Pocket

今回は、金鯱賞2018G2予想と

有力馬分析・コース紹介(中京芝2000m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

昨年GIに昇格した大阪杯の

前哨戦となり、

5年間続いた暮れからこの時期に移った。

1着馬に大阪杯の優先出走権が与えられる。

2018年はサトノダイヤモンドと

スワーヴリチャードの2頭が出走。

更に金鯱賞3連覇を目指すヤマカツエース。

かなりの好メンバーが揃い

注目度の高いレースとなりました。

それでは、予想と有力馬分析・コース紹介を

していきます。

 

【金鯱賞2018】コース紹介(中京芝2000m)

ホームストレッチ中央から左寄り、

上り坂の途中からのスタート。

一回目のゴール板前を過ぎた後、グルリと一周する。

1~2コーナーのカーブは緩い上り坂で、

残り1080m地点まで続く。

その後は緩やかな下り坂に入る。

3~4コーナー部分はすべて下り坂で、

最後の直線へ。

ゴール手前340m地点より

240m地点にかけては高低差2.0mの

急な上り坂。

勾配は2.0%で、

中山競馬場芝コースに次いで傾斜が

きつい坂が設けられている。

ラスト240mはほぼ平坦。

芝コース全体の高低差は3.5m。

最後の直線距離は

Aコース時、Bコース時ともに412.5m。

改装によって大きく変貌を遂げたコース。

前半のペースがかなり遅くなることが増え、

結果としてスローペースの上がり勝負という

レースが格段に増えた。

全体の半分ぐらいはスローペースと考えてよい。

40%弱が平均ペースで、

残りがハイペースというイメージ。

ペースが落ち着くと逃げ馬を中心に、

前で残る確率が高まる。

平均ペースであれば先行馬が有利。

その際の逃げ馬と差し馬は互角。

枠順は8枠だけが不利で、その他はフラット。

特に多頭数での16番ゲートよりも外はかなり厳しい。

好走脚質→逃げ(勝率:11.2%)(複勝率:33.6%)

 

【金鯱賞2018】有力馬分析

<ヤマカツエース>

前走の、有馬記念でのヤマカツエースは

逃げるキタサンブラックを意識して、

この馬としては早目のレース運び。

キタサンはともかく、

結果的に他の馬とは道中の位置取りの差もあっただろう。

目下この金鯱賞を2連覇しているように、

中京芝2000メートルはベストの舞台。

ベストの2000メートルなら強敵相手でも好勝負に。

好時計を連発し、動きも鋭く好仕上がり。

1勝目の一昨年が天皇賞(秋)15着からの

一変だったことを思えば、

大きな変わり身があっても驚けない。

緒戦から。

 

<メートルダール>

前走は、外を回って

上がり3ハロン33秒6。

4歳の昨年暮れに中日新聞杯で重賞初制覇。

上がり勝負で1馬身半は決定的な差。

勿論、3歳前半の成績を思えば

重賞のひとつくらいは当然だが、

それにしても直線で見せた瞬発力は鮮やかだった。

使われつつ充実してきたことも確かだろう。

ひと息入れての臨戦だが、

その中日新聞杯も放牧明け。

しかも、同じ中京の2000メートルが舞台となれば

決め手は通用。

いきなり、勝ち負けの期待ができそうだ。

 

<ブレスジャーニー>

前走の、有馬記念は完敗に終わっているが、

課題とされたスタートがやはり良くなかったし、

直線も不利があった馬のアオリを受け、

自身も行き場をなくす場面があった。

過去の着外はその有馬記念と、

約1年ぶりで臨んだあの極悪馬場の菊花賞だけ。

距離短縮で立て直して適距離なら、

GⅡのここなら、見直しが必要になってくる。

 

<サトノダイヤモンド>

仏国遠征では結果が出なかったが、

実績、地力とも一枚上。

菊花賞、有馬記念とGⅠ2勝を含む重賞5勝。

また、昨秋の凱旋門賞こそ大敗したが、

国内での敗戦は

皐月賞3着、ダービー2着、天皇賞(春)3着だけで、

まず崩れない。

攻めで遅れたりしていい頃の気配にはひと息だが、

今週はジョッキー騎乗とはいえ、

先着して先週より動き良化。

距離はもう少し欲しいところだし、

何よりも凱旋門賞大敗による

メンタル面のダメージが懸念されるが、

地力の高さで、

それらの不安材料を

一掃してしまう可能性も十分にある。

目標は次でも能力でカバー。

 

<ダッシングブレイス>

不慣れな小回りと久々を

思えば前走は及第点。

動き良く上積みあり。

スローなら距離もこなす。

<デニムアンドルビー>

ブレスジャーニーを押さえた

前々走が見せ場十分だったし、

7着止まりの前走にしても、

大きくは負けていない。

これが現役最終戦。

ジャパンCでハナ差2着、

宝塚記念ではクビ差2着など、

宿願のGⅠにはついに届かなかったが、

4年半ぶり3度目の重賞制覇で、

ぜひとも花道を飾りたいところ。

 

<スワーヴリチャード>

無冠ながらダービーではコンマ1秒差の2着、

暮れの有馬記念では

キタサンブラックにこそ完敗だったが、

2着からハナ、クビ差の4着。

不得手の右回りでモタれながらの

ものだけに値打ちがある。

2着馬も3着馬もGⅠウィナーだったことを思えば、

この馬自身もGⅠ級の器であることに疑いの余地はない。

あまり器用な方ではなく、

それが東京に良績が集まっている要因だが、

同じ左回りだし、ややトリッキーな中山との比較で

中京がベターという見方はできるはず。

入念に乗られて1週前には一番時計。

動きもいい。

得意の左回りでサトノダイヤモンドは完調手前。

牙城を崩す絶好機。

王座へ向け、力強い一歩をここから踏み出すか。

 

【金鯱賞2018】予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ04
好位0106
中位090503
後方020708

<印付き予想>

◎09スワーヴリチャード
〇01ヤマカツエース
▲02メートルダール
☆04サトノノブレス
人気ブログランキングへ
△030506

穴馬は人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

近2走は牡馬相手でも僅差だったし、

年齢的な衰えは感じられない。

ラストでしっかり伸びるので、

直線の長いコースは合う

<参考買い目>

三連単

◎→〇▲☆→〇▲☆

◎→〇▲☆→印

◎→印→〇▲☆

◎→穴→印

◎→印→穴

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク