Pocket

今回は、青葉賞2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

青葉賞は、同じ舞台で争う日本ダービーの

トライアルレースで、

1、2着馬に優先出走権が与えられる。

過去10年でも、2011年1着ウインバリアシオン、

12年1着フェノーメノが本番で2着、

13年2着アポロソニック、

17年1着アドミラブルが同3着に好走した。

世代の頂上決戦を占ううえで

見逃せない一戦となっている。

今年の青葉賞を制しダービーへの

優先出走権を手に入れるのは

どの馬になるのか。

ここでは、調教・最終追い切りから

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【青葉賞2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①

<カフジバンガード>

(前回) 栗CW良 馬なり
→83.5 66.0 51.3 38.5 12.3 ⑦

4/15 栗坂不 馬なり
→1回 59.1 43.3 29.0 14.9

4/19 栗坂重 一 杯
→1回 53.8 38.2 24.2 11.8
ラブリーイレブンを0.4秒追走0.6秒先着

4/25 栗坂不 馬なり
→1回 55.1 39.5 25.2 12.2

【最終追い切り評価】

力強い脚さばき

グイグイと駆け上がってきた。

追われてからも豪快に伸びた。

 

<ユウセイフラッシュ>

(前回) 南W良 不 明
→キリ

4/12 南W良 馬なり
→56.9 41.9 13.3 ⑤

4/19 南W重 馬なり
→68.5 53.0 39.1 12.9 ⑦
アメリカンヘブンの内0.4秒追走0.4秒先着

4/25 南W重 馬なり
→71.0 55.2 40.7 13.4 ⑦

【最終追い切り評価】

手脚がよく伸びて、

躍動感満点のフットワーク。

状態はさらに上向いている。

 

<スズカテイオー>

(前回) 栗坂不 末強目
→1回 55.0 40.4 26.4 12.8

4/18 栗CW不 一 杯
→79.4 64.3 50.5 37.8 11.9 ⑧
ロードザナドゥの外を0.5秒追走4F併0.8秒先着

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 56.0 40.9 27.1 13.7

4/25 栗坂不 馬なり
→1回 53.4 39.4 26.1 13.3

【最終追い切り評価】

気負うことなく、スイスイと登坂した。

馬体の張りも目立ち、

好気配を保つ。

 

<ダブルフラット>

(前回) 栗CW良 一 杯
→70.6 53.3 38.3 11.5 ⑨

4/20 栗坂稍 馬なり
→1回 62.0 44.7 29.0 14.4

4/22 栗CW良 馬なり
→54.7 39.1 12.1 ⑨
ランドネの外0.4秒先行同入

4/25 栗芝不 一 杯
→65.0 50.6 37.3 12.5 ①

【最終追い切り評価】

力感十分のフットワークで

最後まで粘り強く伸びた。

時計もこれなら合格点。

 

<マイネルサリューエ>

(前回) 南W良 不 明
→キリ

4/22 南坂良 馬なり
→1回 60.2 44.8 29.3 14.4

4/25 南W重 一 杯
→69.0 53.4 39.0 13.0 ⑨
ピーチファービーの外1.2秒追走同入

【最終追い切り評価】

内2頭よりもかなり外を回って、

併入に持ち込む。

脚さばきも力強く、好調子。

 

<ディープインラヴ>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 53.5 39.1 26.1 13.3

4/18 栗坂不 叩一杯
→1回 53.0 38.4 25.3 12.7
チェスナットコートを0.4秒追走同入

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 59.1 43.5 29.0 14.5

4/25 栗坂不 一 杯
→1回 53.9 38.9 25.6 12.9
タイフーンを0.1秒追走クビ遅れ

【最終追い切り評価】

前走を快勝した反動はなく、

元気に登坂。

脚さばきも素軽く、

好気配が漂う。

 

<ミッキーポジション>

(前回) 南坂良 馬なり
→2回 52.8 38.5 25.1 12.3

4/19 南W重 直強目
→81.9 67.2 53.7 39.5 13.6 ⑥
イーリスの内2.3秒追走同入

4/22 南坂良 馬なり
→2回 61.5 45.3 29.7 14.5

4/25 南W重 馬なり
→69.6 54.7 40.7 13.4 ⑧
マイネルオフショアの外0.8秒先行同入

【最終追い切り評価】

先週長めからビッシリ追われ、

だいぶ気持ちが入ってきた。

きっちり仕上がる。

 

<オブセッション>

(前回) 南W良 馬なり
→69.2 53.5 39.5 13.0 ⑧

4/18 南W重 馬なり
→71.0 55.1 40.4 12.8 ⑧
ゴーフォザサミットの内0.4秒追走同入

4/22 南坂良 馬なり
→1回 55.9 41.3 27.0 13.0
アルトリウスを0.2秒追走同入

4/25 南W重 一 杯
→67.1 51.6 38.3 12.8 ⑦
ファストアプローチの内1.2秒追走0.2秒遅れ

【最終追い切り評価】

少し集中力に欠ける印象だが、

体つき、フットワークは悪くない。

力は出せる。

 

<ゴーフォザサミット>

(前回) 南W良 末強目
→68.1 51.7 38.2 12.6 ⑦

4/18 南W重 馬なり
→71.4 55.5 40.8 12.8 ⑨
オブセッションの外0.4秒先行同入

4/22 南坂良 馬なり
→1回 57.9 42.3 27.5 13.4

4/25 南W重 馬なり
→67.5 52.0 38.5 12.6 ⑧
ファストアプローチの内0.6秒追走同入

【最終追い切り評価】

前走よりも前向きさが感じられ、

毛ヅヤもピカピカに輝いている。

変身に注意。

 

 

【青葉賞2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①まとめ

今回は、青葉賞2018

出走馬の調教・最終追い切り評価

しました。

調教・最終追い切り評価をみて

良かったと思う穴馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

終いだけ重点の内容となり、

4F55秒1-1F12秒2(馬なり)を

マークしている。

素軽さにあふれており、

連戦の疲れは感じられない。

この馬なりの好調維持。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク