Pocket

今回は、青葉賞2108無料予想と軸馬、

有力馬分析、コース紹介(東京芝2400m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

青葉賞は、同じ舞台で争う日本ダービーの

トライアルレースで、

1、2着馬に優先出走権が与えられる。

過去10年でも、2011年1着ウインバリアシオン、

12年1着フェノーメノが本番で2着、

13年2着アポロソニック、

17年1着アドミラブルが同3着に好走した。

世代の頂上決戦を占ううえで

見逃せない一戦となっている。

今年の青葉賞を制しダービーへの

優先出走権を手に入れるのは

どの馬になるのか。

ここでは、軸馬、有力馬分析、コース紹介、

無料予想を書いていきたいと思います。

 

まずは、枠順とオッズから見ていきます。

 

【青葉賞2018】枠順

1枠1番カフジバンガード
1枠2番ユウセイフラッシュ
2枠3番スズカテイオー
2枠4番ダブルフラット
3枠5番マイネルサリューエ
3枠6番ディープインラブ
4枠7番ミッキーポジション
4枠8番オブセッション
5枠9番ゴーフォザサミット
5枠10番スーパーフェザー
6枠11番トラストケンシン
6枠12番ダノンマジェスティー
7枠13番ノストラダムス
7枠14番テトラルキア
7枠15番エタリオウ
8枠16番クレディブル
8枠17番モンテグロッソ
8枠18番サトノソルタス

 

【青葉賞2018】オッズ

1番人気オブセッション          3.9
2番人気サトノソルタス          4.5
3番人気スーパーフェザー       4.5
4番人気ダノンマジェスティー 7.7
5番人気ディープインラブ       8.7
6番人気ゴーフォザサミット  14.8
7番人気スズカテイオー        19.8
8番人気エタリオウ              21.2
9番人気ダブルフラット        24.8

 

 

【青葉賞2018】コース紹介(東京芝2400m)

中央競馬を代表する主要コース。

日本ダービーやジャパンCが

行われる舞台。

スタートは正面スタンド前直線から。

スタート後、平坦のホームストレッチを走り、

ゴール板を一度通過。

そこからグルリとコースを一周する。

最初の1コーナーまでの距離は約350m(Aコース時)。

1コーナーから2コーナーにかけてはほぼ平坦。

約450mある長いバックストレッチを通り、

3コーナー手前にさしかかるところで

緩い上り坂。

3~4コーナーにかけては下り坂になっている。

最後の直線に入ると、

途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。

東京競馬場全体の高低差は2.7mある。

最後の直線距離は525.9.mで、

新潟の外回りコースに次ぐ長さ。

スタート直後は先行争いが

あるため少し流れるが、

1~2コーナーに入れば落ち着く。

全体的にはスローペースで

最後の直線勝負が基本。

G1でも飛ばす馬がいなければ

ペースは遅くなり、

走破時計も速くならない。

全馬が力をフルに発揮できるコース形態で、

瞬発力とスタミナの両方を

バランスよく持ち合わせている馬でないと

勝つのは難しい。

脚質的にもあらゆるタイプが対応できる。

 

【青葉賞2018】有力馬分析

<ダノンマジェスティ>

アルアインの全弟。

皐月賞を勝った兄は日本ダービー5着、

セントライト記念2着。

長い距離にも対応した。

自身はきさらぎ賞で

折り合いを欠き、

3角から外へ逃げていた。

気性面に課題を残すものの2200メートルの

大寒桜賞は馬込みで脚をタメ

直線窮屈なところを

割って出る好内容

大寒桜賞を勝ったことで

一気に展望が開けた。

最後まで脚を残せたし、

ゴール前の混戦を抜け出した根性が光る

レースを覚えている段階だが、

素質の良さは確か。

 

<サトノソルタス>

不良馬場で新馬を勝ち、

時計面の評価は難しかった。

2戦目の共同通信杯で

勝ち馬にこそ少し離されたが、

ハナ、クビ差の3着争いからは

1馬身以上の差をつけて連対を確保。

キャリアを思えば上々だろう。

日本ダービーを目標に中山戦は全休。

同厩の古馬アルバートの胸を借り、

熱心な調整が目につく。

鉄砲が利き、距離延長も不安なし。

今後大きな成長が見込め、

楽しみな一戦。

 

<スズカテイオー>

2000メートルで新馬を勝ち、

その後2戦が2200メートルの長距離志向

前走は外に張られるロスがあって、

勝ち馬と同タイムの4着。

好メンバーで時計も速かった

すみれSで渋太く脚を使った

一戦毎に馬体が絞れてきたが、

まだ良くなる余地があり、

1勝馬とはいえ侮れない。

素質は互角。

 

<エタリオウ>

3戦続けて2着だが、2400メートルを

2度経験している点は強みに。

ブリンカーが効き過ぎる嫌いがあり、

着けたり外したり試行錯誤の段階だが、

能力は高い。

同距離で強敵相手の前2走が好内容。

気性面で難しさを残すが、

広々とした東京は歓迎のはず。

馬体減の影響が出なければ。

 

<ゴーフォザサミット>

東京で百日草特別勝ち。

好時計。

ここ2戦は

年明けは共同通信杯4着。

スプリングSは

小回りが不向きだった。

重賞相手に加え、

距離不足だった可能性も。

ひと息入れて東京に戻れば。

兄ショウナンマイティは

名マイラーだったが、

長距離も難なくこなし、

青葉賞は5着。

自身は距離延びて良さそう

東京の2400メートルで変わり身を警戒。

 

<スーパーフェザー> 軸馬

小倉のあすなろ賞で

エポカドーロの2着。

2400メートルに距離を延ばした

アザレア賞では

前年のアドミラブルより

0秒1速い時計で勝ち、

2馬身半突き放した勝ちっぷり

良さもヒケを取らなかった。

小倉で大きく馬体を

減らすことがなかったし、

初の関東遠征でも

広々とした東京も大歓迎のはずで、

連勝も十分。

力を出せそう。

 

<ダブルフラット>

2200メートルの前2走でともに積極策。

山吹賞はハナ差の惜敗だった。

相手は大幅に強くなるが、

東京2400メートルなら

自分のペースに持ち込みやすいだろう。

 

<ディープインラヴ>

日本ダービー馬の全弟。

3戦目の未勝利勝ちとなったが、

その前走は9馬身差の大楽勝。

距離延びて素質の良さが花開きつつある。

相手強化でも。

 

<オブセッション>

気性面の脆さが出てしまった前走。

間隔を開けての臨戦で、

どこまで持ち直してくるかだが、

前走だけで素質を見限るのは早計。

 

 

【青葉賞2018】無料予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ04
好位150613
中位一団
後方011611

<印付き予想>

◎10スーパーフェザー
〇06ディープインラブ
▲03スズカテイオー
人気ブログランキングへ
△040811121518
×01020713

☆の馬は人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

前走も脚は使っているが、

外を回ったぶん、

最後は周りと同じ脚いろに。

暖かくなって毛づや、

体の張りもアップ。

随分と見栄えが良くなったし、

今週の動きも上々。

距離延長はプラス材料。

急かさずに競馬できるし、

もっとタメもつくれそう。

3走前のように好位で運べれば。

<参考買い目>

三連複

◎-〇▲☆ー印

☆-〇▲-印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク