Pocket

今回は、阪神カップ2017の無料予想・有力馬の調教・最終追い切り分析と

DDSPを中心とした記事を書いていきたいと思います。

阪神カップは1400メートルという非根幹距離のレースで、

阪神競馬場の内回りに適した馬には注意が必要。

有力馬の最終追い切り後の分析をして、

当舞台に適した好走できそうな馬を、

探していきたいと思います。

 

 

まずは、DDSPについて簡単に書いていきます。

★DDSPとは・・・

DDSP(軟口蓋の背方変位)

喉頭口前方にある軟口蓋が喉頭口付近に変位することにより、

呼吸を阻害する病気。

呼吸時に軟口蓋が揺れることにより

「ゼロゼロ」や「ゴロゴロ」などの異常音を発することが多く、

喉頭片麻痺(一般的にいわれる喘鳴症)と同様に、

呼吸困難などの症状を引き起こす。

幼少時に発病することが多いが、

ほとんどの場合、成長とともに治まるのが喉頭片麻痺と大きく異なるところ。

舌を括ったり、コーネルカラー(レースでは使用不可)という馬具を装着することにより、

呼吸困難などの症状は抑制できるケースがある。

 

【阪神カップ2017】有力馬の調教・最終追い切り分析

<イスラボニータ>

(前回) 南W稍 馬なり
→66.6 51.6 38.4 12.9

12/14 南W良 馬なり
→67.7 52.7 38.7 12.6
テキスタイルアートの内を1.2秒追走0.1秒遅れ

12/17 南W良 馬なり
→57.5 42.0 13.7

12/20 南W良 馬なり
→67.1 52.4 38.6 12.7

【調教評価】

最終追い切りは前に馬を置いて予定通りサラーッと。

この馬本来の伸びのあるフットワーク

中間も丹念に乗られ、雰囲気はいい。

いい状態で出走できる。

 

<レーヌミノル>

(前回) 栗CW稍 一 杯
→81.7 65.5 50.1 36.6 11.6

12/6 栗CW良 馬なり
→86.5 70.2 54.5 39.7 12.1

12/13 栗CW良 馬なり
→82.0 65.0 50.2 37.1 11.8
ムーンクレストの外を0.4秒追走3F併クビ遅れ

12/20 栗CW良 馬なり
→82.1 65.7 51.5 37.1 11.6

【調教評価】

キビキビと俊敏な身のこなしで抜群の推進力。

硬さは見られず、好調をキープ

予定通りのローテ。動きもいい

GⅡなら能力上位か。

 

<モズアスコット>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 52.1 37.9 25.2 12.8

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 59.7 43.7 28.7 14.3

12/13 栗坂良 馬なり
→1回 51.0 37.3 25.1 13.0
テソーロを1.5秒追走0.6秒遅れ

12/20 栗坂良 末強目
→1回 50.0 36.6 24.0 12.2
テソーロを0.7秒追走0.4秒先着

【調教評価】

今週の追い切りも素晴らしく

テンから意欲的に運んで好時計

ラストも抜群の伸びを見せた

気配は目立つ。動き抜群

動きは文句のつけようがないほど。

テンションが上がった時にキツい面を出すので、

馬場入りがポイントになるだろう。

内回りなので、うまく捌いてきてくれれば、

5連勝もある

 

<ビップライブリー>

(前回) 栗CW良 直強目
→84.9 67.1 51.9 38.5 12.2

12/13 栗CW良 強 目
→82.9 65.4 50.9 38.3 12.2

12/17 栗坂良 一 杯
→1回 54.2 39.6 25.9 12.7

12/20 栗CW良 稍一杯
→81.6 67.0 52.8 38.9 12.4

【調教評価】

安定して走れている。

リズム良く軽快なフットワーク。

長めからしっかりと追い、

順調さをアピール。

調子の波がないタイプなので、

今回も変わらず走れる状態

相手は揃っているが、

崩れずに走ってくれそう

 

<サングレーザー>

(前回) 栗坂稍 馬なり
→1回 56.0 41.0 26.7 12.9

12/14 栗坂良 馬なり
→1回 60.3 43.4 28.2 13.4

12/17 栗坂良 馬なり
→1回 52.2 37.7 24.7 12.6
レインボーラインを0.4秒追走0.1秒先着

12/20 栗坂良 馬なり
→1回 59.7 42.2 26.7 12.2

【調教評価】

日曜に速いところを済ませ、直前は馬任せ。

終始、軽やかな走りで好気配。

レースの疲れはなく

いい状態をキープしている。

攻めは動いているし、阪神でも勝っている。

結果の出ている1400メートルなら存分に力は発揮できる

 

<アポロノシンザン>

(前回) 南W良 馬なり
→キリ 13.0

12/13 南W良 直一杯
→70.3 55.2 40.1 13.1
トモジャポルックスの外を0.4秒追走同入

12/17 南W良 馬なり
→55.7 41.2 13.3
ハリケーンヴォーグの外0.8秒先着

12/20 南W良 強 目
→84.4 69.2 54.1 39.2 12.9
アシャカータの外を2.3秒追走1.0秒先着

【調教評価】

長めから乗られ、

最後までしっかりと伸び切った。

反応も素早く、好仕上がり。

前走後は短期放牧を挟んでここ目標に順調に仕上がった

さすがGⅡで相手は揃っているが、

スピードの違いでハナを切っているだけで無理はしていないし、

速いタイムも持っている。

力通りなら通用していいはず。

 

<ダンスディレクター>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 54.2 39.9 26.0 12.4

12/13 栗坂良 一 杯
→1回 52.2 38.4 25.2 12.3
ロードアルペジオを0.4秒追走0.4秒先着

12/17 栗CW良 馬なり
→73.3 58.1 42.7 13.1

12/20 栗坂良 強 目
→1回 52.9 38.7 25.3 12.6

【調教評価】

久々を感じさせない素軽い動きで登坂。

最後もひと伸びを見せた。好仕上がり

ここを目標に調整は順調。態勢は整った。

1400メートルは久々だが、

最近は折り合いがつくようになってるから、

終いに脚を使うこの馬の持ち味を生かす

競馬をしてくれれば結果もついてくるだろう。

 

<ミスエルテ>

(前回) 栗CW重 強 目
→66.1 51.1 37.2 11.8

12/14 栗CW良 強 目
→66.9 51.4 37.6 11.4
プロキシマの内を0.6秒追走0.7秒先着

12/17 栗坂良 馬なり
→1回 60.3 44.1 28.6 13.9

12/20 栗CW良 馬なり
→65.5 51.0 37.1 11.5
プロキシマの内を0.7秒追走1.6秒先着

【調教評価】

3週続けて1F11秒台

うまく折り合いがつき、切れ味アップを予感させる。

前走を見ても精神面で大分マシになった。

成長は窺えるので、うまく噛み合えば走ってくれるだろう。

良馬場で改めて期待。

 

<シュウジ>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 51.5 37.7 24.4 12.1

12/13 栗坂良 一 杯
→1回 50.3 36.4 24.0 12.3

12/15 栗坂良 馬なり
→1回 62.0 44.1 28.0 13.7

12/20 栗坂良 馬なり
→1回 50.8 37.0 24.5 12.5

【調教評価】

入念に乗り込まれ素軽い動きを連発。

今週も持ったままで好時計。仕上がり○。

前回は今までとは違う形で終いに脚を使った。

舌を縛ったらDDSPの症状も出なかった。

休み明けだが、状態は文句なし。

相手は揃うが、連覇を目指したい。

ジョッキーと呼吸がうまく合えば。

 

【阪神カップ2017】有力馬の調教・最終追い切り分析まとめ

今回は、阪神カップ2017有力馬の調教・最終追い切りを分析

してきました。

その中でも、好走できそうで注目している馬を

紹介致します。

この馬人気ブログランキングへ

人気ブログランキングにて公開しています。

 

テンから意欲的に運んで好時計をマーク。

ゴール前で気合をつけられると、

併走馬を圧倒してフィニッシュした。

勝利を積み重ねるたびに進化を遂げており、

既にレース運びそのものに心配なところはなくなった。

千四では3戦3勝。

現状でもGⅠレベルの好素材。

充実一途の出来にある今なら重賞制覇も十分に可能だろう。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク