Pocket

今回は、青葉賞2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と

予想オッズを中心とした記事

書いていきたいと思います。

青葉賞は、同じ舞台で争う日本ダービーの

トライアルレースで、

1、2着馬に優先出走権が与えられる。

過去10年でも、2011年1着ウインバリアシオン、

12年1着フェノーメノが本番で2着、

13年2着アポロソニック、

17年1着アドミラブルが同3着に好走した。

世代の頂上決戦を占ううえで

見逃せない一戦となっている。

今年の青葉賞を制しダービーへの

優先出走権を手に入れるのは

どの馬になるのか。

ここでは、過去10年の傾向のデータ分析をし

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【青葉賞2018】予想オッズ

1番人気オブセッション           3.0
2番人気サトノソルタス           3.4
3番人気スーパーフェザー        4.1
4番人気ダノンマジェスティー  4.7
5番人気エタリオウ                14.7
6番人気ディープインラブ       17.6
7番人気ゴーフォザサミット    18.0
8番人気ダブルフラット          36.0
9番人気ノストラダムス          48.6

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

上位人気はかなり混戦模様。

 

【青葉賞2018】データ分析・過去10年の傾向

【人気別】

1番人気 【5.1.2.2】
2番人気 【1.1.1.7】
3番人気 【0.0.1.9】
4番人気 【1.3.1.5】
5番人気 【0.1.1.8】

2010年以降1番人気は4勝、2着1回、3着2回。

レッドレイヴンが11着に敗れ

3連単が42万馬券となった2013年を除き、

3着以内を確保している。

順調に使われてきた馬なら、

軸として信用していいだろう。

ただし2~3番人気は

2010年こそ人気順通りの着順となったものの、

それ以外では2013年に

2番人気ラストインパクトが3着を確保したのみ。

相手は広めにカバーしたい。

人気薄で押さえておきたいのは

前走2200mの500万下を使われた

キャリア4~6戦の馬。

7番人気以下の該当馬は

2勝、2着2回、3着2回で、

穴馬はすべてこのパターンから出ている。

 

【枠順別】

1枠 【1.2.0.15】
2枠 【1.2.0.15】
3枠 【2.1.1.14】
4枠 【2.1.1.15】
5枠 【1.1.3.15】
6枠 【1.2.0.17】
7枠 【1.1.2.22】
8枠 【1.0.3.23】

ゲートから1コーナーまでは350m強あり、

ポジション取りが激しくなることはないが、

多頭数となるとやや外目が

不利な傾向がみられる。

2008年以降の勝利数を見ると、

1~6番枠の5勝、7~12番枠の4勝に対し、

13番から外は2009年の

1番人気アプレザンレーヴによる

1勝のみとなっている。

最内の1番枠も4着が最先着と不振ゆえ、

5勝、2着6回、3着2回の2~6番枠を

狙うのがベターと結論付けられる。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.1.0.9】
先行馬 【3.2.0.29】
差し馬 【5.5.9.54】
追込馬 【2.2.1.44】

<上がり3F>

1位   【7.1.0.6】
2位   【2.2.3.5】
3位   【0.1.3.3】
~5位【0.2.4.14】
6位~【1.4.0.110】

<4角位置別>

4角1番手    【0.1.0.9】
2番手以内   【0.1.0.20】
3番手以内   【0.2.0.35】
4番手以内   【3.3.0.38】
5番手以内   【4.5.1.45】
7番手以内   【5.7.2.66】
10番手以内 【8.10.8.85】

2番手以下   【10.9.10.127】
3番手以下   【10.9.10.116】
4番手以下   【10.8.10.101】
5番手以下   【7.7.10.98】
7番手以下   【6.3.9.79】
10番手以下 【2.2.4.60】
13番手以下 【2.0.1.36】
16番手以下 【0.0.0.17】

直線の坂を上り切ったところから

大回りの東京コースを1周する芝2400m。

やはり肝は高低差2mの坂がある

525mの最後の直線であろう。

この直線を逃げ切るのは容易ではなく、

近年で逃げて3着以内に入ったのは

2013年2着のアポロソニック1頭のみ。

必要なのは瞬発力で、

2008年以降の勝ち馬10頭のうち

7頭がレースの上がり3F1位で、

2頭が2位となっている。

その上がりも34秒台前半、

ペースによっては33秒台が求められ、

3Fの上位3頭が1頭も3着以内に

入らなかったのは2013年しかない。

2000m超のレースでの

速い上がりの経験の有無を

確かめるのは必須。

 

【前走別】

<レース別>

アザレア賞組    【3.0.1.4】
報知杯弥生賞組 【2.1.0.4】
毎日杯組          【2.0.1.7】
山吹賞組          【1.2.1.14】
水仙賞組          【1.0.0.6】

<距離別>

2000m組 【3.2.1.29】
2400m組 【3.0.4.20】
2200m組 【2.7.4.25】
1800m組 【2.1.1.54】
1400m組 【0.0.0.1】

◆同距離【3.0.4.20】
◆延長   【7.10.6.115】
◆短縮   【0.0.0.1】

<間隔別>

中3週組 【4.3.2.32】
中4週組 【2.4.3.16】
中7週組 【2.1.0.5】
中8週組 【1.1.1.9】
中5週組 【1.0.0.25】

近年は前走で芝2200m以上の

500万下に出走した馬の好走が目立っている。

2013年以降は5勝、2着4回、3着4回で、

2015年からは阪神芝2400mの

アザレア賞勝ち馬が3連勝している。

また中京の大寒桜賞勝ち馬も

2013年以降2着3回、3着2回と、

出走してくれば外せない状況。

順調に使われている馬が

安定して走っており、

中9週以上間隔があいた馬は、

2016年の1番人気レーヴァテインが3着止まり、

年内初出走となった

2013年の1番人気レッドレイヴンが11着、

2016年の2番人気プロディガルサンが

4着とまったく振るわない。

舞台はダービーと同じ東京芝2400mで、

スタミナよりも瞬発力の問われるコース。

このレースは春開催2週目での施行とあって、

年によってはダービーよりも

勝ちタイムが速くなることもある。

 

【青葉賞2018】データ分析・過去10年の傾向まとめ

今回は、青葉賞2018

データ分析・過去10年の傾向

見てきました。

過去の傾向から

大事なポイントは…

 

◆多頭数となるとやや外目が不利な傾向。

◆瞬発力が必須。

◆2000m超のレースでの
   速い上がりを使える馬が良い。

◆前走で芝2200m以上の
   500万下に出走した馬の好走が目立っている。

◆2015年からは阪神芝2400mの
   アザレア賞勝ち馬が3連勝中。

◆人気薄では前走2200mの500万下を
   使われたキャリア4~6戦が活躍。

 

過去10年の傾向のデータ分析から

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

過去のデータからでも

好成績を収めている

レースの勝ち馬

その前走では、

圧巻の2馬身半差で快勝

初めての2400メートルを

あっさり克服したうえ、

上がり3ハロン最速の33秒6

まとめた走りは、

東京2400メートルでも期待が膨らむ。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク