Pocket

今回は、NHKマイルカップ2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

6週連続GI開催の第2弾は、

3歳マイル王を決めるNHKマイルカップ。

純然たるマイル巧者だけでなく、

スプリント路線からの挑戦や、

オークスでは距離が長すぎると

判断された桜花賞組、

さらにはダービーをも狙う牡馬など、

バラエティーに富む顔触れが激突する一戦だ。

今年は明確にダービーを目指す馬は不在ながら、

重賞勝ち馬が8頭も出走予定。

直接対決が少なく、

力の比較も難しいだけに

馬券的な妙味もたっぷりある。

ここでは、過去10年の傾向から

データ分析し馬券のポイント

探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【NHKマイルカップ2018】予想オッズ

1番人気タワーオブロンドン    2.3
2番人気ギベオン                   5.8
3番人気テトラドラクマ          6.2
4番人気ケイアイノーテック    8.6
5番人気パクスアメリカーナ   10.5
6番人気カツジ                     11.6
7番人気ミスターメロディ      17.9
8番人気プリモシーン            18.1
9番人気ルーカス                  27.6

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【NHKマイルカップ2018】データ分析・過去10年の傾向

【人気別】

1番人気   【6.0.0.4】
2番人気   【1.2.1.6】
3番人気   【1.2.1.6】
4番人気   【0.1.1.8】
5番人気   【0.2.0.8】
6番人気   【0.1.1.8】
7番人気   【0.2.0.8】
8番人気   【0.0.1.9】
9番人気   【0.0.0.10】
10番人気 【2.0.0.8】
11番人気 【0.0.0.10】
12番人気 【0.0.2.8】
13番人気 【0.1.1.8】
14番人気 【0.0.1.9】
15番人気 【0.0.1.9】
16番人気 【0.0.0.10】
17番人気 【0.1.0.9】

2008年以降の平均配当はいずれも高水準。

かなり本命党泣かせのレースと言える。

しかし、人気別成績を検証すると、

1人気の成績は抜群。

勝率・連対率・複勝率はG1のなかでも

屈指とも言える信頼度の高さ。

単勝回収率は100%を大きく上回っており、

期待値の面でも申し分がない。

2014年の3連単68万馬券(1着)、

2012年の26万馬券(1着)、

2008年の11万馬券(1着)など、

荒れた時でも1人気は勝っているので、

荒れやすいGIだからといって

軽視するのは危険。

2人気は全体で見ると突出していないが、

ここ3年は2015年のミュゼスルタンが3着、

2016年のロードクエストが2着、

2017年のアエロリットが1着と

連続して馬券に絡んでおり、

今年も当然注目。

対照的に手を出しづらいのが、

4~9番人気の中穴ゾーン。

5番人気の連対率・複勝率・複勝回収率が

少し頑張っている程度で、

ほかの数値は総じて並以下。

穴馬でいえば、やはり10人気以下だろう。

昨年の2着馬リエロテソーロを筆頭に、

過去10年で9頭の馬が3着以内に入っている。

その9頭中5頭は前走がオープン以上の

中山芝1600m戦で3~7着、

2頭はオープン以上の

中山芝2000m戦で2ケタ着順だった。

 

【枠順別】

1枠 【0.2.2.16】
2枠 【2.0.1.17】
3枠 【1.2.1.16】
4枠 【2.0.0.18】
5枠 【2.1.1.16】
6枠 【0.0.3.17】
7枠 【2.2.1.25】
8枠 【1.3.1.25】

枠順別成績を検証すると、

内枠である1~3枠の連対率・複勝率がやや高め。

しかし、中~外枠と比較して大きな開きはなく、

勝率に限ればほとんど差がない。

つまり、枠順による有利不利は非常に小さく

好走率だけを鑑みると

このレースで過度に意識する

必要はないということである。

強いて気になる点を挙げるとするならば、

2~3枠の複勝回収率の低さ。

連対率・複勝率を踏まえると、

この成績は正直もの足りない。

半面、7~8枠は連対率・複勝率こそ

2~3枠より見劣るものの、

複勝回収率は100%を超えている。

従って、人気薄の取捨については、

外枠を重視したほうが

好配当ゲットへの近道となりそうだ。

 

【脚質別】

逃げ馬 【3.0.1.6】
先行馬 【2.3.2.31】
差し馬 【3.5.6.68】
追込馬 【2.2.1.44】

<上がり3F>

1位   【2.3.1.6】
2位   【1.1.2.4】
3位   【3.3.2.8】
~5位【0.1.1.16】
6位~【4.2.4.115】

<4角位置別>

4角1番手    【3.0.1.6】
2番手以内   【5.1.1.20】
3番手以内   【5.1.2.27】
4番手以内   【5.3.3.37】
5番手以内   【7.5.3.49】
7番手以内   【7.6.3.62】
10番手以内 【7.8.8.87】

2番手以下   【7.10.9.114】
3番手以下   【5.9.9.130】
4番手以下   【5.9.8.123】
5番手以下   【5.7.7.113】
7番手以下   【3.5.7.97】
10番手以下 【3.3.3.68】
13番手以下 【2.2.1.44】
16番手以下 【1.2.1.23】

直線が長く、坂がある東京コースは

逃げ馬は不利といわれている。

しかし、過去10年で

逃げ切り勝ちは3頭いるが、

いずれも1番人気さらに、単勝オッズも1倍台。

長い直線と坂がある東京のマイルを

逃げ切るには相応の底力要求される。

つまり、伏兵クラスの

逃げ馬の勝ちは可能性が低い。

2008年以降、4角10番手以下で馬券に絡んだ馬は9頭。

うち5頭は14番手以下に位置しており、

2013年1着のマイネルホウオウや

2010年1着のダノンシャンティのように、

後方一気のケースも珍しくはない。

全体で見れば先行勢優勢も、

上がり3ハロン1~2位馬の成績は【3.4.3.10】。

好走率が高いだけではなく、

単勝・複勝回収率も非常に

優秀な数値をマークしている。

ゆえに、先行脚質に

こだわる必要はまったくない。

先行馬、差し馬、

さらに追い込み馬に関しては、

成績に大きな差はなかった。

つまり、基本的に脚質に有利不利はない。

 

【前走別】

<レース別>

NZT組             【4.1.4.55】
毎日杯組          【2.1.0.7】
桜花賞組          【2.0.0.10】
皐月賞組          【1.2.2.15】
アーリントン組 【1.0.0.3】

<距離別>

1600m組 【7.2.4.76】
1800m組 【2.4.1.15】
2000m組 【1.2.4.17】
1400m組 【0.2.0.35】
1200m組 【1.0.0.3】

◆同距離【7.2.4.75】
◆延長   【0.2.1.42】
◆短縮   【3.6.5.33】

<間隔別>

中3週組 【6.1.4.68】
中5週組 【2.1.0.7】
中2週組 【1.2.2.14】
中9週組 【1.0.0.3】
中6週組 【0.4.1.14】

過去10年で勝ち馬を

送り出しているレースは5つ。

中でもニュージーランドTは

出走頭数が抜けて多いため

アベレージは低く出ているが、

4勝、2着1回、3着4回と

王道ローテといえる実績を残している。

2ケタ着順から巻き返した馬もいるが、

9着以内を好走の目安だ。

また、そのニュージーランドTで

5人気以内だと、さらに好走の可能性は高くなる。

2勝を挙げているのが毎日杯と桜花賞。

ここ2年は桜花賞に参戦した関東馬が

連勝を果たしている。

全体の傾向として、

距離が延びる馬よりも

短縮してきた馬の方が好走が多い。

ほかでは、皐月賞トライアルの

スプリングS組、毎日杯組。

優勝馬こそ出していないが、

毎日杯もしくは

スプリングステークスから

ここに臨んだ馬は【2.3.1.11】の好成

前述3ステップよりも

好走率はグンと上昇する。

着順不問で注目。

 

 

【NHKマイルカップ2018】データ分析・過去10年の傾向まとめ

今回は、NHKマイルカップ2018

過去10年の傾向からデータ分析をしました。

現時点で注目している穴馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走後はダメージなく、

ノーザンファーム天栄に放牧。

決め手のある馬ですし、

東京の長い直線で

いい脚を使える。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク