Pocket

今回は、鳴尾記念2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価分析を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

鳴尾記念は、施行時期が

何度も変わってきたレースだが、

2012年にこの時期に行われるように

なってからは宝塚記念との関連が深くなり、

2012年はショウナンマイティが

鳴尾2着→宝塚3着、

2013年はダノンバラードが

鳴尾3着→宝塚2着、

2014年はカレンミロティックが

鳴尾4着→宝塚2着、

2015年はラブリーデイが両レースで1着と、

今年もサマーグランプリを占う意味で

見逃せないレースとなっている。

ここでは、鳴尾記念の

出走馬の調教・最終追い切り

分析し勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【鳴尾記念2018】出走馬の調教・最終追い切り評価分析

<ヤマカツライデン>

(前回) 栗坂不 一 杯
→1回 50.6 37.8 25.8 13.2

5/23 栗CW良 馬なり
→81.0 65.0 49.8 37.0 11.8 ⑥

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 55.5 39.4 25.3 12.3

5/30 栗CW良 一 杯
→79.0 64.2 50.1 37.0 12.1 ⑧

【最終追い切り評価】

攻め駆けする馬だが、

この中間の動きは一連以上。

出来の良さが伝わってくる。

 

<トリオンフ>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 54.0 38.2 24.6 12.4

5/23 栗坂良 一 杯
→1回 53.0 37.9 24.5 12.2
アディラートと同入

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 57.7 41.2 26.3 12.3

5/30 栗CW良 馬なり
→83.5 67.0 52.7 38.1 11.8 ⑦
アドマイヤエイカンの内を0.2秒追走5F併アタマ先着

【最終追い切り評価】

新コンビのルメールが騎乗。

息を合わせて伸びやかに動いた。

気配は前走以上。

<モンドインテロ>

(前回) 南W良 強 目
→68.4 53.1 39.3 13.2 ⑧

5/24 南W重 馬なり
→68.3 53.9 39.6 13.2 ⑤

5/27 南W良 馬なり
→55.1 39.5 12.8 ⑨

5/30 南W良 末強目
→67.8 52.9 38.7 12.5 ⑦
シベリアンスパーブの内0.6秒追走同入

【最終追い切り評価】

直線では相手に合わせる

余裕があって、

馬体の張りも目立つ。

状態は悪くない。

 

<テイエムイナズマ>

(前回) 栗坂不 一 杯
→1回 51.8 38.2 25.3 12.9

5/24 栗坂稍 馬なり
→1回 56.1 39.9 25.0 12.4

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 56.3 40.4 25.6 12.9

5/30 栗坂良 一 杯
→1回 54.4 39.6 25.4 12.6
ゴットパシオンを0.4秒追走0.8秒先着

【最終追い切り評価】

前半のラップや相手を考えると、

強調できる内容ではない。

多少上向いた程度。

 

<トリコロールブルー>

(前回) 栗CW良 末強目
→83.6 67.9 53.1 38.8 12.3 ⑥

5/23 栗CW良 馬なり
→80.7 65.0 50.3 37.3 12.2 ⑤

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 56.4 40.7 25.9 12.4

5/30 栗CW良 一 杯
→85.0 68.5 53.3 39.0 11.9 ⑤

【最終追い切り評価】

先週でほぼ仕上がっており、

我慢を利かせてしまい重点。

反応、伸びとも良好。

 

<マルターズアポジー>

(前回) 南W良 馬なり
→67.4 52.7 38.4 12.4 ⑨

5/17 南W良 馬なり
→67.4 51.2 36.7 12.4 ⑦
タニセンジュピターの外1.3秒追走0.4秒先着

5/23 南W良 一 杯
→67.2 51.6 37.6 12.5 ⑧
ワンダフルボーラーの外0.6秒追走0.6秒先着

5/30 栗CW良 強 目
→81.8 65.2 50.6 36.8 11.8 ⑧

【最終追い切り評価】

メリハリが利いて

直線も力強い伸びを発揮。

栗東入り後もどっしり構えている。

 

<ナスノセイカン>

(前回) 南W良 一 杯
→53.5 39.2 13.0 ③

5/17 南W良 馬なり
→66.4 51.9 38.1 12.8 ⑨
ジェネラーレウーノの外1.3秒先行0.3秒遅れ

5/23 南W良 一 杯
→51.0 38.0 12.6 ⑤
パーキーの内1.4秒追走同入

5/30 南W良 馬なり
→54.6 39.5 12.8 ⑦

【最終追い切り評価】

単走でも集中して走れていて、

追ってからの反応も前走以上。

気配は上向き。

 

<ストロングタイタン>

(前回) 栗坂不 一 杯
→1回 53.3 39.0 25.0 12.3

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 55.7 41.9 27.3 13.8

5/30 栗坂良 馬なり
→1回 50.3 36.4 23.8 12.2
スマートオーディンを0.1秒追走0.6秒先着

6/1 栗坂稍 馬なり
→67.1 49.1 31.1 13.9

【最終追い切り評価】

フットワークが弾んでいて、

推進力も抜群。

時計的にも文句なく、

上昇著しい。

 

<タツゴウゲキ>

(前回) 栗CW良 馬なり
→51.3 37.7 12.1 ⑤

5/24 栗坂稍 一 杯
→1回 53.8 39.5 25.3 12.5

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 57.8 41.9 27.1 13.0

5/30 栗坂良 強 目
→1回 55.0 39.9 25.6 12.4

【最終追い切り評価】

坂路のみだが、

丹念に乗り込んで、

馬体や動きに重苦しさはない。

動ける態勢。

 

<ストレンジクォーク>

(前回) 小ダ重 馬なり
→70.2 54.1 38.9 12.0 ⑧

5/24 南W重 馬なり
→64.7 50.6 38.4 13.1 ⑦

5/27 南坂良 馬なり
→1回 54.3 39.5 25.9 13.2

5/30 南W良 馬なり
→66.7 52.0 38.9 13.1 ⑦

【最終追い切り評価】

抜群の行きっぷりで、

フットワークにも推進力があった。

仕上がりは上々。

 

<サトノノブレス>

(前回) 栗CW良 強 目
→84.2 68.0 52.2 37.6 11.5 ⑧

5/24 栗CW稍 一 杯
→82.4 67.2 52.9 38.8 11.7 ⑦
ペルシアンナイトの外0.4秒先行0.3秒遅れ

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 55.1 40.1 25.8 12.8

5/30 栗CW良 一 杯
→86.8 69.3 53.6 39.5 12.0 ⑧
ペルシアンナイトの外1.3秒先行0.5秒遅れ

【最終追い切り評価】

相手はGⅠ馬。

力強く動けており、

時計的にも及第点。

ビシビシ攻めて好調だ。

 

 

【鳴尾記念2018】出走馬の調教・最終追い切り評価分析まとめ

今回は、鳴尾記念2018

出走馬の調教・最終追い切り評価分析

しました。

その中で、調教・最終追い切りが

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

前走は結果的に差し馬向きの展開と

休み明けだけに厳しかった。

今週の動きからも上積みは大きいし、

コーナー4つのコースも合う。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク