Pocket

今回は、鳴尾記念2018の無料予想・買い目と

有力馬分析を中心とした記事

書いていきたいと思います。

鳴尾記念は、施行時期が

何度も変わってきたレースだが、

2012年にこの時期に行われるように

なってからは宝塚記念との関連が深くなり、

2012年はショウナンマイティが

鳴尾2着→宝塚3着、

2013年はダノンバラードが

鳴尾3着→宝塚2着、

2014年はカレンミロティックが

鳴尾4着→宝塚2着、

2015年はラブリーデイが両レースで1着と、

今年もサマーグランプリを占う意味で

見逃せないレースとなっている。

ここでは、鳴尾記念2018

無料予想と買い目と有力馬分析

を書いていきます。

 

まずは、枠順とオッズから見ていきます。

【鳴尾記念2018】枠順

1枠1番ヤマカツライデン
2枠2番トリオンフ
3枠3番モンドインテロ
4枠4番テイエムイナズマ
5枠5番トリコロールブルー
6枠6番マルターズアポジー
6枠7番ナスノセイカン
7枠8番ストロングタイタン
7枠9番タツゴウゲキ
8枠10番ストレンジクォーク
8枠11番サトノノブレス

 

【鳴尾記念2018】オッズ

1番人気トリオンフ                3.1
2番人気トリコロールブルー    3.8
3番人気マルターズアポジー    5.0
4番人気ストロングタイタン    6.0
5番人気タツゴウゲキ           11.0
6番人気サトノノブレス        11.4
7番人気ヤマカツライデン     27.3
8番人気ストレンジクォーク  28.2
9番人気ナスノセイカン        30.9

 

【鳴尾記念2018】コース紹介(阪神芝2000m)

スタート地点は正面スタンド前

直線右の4コーナー出口付近。

1コーナーまでの距離は325m。

内回りコース使用で、一周強回る。

最後の直線距離は

Aコース時が356.5m、

Bコース時が359.1m。

残り200m付近でゴール前の急坂。

約120mの間に1.8mの勾配を

一気に駆け上がる。

AコースとBコースでは直線部分で3m、

曲線部分で4m幅員が違う。

主にAコースは開催前半、

Bコースは開催後半に使用されている。

スタート直後の2ハロンは

先行争いがあって、

ある程度速く流れるが、

すんなり隊列が決まれば

その後はガクンとペースが落ちる。

3歳以上の重賞でも前半3ハロンの

平均は36秒台だ。

向正面に入ると完全にペースが落ち着き、

3~4コーナーの中間が残り600m地点。

後半3ハロンの決め手比べになるが、

極端に速い上がりは出ないし、

勝ち時計も重賞や馬場が

速い時でないと2分を切れない。

切れよりも最後の急坂を一気に

駆け上がる力強さが必要。

脚質傾向はAコース時が逃げ馬が強い。

Bコースになると逃げ馬の好走率が減り、

差し馬が飛んできやすくなる。

先行馬はA、Bどちらでもあまり変わらない。

枠順はほぼフラット。

フルゲートの外枠でも好走馬が案外出ている。

好走脚質→逃げ(勝率:17.6%)(複勝率:37.5%)

 

 

【鳴尾記念2018】有力馬分析

<トリオンフ>

今年の小倉大賞典で

重賞ウィナーとなったトリオンフ。

競馬が上手で、

長く脚を使えるのが強みだが、

前走は瞬発力が求められる展開に。

持ち味を存分に生かせなかった。

阪神2000メートルは

持続力が問われやすい舞台。

マルターズ、ヤマカツが出走するとあれば、

ゆったりした流れにもなるまい。

今度はこの馬向きの展開になりそう。

 

<トリコロールブルー>

昨年のスプリングSで

3番人気になるほど、

早くから活躍を期待されていた馬。

当時はまだトモが甘く、

馬体重も480キロ台だったが、

肉体面も精神面も成長し、

ようやく軌道に乗ってきた。

操縦性が高く、自在に動けるのが強み。

ピッチ走法だけに、距離もこれくらいが良さそう。

3月以来だが、この中間も好気配。

重賞でも楽しみな一頭。

 

<タツゴウゲキ>

昨年の新潟記念以来の実戦。

当時は斤量3キロ増に加えて、

新潟の長い直線が課題だったが、

2番手で折り合い正攻法の

競馬で押し切り。

着差以上の強さで、

地力強化を思わせる内容だった。

長欠明けとあり、さすがに割引は必要だが、

坂路を使って乗り込みは入念。

当舞台で勝ち鞍もある。

重賞2勝馬の地力を警戒。

 

<マルターズアポジー>

今回もハナを譲らないで

あろうマルターズアポジー。

前走も自分の形には持ち込めたが、

トップハンデだったうえ、

途中で他馬に来られる場面も。

やはり理想は前々走のような

後続を離しての逃げだろう。

同型のヤマカツの出方が気になるが、

開幕馬場は好材料。

距離延長、直線が延びようとも問題はない。

あとはどれだけ粘れるか。

 

<ナスノセイカン>

前走はスローペースが幸いして、

いつもより早目の立ち回り。

恵まれた面は多少あるが、

5歳時にGⅡで⑥④着だったことを思えば、

前走くらい走れても不思議ない。

4歳以降は左回りで

勝ち星を積み上げてきたが、

もともと右回りでも問題ないタイプ。

好走の反動はなく、

ますます調子を上げてもいる。

 

<ストロングタイタン>

前走は休み明けで14キロ増。

ディセンバーSの時に減った体が

戻った分もあるだろうが、

見た目には少し立派だった。

まだ本調子ではなかったよう。

大型馬とあり、間隔を詰めての

臨戦はプラス。

昨年の小倉大賞典では、

インで追い出しを待たされながら

マルターズと0秒5差。

力差もそうないはず。侮れない。

 

<サトノノブレス>

重賞4勝の実績馬。

一昨年、当レースをレコードで

勝っているように、コース適性が高く、

時計勝負も歓迎のクチだろう。

前々走はハナを切って好走したが、

たとえ控える競馬になっても、

脚をタメられればしっかり伸びる。

8歳馬で大きな上積みは見込みづらいが、

2週続けてCWでビシッと。

力は出せる態勢だ。

 

<モンドインテロ>

昨年のチャレンジCで僅差4着。

向正面から促しながらではあったが、

4角で位置を上げ、最後まで伸び続けていた。

7勝中5勝が2400メートル以上と

ベストは長丁場だが、

あの内容なら2000メートルもこなせそう。

ダートで2戦を消化したが、

前走後も変わりなく順調。

実績のある芝に戻れば。

 

 

【鳴尾記念2018】無料予想・買い目

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ0601
好位04090802
中位07110510
後方03

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇05トリコロールブルー
▲07ナスノセイカン
☆10ストレンジクォーク
穴03モンドインテロ
△06080911

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前回はハンデを見込まれたし、

ペースを考えれば

もう少し積極的な競馬でも

良かった。

それでも上がり3ハロンは33秒0。

今回は別定戦だし、

リズム良く運んで巻き返しに期待。

<参考買い目>

三連複

◎〇-▲☆穴ー印 (33点)

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク