Pocket

今回は、高松宮記念2018G1予想と

過去データ(10年分)の傾向・分析と

予想オッズを中心とした記事

書いていきたいと思います。

最終週を迎える中京では、

日曜メインに本格的な

GIシーズンの到来を告げる

電撃の6ハロン戦、

春のスプリント王者決定戦

高松宮記念が行われる。

昨年のJRA最優秀短距離馬や前年覇者、

2世代の桜花賞馬に加え、

香港からも刺客がやってきた。

バラエティーに富んだメンバー構成で

白熱したレースが期待できる。

今年はどの馬が制するのか、

それでは過去10年のデータから

傾向を分析し馬券のポイントを

探っていくことにします。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【高松宮記念2018】予想オッズ

1番人気レッドファルクス     2.1
2番人気レッツゴードンキ     5.1
3番人気ファインニードル     5.6
4番人気セイウンコウセイ     8.9
5番人気ダンスディレクター 10.6
6番人気ダイアナヘイロー    17.5
7番人気レーヌミノル          17.6
8番人気ナックビーナス       27.5
9番人気シャイニングレイ    27.8

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【高松宮記念2018】過去データ(10年分)の傾向・分析

【人気別】

1番人気 【3.1.4.2】
2番人気 【1.3.0.6】
3番人気 【3.1.3.3】
4番人気 【2.1.0.7】
5番人気 【1.1.0.8】

2012年以降の勝ち馬は

すべて5番人気以内かつ

当日単勝オッズ1桁であり、

2~3番人気もトータル【2.4.2.4】と

いう高値安定の成績。

ゆえに、人気サイドが

相応の結果を残していると

考えていいだろう。

対照的に2桁人気の馬券絡みは

2013年3着のハクサンムーン(10番人気)1頭のみで、

2着連対はいまだ果たしていない。

1~2番人気のワンツーフィニッシュや、

1~3番人気の上位独占も珍しくなく、

順当決着の傾向はかなり強い。

 

【枠順別】

1枠 【0.0.3.17】
2枠 【4.2.0.14】
3枠 【3.1.1.15】
4枠 【0.1.2.17】
5枠 【1.1.1.17】
6枠 【1.1.0.18】
7枠 【1.1.1.25】
8枠 【0.3.2.24】

過去10年、2枠が4勝、3枠が3勝。

フルゲートでは2枠にあたる馬番「4」が

4勝とラッキーナンバーになっている。

内枠では2~3枠が好調。

4頭の勝ち馬を含め、

連対馬を6頭輩出し、

毎年のように馬券に絡んでいる。

内目がいいのは数字に表れているが、

1枠は連対なしと不振。

馬番「1」は08年スズカフェニックス、

12年ロードカナロアと1番人気が2頭いたが、

どちらも3着止まりとなっている。

一方、外枠である7~8枠は未勝利だが、

6番人気以下で3着以内に入った馬は

すべて該当しており、

軽視できない存在だ。

視点を変えて、

当日単勝オッズ3番人気以内の馬が

内枠(1~3枠)を引いた場合の結果を

検証してみると

【2.2.1.0】で複勝率100%。

対照的に外枠(6~8枠)は【1.2.1.4】。

複勝率こそ50%を確保しているが、

内枠と比較して大きく見劣る感は否めない。

つまり、「人気サイドが内枠に入れば信頼度が上昇、

外枠の場合はアテにならない」

とらえればいいということである。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.0.1.8】
先行馬 【6.4.2.29】
差し馬 【3.5.6.62】
追込馬 【0.1.1.47】

<上がり3F>

1位   【1.2.1.8】
2位   【0.2.1.9】
3位   【2.0.1.9】
~5位【3.2.3.12】
6位~【4.4.4.108】

<4角位置別>

4角1番手    【1.0.1.8】
2番手以内   【3.1.1.21】
3番手以内   【5.2.1.23】
4番手以内   【7.4.3.37】
5番手以内   【7.5.3.40】
7番手以内   【10.5.5.60】
10番手以内 【10.6.8.85】

2番手以下   【9.10.9.139】
3番手以下   【7.9.9.126】
4番手以下   【5.8.9.124】
5番手以下   【3.6.7.110】
7番手以下   【2.5.6.100】
10番手以下 【0.5.3.72】
13番手以下 【0.1.1.47】
16番手以下 【0.0.0.20】

コース改修前の10年までは平坦小回り、

11年が阪神で、12年以降の

新コースはゴール前に坂ができ、

直線の距離も長くなった。

脚質面では、先行勢が優勢を誇っている。

2012年以降の勝ち馬6頭中5頭が4角で

4番手以内に位置していた。

2013年の優勝馬ロードカナロア(1番人気・4コーナー7番手)

だけが例外だが、

同馬は日本調教馬で

初めて香港スプリントを

制した別格とも言える存在。

ある程度は前めのポジションを取れないと、

勝ち切るまでには至らないと考えていい。

ただし、逃げ馬と4角先頭馬は分が悪い。

中京リニューアル以降の好走馬は

2013年3着のハクサンムーンただ1頭。

好位で競馬をしたいタイプにとって、

逃げ馬と4角先頭馬は格好の目標になる。

基本的には割り引いて考えるべきだろう。

勝ち馬はイメージに反して、

人気を背負い、

前めに付けて押し切るという

正攻法の競馬が多くなっている。

一方で、人気馬を追いかけた

馬が苦しくなるのか、

後方からの追い込みも多く出ていて、

過去10年の2着馬のうち5頭が4角10番手以降。

3着も3頭おり、展開を読むのが的中のカギになる。

 

【世代別】

4歳 【2.0.4.30】
5歳 【5.5.2.35】
6歳 【0.5.2.35】
7歳 【2.0.2.25】
8歳 【1.0.0.17】
9歳 【0.0.0.5】

5歳馬が強いレースで、

勝ち馬の半数を占める。

2着も5回あって、

迷ったらまず5歳馬をチェックしたい。

勝鞍はないが6歳馬の2着5回も光る数字で、

7歳馬2勝、8歳馬も勝鞍があって、

遅咲きの馬が多く活躍している。

アベレージではやや劣勢の4歳馬だが、

新コースとなった12年以降、

6年連続で馬券圏内に入っていて、

昨年はセイウンコウセイが

3年ぶりの4歳馬Vを決めた。

コースが変わって風向きも

変わりつつあるのかもしれない。

7歳以上で複勝圏に入ったのべ

5頭のうち4頭は前走で連対し、

残る1頭も前走4着、2走前2着と

好調を維持して臨んできた。

高齢馬でも近走結果を

残している馬は注意したい。

 

【馬体重別】

420~439㎏【0.0.0.4】
440~459㎏【0.0.1.13】
460~479㎏【1.1.3.30】
480~499㎏【5.5.2.41】
500~519㎏【2.4.4.32】
520~539㎏【2.0.0.22】
540~         【0.0.0.5】

昨年は500キロのセイウンコウセイが勝って、

3年連続で500キロ以上の大型馬が勝利。

460キロを割った馬で馬券絡みを

果たした馬のは

14年3着のストレイトガールのみで、

スピードはだけではなく、

タフさ、パワーも要求される。

迷ったら馬格がある馬を

選択するのが吉かもしれない。

 

【前走別】

<レース別>

阪急杯組             【3.5.3.41】
オーシャンS組    【3.2.3.59】
シルクロード組    【3.1.3.17】
チェアマンズ組    【1.0.0.0】
スプリンターS組 【0.1.0.1】

<距離別>

1200m組 【7.4.7.83】
1400m組 【3.6.3.51】
1000m組 【0.0.0.1】
1800m組 【0.0.0.2】
1600m組 【0.0.0.10】

◆同距離【7.4.7.83】
◆延長   【0.0.0.1】
◆短縮   【3.6.3.63】

<間隔別>

3中週組 【3.5.3.44】
2中週組 【3.2.3.60】
7中週組 【2.1.3.12】
5中週組 【1.0.0.2】
6中週組 【1.0.0.5】

<前走着順>

前走1着     【4.5.3.21】
前走2着     【4.2.3.14】
前走3着     【0.1.0.16】
前走4着     【1.0.1.9】
前走5着     【1.1.1.9】
前走6~9着【0.1.1.39】
前走10着~【0.0.1.39】

好走ローテーションは

ハッキリ3つに分かれていて、

阪急杯、オーシャンS、シルクロードSから

駒を進めた馬がそれぞれ3勝ずつ。

2着は阪急杯組が5頭と最も多く、

3着は3つレースが3頭ずつと

非常に分かりやすい傾向が出ている。

アベレージで見ると出走頭数が

少ないシルクロードS組が優秀。

ぶっつけ本番で挑む実績馬よりも

順調にステップレースをクリアした

馬が本番でも好走している。

 

近走の勢いはかなり重要で、

勝ち馬の8頭は前走で連対を果たし、

10頭全てが前走5着以内

高齢馬の好走が多いレースだが、

それらも近走は堅実な走りを見せており、

特に前走で連対を果たしている馬は要注意。

前走6着以下は大きく割引で、

昨年は香港スプリント12着の

レッドファルクスが反撃を見せたが3着までだった。

 

【高松宮記念2018】過去データ(10年分)の傾向・分析まとめ

◆2012年以降の勝ち馬はすべて5番人気以内

◆内枠の2~3枠が好調。

◆脚質面では、先行勢が優勢を誇っている。

◆5歳馬が強いレースで、勝ち馬の半数を占める。

◆3年連続で500キロ以上の大型馬が勝利。

◆勝ち馬の8頭は前走で連対を果たし、10頭全てが前走5着以内。

今回は、高松宮記念2018の

過去データ(10年分)の傾向・分析

しました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク