Pocket

今回は、阪神大賞典2018G2予想と

有力馬分析、コース紹介(阪神芝3000m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

仁川を舞台に行われる名物G2である。

天皇賞・春の前哨戦で、

1着馬には優先出走権が与えられる。

今年はどの馬が1着になり

天皇賞・春の優先出走権を

獲得することができるのか、

有力馬分析をし予想していきます。

 

まずは、枠順とオッズから見ていきます。

【阪神大賞典2018】枠順

1枠1番トミケンスラーヴァ
2枠2番スーパーマックス
3枠3番シホウ
4枠番カレンミロティック
5枠5番コウエイワンマン
6枠6番サトノクロニクル
6枠7番レインボーライン
7枠8番クリンチャー
7枠9番ムイトオブリカード
8枠10番アルバアート
8枠11番ヤマカツライデン

 

【阪神大賞典2018】オッズ

1番人気クリンチャー             2.1
2番人気アルバアート             3.2
3番人気レインボーライン       5.6
4番人気サトノクロニクル       7.0
5番人気ムイトオブリカード   20.3
6番人気カレンミロティック   29.5
7番人気ヤマカツライデン      40.5
8番人気トミケンスラーヴァ   49.4
9番人気シホウ                   104.2

 

【阪神大賞典2018】コース紹介(阪神芝3000m)

スタート地点は向正面の直線左。

2コーナーの出口付近。

内回りコースのみを使用し、

コーナーを6回通過して約1周半回る。

最後の直線距離はAコース時が356.5m。

残り200m付近でゴール前の急坂。

約120mの間に1.8mの勾配を一気に駆け上がる。

G2の阪神大賞典でのみ使用されるコース。

近年はAコースで行われている。

スタートして最初の3コーナーまでは

先行争いがあるため、

場合によっては多少速くなることはあるが、

前半3ハロンの平均は37秒6。

ゆったりとした流れだ。

最初の4コーナーを過ぎて、

1周目の正面スタンド前にきてからは

ペースが完全に落ち着く。

向正面途中までは淡々と流れて、

2周目の3コーナー過ぎから一気にペースアップ。

あとはゴールまで激しい追い比べとなる。

脚質傾向は先行か差し。

勝ち負けに加わるには、

上がり3ハロンは34秒台の末脚が要求される。

逃げや追い込みといった極端な脚質は不振。

枠順はできれば大外は引きたくないが、

多頭数にはなりにくいので、

実際にはあまり関係ない。ほぼフラット。

 

好走枠→内枠(勝率:8.3%)(複勝率:50.0%)

好走脚質→先行(勝率:23.5%)(複勝率:47.1%)

 

【阪神大賞典2018】有力馬分析

<カレンミロティック>

春の天皇賞③②の実績馬。

阪神大賞典は2015年が4着、

2016年が6着。

天皇賞・春の実績に比べると

物足りない成績に終わっていますが、

これが休み明けが影響しているのか、

阪神競馬場が今ひとつなのか。

前々走は得意の持久力勝負で

アルバートとクビ差。

同様の流れで注意。

ただ、過去2回と比べても

調教本数が少ないのが今回。

最終追い切りが坂路4F51.8秒と

時計を出してきましたが、

これは過去2回よりも速い時計。

仕上がっているから

この数字が出たのか、

本数が少ないから

時計を詰めて負荷をかけたのか。

この判断が微妙ですが、

1週前追い切りの併せ馬で

遅れていた内容を考えれば、

後者だという印象が残ります。

 

<サトノクロニクル>

菊花賞は道悪が敗因。

有馬記念は、9着でも2着からは0秒5。

いい脚を長く使え、

体形からも距離はこなしそう。

攻めの動きなら久々の割引も不要。

良馬場で見直す。

 

<レインボーライン>

道悪に良績が多いが、

一昨年の菊花賞2着からも、

少し上がりを要せば良馬場でいい。

阪神の長丁場は合いそう。

久々③③②④③着と鉄砲が利く馬。

仕上がりもいい。

 

<クリンチャー>

昨年の菊花賞2着馬。

前走の京都記念ではGI馬4頭を

相手に渋太く脚を使い、

重賞初制覇を果たした。

前走京都記念は4歳になってからの成長に

藤岡佑介騎手の執念もあっての勝利。

今回は武豊騎手に乗り替わるので、

相性について気になる部分がありますが、

1週前追い切りの動きを見るかぎりは

問題ないでしょう。

むしろ今なら自在に動けるようになっており、

ジョッキーの意のままに仕掛けられそうな気もします。

最終追い切りを見ていても、

それは同じ。前走同様、

きれいな加速ラップを踏みつつ、

4F時計は前走と同じ52.7秒。

菊花賞2着馬に距離延長も大きなプラス

阪神も勝っているコース。

天皇賞・春を見据えれば、

ここで上限まで

仕上げるわけにはいきませんし、

この状態できっちりと結果を出してほしいところ。

 

<ムイトオブリガード>

長丁場でハナを切り、

終盤1000メートルを58秒1で

まとめてレコード。

相手は揃うが、未知の魅力に溢れる

大きくゆったりした走りで

広いコースもプラス

今はデキもいい。

 

<アルバート>

ここまで3000m以上の重賞を4勝。

昨年の天皇賞・春では

キタサンブラックの

レコード駆けに0秒8差の5着に

入っており関西遠征も問題なくこなす。

前走でステイヤーズS3連覇。

7歳でも元気で、

スタミナ比べには

絶大の自信を持つ。

鉄砲が利き、仕上がり良好。

上がりを要す直線の急坂も歓迎。

輸送もお手のもの。

意外と阪神大賞典は初参戦となるが、

舞台設定は文句なしだろう。

ここを目標にじっくり

間隔を取って調整されている。

 

【阪神大賞典2018】予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ11
先行01090408
好位06021003
後方0705

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇08クリンチャー
▲06サトノクロニクル
☆10アルバアート
穴04カレンミロティック
△01020307

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

<参考買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴ー印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク