシャープな伸びを見せた。
引き続き好調だ。

 

2.エングレーバー

(前回) 12/31 栗CW 稍 馬なり余力
→69.6 53.2 37.6 11.6 [8]

1/24 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.6 39.7 25.7 12.5

1/30 栗P 良 末強目余力
→87.7 70.8 55.1 40.3 11.5 [8]
メイショウテツワン(古500万)強目の内0.4秒追走0.3秒先着

【最終追い切り評価】

ほぼ持ったまま加速して、
相手をねじ伏せる力強い動き。
出来に不安はない。

 

3.ヴァンドギャルド

(前回) 12/24 栗坂 稍 強目に追う
→1回 54.5 39.2 25.2 12.4

1/23 栗CW 良 馬なり余力
→80.6 65.1 51.0 37.5 12.2 [7]
カントル(三500万)稍一杯の内2.2秒追走0.2秒遅れ

1/29 栗坂 良 馬なり余力
→1回 63.1 45.5 29.6 14.4

1/30 栗坂 良 馬なり余力
→1回 53.9 38.5 24.8 12.4

【最終追い切り評価】

キビキビとしたフットワークで、
軽快な動き。前走時よりも気配が良化。

 

4.ダノンチェイサー

(前回) 11/28 栗CW 良 馬なり余力
→86.4 68.6 52.9 39.4 11.9 [8]

1/24 栗CW 良 一杯に追う
→81.9 66.4 52.0 38.4 12.1 [7]
サトノゲイル(古500万)一杯の内1.0秒追走0.4秒先着

1/27 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 56.5 40.8 26.1 12.8

1/30 栗CW 良 末強目追う
→84.5 68.3 53.0 38.3 11.8 [8]
ジャンダルム(古オープン)馬なりの外0.6秒先行同入

【最終追い切り評価】

仕掛けるとスッとギアを上げて
攻め駆けする相手と併入。
いい状態で臨める。

 

5.コパノマーティン

(前回) 1/23 栗CW 良 馬なり余力
→84.9 67.8 53.7 40.2 13.1 [5]

【最終追い切り評価】

疲れはなさそうだが、
脚さばき硬くて気配面はひと息。
見送りが賢明だろう。

 

6.ランスオブプラーナ

(前回) 1/17 栗CW 良 末一杯追う
→82.2 64.9 50.5 37.7 12.3 [9]

1/30 栗CW 良 一杯に追う
→66.6 51.2 37.7 12.9 [7]

【最終追い切り評価】

中1週でも軽快なフットワークで
自らハミを取って加速した。
疲れはなく順調。

 

7.アガラス

(前回) 11/14 美南W 良 馬なり余力
→68.8 53.0 39.0 13.0 [7]

1/23 美南W 良 G前仕掛け
→68.9 53.5 39.9 13.2 [6]
トーセンヴィータ(古500万)一杯の内0.7秒追走0.2秒先着

1/27 美南W 稍 強目に追う
→67.0 51.7 38.7 13.0 [5]
トーセンヴィータ(古500万)馬なりの内1.2秒追走0.4秒先着

1/30 美南W 良 馬なり余力
→68.8 54.1 40.2 12.6 [4]
スカテナート(三未勝)馬なりの内1.4秒追走同入

【最終追い切り評価】

推進力あふれるフォームで
ゴール過ぎてからも勢いは衰えず。
体の張りも抜群。

 

8.メイショウテンゲン

(前回) 12/26 栗CW 良 強目に追う
→85.4 68.9 53.6 39.2 12.2 [6]

1/20 栗坂 良 馬なり余力
→1回 60.5 43.9 28.7 14.3

1/24 栗CW 良 強目に追う
→82.4 66.6 52.2 38.2 12.2 [5]
メイショウアリソン(古1000万)馬なりの外を0.3秒先行5F付同入

1/30 栗CW 良 強目に追う
→87.4 70.7 53.9 39.9 12.0 [4]
メイショウアリソン(古1000万)馬なりの内を0.3秒追走5F併クビ遅れ

【最終追い切り評価】

ここ2週はしっかりと併せ馬を行い、
気合乗りも十分。
引き続き力を出せる。

 

 

【きさらぎ賞2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

今回は、きさらぎ賞2019予想、

出走馬の調教・最終追い切り

評価・分析から狙える馬を探ってきました。

その中で、調教・最終追い切り

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

日曜日に負荷をかけて、
直前も3頭併せで意欲的な
攻めを消化。
力強い脚捌きで迫力は満点。
毛づやも冴えており、
仕上がり良好。

スポンサーリンク