Pocket

今回は、阪神カップ2017の無料予想と穴馬の調教・最終追い切り後の分析を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

有馬記念があるので阪神カップ2017の存在自体が薄くなっていますが、

このレースは堅く収まることは少なく、

荒れることが多いので、穴狙いするにはもってこいのレース。

穴馬の最終追い切り後の分析をして好走しそうな、

穴馬を探していきたいと思います。

 

【阪神カップ2017】穴馬の調教・最終追い切り分析

<ムーンクレスト>

(前回) 栗CW稍 一 杯
→81.1 64.9 50.4 37.7 12.3

12/10 栗CW良 馬なり
→72.6 57.3 41.8 12.8

12/13 栗CW良 一 杯
→82.4 65.6 50.7 37.1 11.8
レーヌミノルの内を0.4秒先行3F付クビ先着

12/20 栗CW良 一 杯
→83.7 67.2 51.6 37.0 11.8

【調教評価】

追われるとグッと重心が下がり、

持ち前の加速力を強調。

好ムードに仕上がる。

ここ最近では一番いい状態

毎年、11、12月は頑張ってる。

前走でも着順は悪いけど、

GⅠでかなり善戦した。

距離が短くなるのはプラス。

 

<タガノブルグ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 53.5 38.6 25.2 12.7

12/20 栗坂良 一 杯
→1回 55.1 40.3 26.6 13.5

【調教評価】

いい頃の活気ある動きには遠く、

気配はひと息。出来は平行線で一変は疑問。

 

<オールザゴー>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 51.4 37.3 24.8 12.5

12/19 栗坂良 馬なり
→1回 59.9 42.9 28.0 13.9

12/20 栗CW良 一 杯
→81.3 65.5 51.9 39.2 12.3

12/22 栗坂良 馬なり
→69.0 47.6 30.1 14.2

【調教評価】

テンから飛ばした割に直線はしっかりとした脚取り。

依然として活気はある。

 

<キャンベルジュニア>

(前回) 南W良 一 杯
→52.8 38.3 13.0

12/10 南W良 馬なり
→58.5 43.1 14.6

12/14 南P良 馬なり
→65.8 50.7 36.6 11.5
サトノクラウンの外を0.2秒先行同入

12/20 南P良 馬なり
→66.8 52.0 37.4 12.0
サトノクラウンの外を0.6秒先行同入

【調教評価】

中間も丹念な併せ馬で闘志奮い立たせた。

伸縮性のあるフォームこそ本来の姿。

前走、前々走ともに重馬場で力を出し切れなかった。

その後、放牧を挟んでここを目標に調整

ウッド、坂路と違って、ポリトラックでは凄くいい動き

いい状態にある。

 

<エポワス>

(前回) 札芝稍 馬なり
→83.1 67.8 53.1 39.8 12.9

12/13 南坂良 馬なり
→1回 54.2 39.4 25.8 12.6
トレクァルティスタを0.2秒追走同入

12/17 南坂良 馬なり
→2回 53.1 38.7 25.3 12.6
レッドゲルニカを0.3秒追走同入

12/20 南坂良 馬なり
→1回 54.2 40.0 25.9 12.3

【調教評価】

一旦、放牧へ出して調整。

決してビシッと攻めずとも、

丹念な乗り込みをこなしてきた。

動ける仕上がり。

年齢的な衰えは感じられない。

ただ、先週の阪神競馬場を見ると

馬場が硬く時計が速くなっている

そのあたりが課題になりそう。

 

<モーニン>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 51.9 37.1 24.1 11.9

12/7 栗坂良 馬なり
→1回 53.3 38.6 24.9 12.4

12/14 栗坂良 強 目
→1回 51.0 36.8 24.1 12.0

12/20 栗坂良 一 杯
→1回 51.1 36.9 24.2 12.4

【調教評価】

攻め駆けタイプで時計は出た。

追われてからもしっかり。出来は悪くない。

 

<サンライズメジャー>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 58.1 42.8 27.9 13.9

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 61.0 44.6 29.3 14.3

12/13 栗坂良 馬なり
→1回 57.2 41.3 26.2 12.8

12/20 栗坂良 馬なり
→1回 55.8 40.5 26.4 12.9

【調教評価】

気負うことなく、スイスイと登坂。

馬体の張りが目立ち、気配は上々だ。

前回は外枠で、流れも不向きのなか頑張っていた。

1400メートルは合いますし、

デキも良好

重賞でどこまでやれるか。

 

<トウショウピスト>

(前回) 栗CW良 一 杯
→81.9 65.7 51.2 37.9 12.0

12/14 栗CW良 一 杯
→80.0 64.5 50.5 37.7 12.6
アダムバローズの外を0.4秒先行0.2秒遅れ

12/17 栗坂良 馬なり
→1回 58.5 43.1 28.3 14.0

12/20 栗CW良 一 杯
→82.3 66.0 51.8 38.1 12.4
タラニスの内を1.4秒追走1.0秒先着

【調教評価】

大きく先行する僚馬を直線で一気に抜き去る。

力感十分の脚さばきも好印象。

前回は左回りの1400メートルが良かった。

相手が強化し、右回りでどうかだけど、

状態はいいから、気分良く運んで展開が向けば。

 

<シャイニングレイ>

(前回) 栗坂稍 一 杯
→2回 54.5 39.1 25.0 12.2

12/13 栗坂良 一 杯
→2回 53.5 39.0 25.2 12.7

12/17 栗坂良 馬なり
→2回 58.2 42.2 27.3 13.5

12/20 栗坂良 一 杯
→2回 54.0 39.3 25.8

【調教評価】

今回は7月以来。

間隔はあいたが、乗り込みは順調。

今週も最後までしぶとく伸びた。仕上がる。

牧場で緩ませた期間があって、

完調には及ばない気がするが、

気性で走るタイプ。

秘めた能力に期待。

 

【阪神カップ2017】穴馬の調教・最終追い切り分析まとめ

今回は、阪神カップ2017穴馬の最終追い切り後の分析をしました。

その中でも好走しそうな、穴馬を紹介します。

この馬人気ブログランキングへ

人気ブログランキングにて公開しています。

近走2走は不得意な道悪で力を出し切れなかった。

1週前ではポリトラックでサトノクラウンと併せ、

いい動きを見せていた。

相手は強いが、軽い馬場なら穴をあけるチャンスはある。

騎手も込みで良い。

 

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク