Pocket

今回は、高松宮記念2018G1予想と

有力馬の調教・最終追い切り後の評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

最終週を迎える中京では、

日曜メインに本格的な

GIシーズンの到来を告げる

電撃の6ハロン戦、

春のスプリント王者決定戦

高松宮記念が行われる。

昨年のJRA最優秀短距離馬や前年覇者、

2世代の桜花賞馬に加え、

香港からも刺客がやってきた。

バラエティーに富んだメンバー構成で

白熱したレースが期待できる。

今年はどの馬が制するのか、

有力馬の調教・最終追い切り後の評価をし

予想していきます。

 

【高松宮記念2018】有力馬の調教・最終追い切り後の評価

<セイウンコウセイ>

(前回) 南W稍 一 杯
→69.2 52.8 38.2 12.2 ⑦

3/14 南W良 強 目
→66.3 50.6 37.4 12.4 ⑧

3/18 南坂良 馬なり
→1回 60.4 42.8 27.4 13.4

3/21 南W良 一 杯
→65.6 50.1 37.3 12.9 ⑨

【調教評価】

1週前は素晴らしい伸びを見せたのだが、

今週は前にいた馬を気にしたのか案外な伸び脚。

それでも道中の行きっぷりは良く、

回転が速く、抜群のスピード感。

体の張りも目立つほど。

態勢は整ったと見たい。

 

<リエノテソーロ>

(前回) 南W良 馬なり
→52.6 38.2 12.7 ⑥

3/15 美プール

3/16 南W良 末一杯
→50.7 36.8 12.3 ⑧

3/21 南W良 馬なり
→69.0 52.7 38.9 13.5 ⑧

【調教評価】

昨年の春に比べるとまだ物足りないが、

ひと頃よりは前向きさがあって、

動きも機敏になってきた。

力感あふれるフットワークで、

直線も余力を持って伸びた。

変身が見込める

毛ヅヤも良く、気配は上々か。

 

<ブリザード>

3/22 名芝不 楽 走
→72.0 55.8 42.0 14.8 ④

【調教評価】

環境の変化にも動じず、

力強いフットワーク。

体つきがちょうど良く、落ち着き十分。

コーナーの入りや出口での

手前の変換もスムーズで、

左回りは問題になるまい。

3月9日のバリアトライアルから

中1週なら時計もこれで十分。

落ち着きもあり、

力を出せる状態。

気配も良好で調子は良さそう。

 

<スノードラゴン>

(前回) 南坂良 馬なり
→2回 52.3 37.9 24.7 12.3

3/14 南坂良 末強目
→2回 55.1 39.9 25.7 12.5

3/18 南坂良 馬なり
→2回 56.2 41.1 26.2 12.1

3/21 南坂良 馬なり
→2回 52.5 38.7 25.5 12.7

【調教評価】

坂路の外目で耳をピンと立てる。

右手前に替えると、

今の時計を要す馬場をものともせず、

ピッチの利いた回転の速い走りを見せた。

硬さが一切なく、

ラストまでしなやかなフォーム。

シャープな伸びで状態良好。

 

<ノボバカラ>

(前回) 南W良 馬なり
→51.6 38.2 13.2 ⑨

3/9 南W重 馬なり
→55.1 40.8 13.4 ⑧

3/15 南W良 直一杯
→54.5 40.3 12.5 ⑨

3/21 南W良 馬なり
→54.5 40.1 12.9 ⑧

【調教評価】

終い重点で軽く流す程度。

毛ヅヤは目立つくらいで、

体の張りは保っているが、

肝心の動きに迫力が感じられない。

変わり身は疑問。

 

<レッドファルクス>

(前回) 南D良 直一杯
→68.3 52.6 38.2 12.7 ⑦

3/15 南W良 強 目
→69.9 54.2 39.7 12.5 ⑨
ダノンアイリスの外を0.6秒先行同入

3/18 南坂良 馬なり
→1回 56.3 41.3 27.3 13.3

3/21 南W良 一 杯
→66.5 51.2 38.2 13.1 ⑦

【調教評価】

ダノンアイリスの外を1.2秒追走同入

格下でも相手は攻め駆けするタイプ。

最後は苦しくなったが、

大きく追走して

なおかつ外から並ぶ

意欲的な内容

動きは好調時と遜色ない。

全身を使って脚捌き自体は力強く、

前向きさもあった。及第点だろう。

 

<ナックビーナス>

(前回) 南W良 馬なり
→66.7 51.6 37.7 12.5 ③

3/16 南W良 馬なり
→67.2 52.5 38.9 13.3 ①

3/21 南W良 直強目
→69.9 54.0 38.9 12.8 ②

【調教評価】

フクノグリュックの外を0.6秒追走同入。

格下馬を先に行かして、正味、

上がりだけの追い切り。

軽く仕掛けた程度だったが、

促されると回転を上げて上々の伸び脚。

疲れはなく、力は出せる状態にある。

 

<レッツゴードンキ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 50.9 36.3 24.0 12.4

3/15 栗坂良 一 杯
→1回 49.2 36.3 24.5 12.6

3/18 栗坂良 馬なり
→1回 57.4 40.9 26.7 13.2

3/21 栗坂不 強 目
→1回 53.2 38.3 25.3 12.8

【調教評価】

1週前に自己ベストタイムでビシッと追われ、

今週は余裕残し。

今週は右手前のままで

外にもたれ気味だったが、

それでも重い馬場を考えれば、

なかなか速い時計が出た。

少しコロッとしてはいるが、

極端に太いわけではなく、

好調時のこの馬の逞しい体つき。

いいデキ。

 

<ファインニードル>

(前回) 栗CW稍 稍一杯
→81.8 66.1 52.0 38.8 12.0 ⑥

3/15 栗CW良 一 杯
→7F94.7 63.7 49.8 37.0 12.1 ⑦
マイハートビートの内を0.7秒追走0.2秒先着

3/18 栗坂良 馬なり
→1回 58.9 42.6 27.4 13.1

3/21 栗坂不 馬なり
→1回 54.3 39.5 25.7 12.8

【調教評価】

1週前にコースで出色の時計をマーク。

今週は馬任せでサッと流す感じだったが、

軽快な行きっぷりで駆け抜けた。

今週も安定した脚力を発揮

毛ヅヤの良さも相変わらず。

引き続きいい状態で臨めそう。

 

【高松宮記念2018】有力馬の調教・最終追い切り後の評価まとめ

今回は、有力馬の調教・最終追い切り後の評価を

しました。

有力馬の最終追い切り後の調教を見て

良かったと思う馬

人気ブログランキングで

公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク