Pocket

今回は、金鯱賞2018G2予想と

出走馬の調教・最終追い切り後の評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

昨年GIに昇格した大阪杯の

前哨戦となり、

5年間続いた暮れからこの時期に移った。

1着馬に大阪杯の優先出走権が与えられる。

2018年はサトノダイヤモンドと

スワーヴリチャードの2頭が出走。

更に連覇を目指すヤマカツエース。

かなりの好メンバーが揃い

注目度の高いレースとなりました。

今回は、出走馬の調教・最終追い切り後の評価を

していきたいと思います。

 

【金鯱賞2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価

<ヤマカツエース>

(前回) 栗CW良 稍一杯
→83.0 66.6 51.6 37.7 11.6 ⑥

2/28 栗CW良 一 杯
→81.1 65.4 51.0 37.7 11.5 ⑧

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 58.8 42.1 27.2 13.5

3/7 栗CW良 一 杯
→81.0 66.0 51.7 38.6 11.6 ⑧

【調教評価】

栗東ウッドで単走。

序盤から軽快なラップを刻むと、

終いも鞍上のゲキに応えて鋭く脚を伸ばした。

最後まで集中力が途切れず、

本来の切れのある動き。

攻め量十分で

好仕上がり。

常に動くタイプだが、

それを差し引いても

好感の持てる状態で

昨秋GI連戦の疲れから

しっかり回復を果たしたようだ。

 

<メートルダール>

(前回) 南W良 強 目
→68.2 53.2 39.8 13.2 ⑦

2/28 南W良 強 目
→67.1 51.8 38.6 13.3 ⑥
ネイビーブルーの内を0.4秒追走同入

3/4 南W良 強 目
→57.9 41.6 13.2 ⑨

3/7 南W良 直強目
→83.7 68.2 53.6 39.9 13.3 ⑥
アンヴェイルドの内を1.1秒追走0.8秒先着

【調教評価】

美浦ウッドで障害未勝利を

5馬身先に見ての最終追い。

序盤は折り合いに専念し、

直線で気合いを

入れられると猛然と反応し、

あっさり抜き差って

4馬身の先着を果たしている。

最後まで集中力を保って、

しっかりと伸び切った。

久々だが、活気溢れる気配で

3カ月ぶりとは思えない、

絶好の状態。

 

<ブレスジャーニー>

(前回) 栗CW良 直一杯
→7F97.6 67.0 52.7 39.1 12.4 ⑧

2/28 栗CW良 一 杯
→82.1 66.6 52.2 38.9 12.3 ⑧
ライトブリンガーの外0.4秒先着

3/4 栗B良 馬なり
→87.8 72.2 56.9 42.3 12.3 ⑦

3/7 栗CW良 強 目
→80.6 65.6 51.2 37.8 12.1 ⑥
クリデュクールの内を0.5秒追走0.2秒先着

【調教評価】

懸け付けた三浦騎手が

騎乗して栗東CWで併せ馬。

古馬500万下を脚色圧倒で追い詰め、

ゴール前で軽く促されると

スッと抜け出て1馬身の先着を果たした。

突き放せなかったが、

しっかりハミを取って反応は上々。

重め感なく仕上がる。

これだけ動ければ大丈夫で

自身の力は出せるデキ。

 

<サトノノブレス>

(前回) 海外遠征

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 55.9 40.2 25.7 12.7

3/7 栗CW良 強 目
→54.7 39.2 11.7 ⑦
カフェブリッツの内を0.3秒追走アタマ先着

3/10 栗坂稍 馬なり
→62.8 45.5 29.1 14.1

【調教評価】

先週長めからしっかり追われて

十分に仕上がっており、

今週は確認程度。

栗東CWで4Fから時計を出し、

手応え優勢で目標とした

準オープン馬と併入している。

海外遠征帰りを感じさせず、

仕上がりは万全。

力をさっそくフルに出してきそうだ。

 

<サトノダイヤモンド>

(前回) 海外遠征

2/28 栗CW良 一 杯
→81.3 66.5 51.9 37.9 11.8 ⑦
カフェブリッツの内を1.2秒追走0.3秒遅れ

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 56.3 40.7 26.0 13.0

3/7 栗CW良 末強目
→84.1 68.8 53.4 39.1 11.9 ⑦
ベルーフの内を0.4秒追走0.4秒先着

【調教評価】

ルメール騎乗で先週までとは反応が一変

先週まではいい時のパワーを感じなかったが、

今週は重心の低い走りで推進力アップ。

C.ルメール騎手を背に

栗東CWで最終スパーリング。

オープン馬ベルーフを追い、

軽快に差を詰めると仕掛けられたラストで

グイッと抜け出し2馬身の先着を果たしている。

相手が稽古ではそこまで走らないタイプながら、

自身の反応は申し分ないものがあった。

絶好調時の勢いはまだ取り戻せていないが、

馬体もマズマズ仕上がっている。

上がりタイムから完璧ではないだろうが、

馬体はいい。

 

<ダッシングブレイズ>

(前回) 栗CW良 末強目
→82.0 65.6 51.0 37.8 11.9 ⑥

3/7 栗CW良 稍一杯
→83.9 68.0 52.2 37.9 11.7 ⑦
ヴァフラームの内を0.9秒追走0.1秒先着

3/9 栗坂重 馬なり
→1回 65.9 46.0 29.3 14.2

3/10 栗坂稍 馬なり
→66.2 46.2 29.1 14.1

【調教評価】

道中掛かるし、

抑え切れない手応えで、

直線は右手前で走っていたが、

切れ味を見せつけ、

促すと鋭く反応。

稽古の動きは依然いい。

この馬なりに好調。

 

<デニムアンドルビー>

(前回) 栗CW良 末強目
→86.8 69.5 53.2 38.3 12.0 ⑧

2/28 栗CW良 一 杯
→67.6 51.9 37.8 11.5 ⑧
トーセンビクトリーの外を1.2秒先行0.5秒先着

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 54.6 38.9 24.9 12.6

3/7 栗CW良 馬なり
→81.5 66.7 52.3 38.0 12.4 ⑥
シャドウダンサーの外を0.3秒先行クビ先着

【調教評価】

滑らかな脚さばきで

最後まで手応え十分。

ひと息入ったが、

出来は良さそう。

 

<アクションスター>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 53.8 38.8 25.2 12.6

3/1 栗坂良 馬なり
→1回 54.4 39.3 26.0 12.9

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 59.7 43.9 29.7 15.1

3/7 栗坂良 一 杯
→1回 53.0 38.9 25.8 13.3
ダノンマジェスティを0.1秒先行0.5秒先着

【調教評価】

追い比べで先着を果たしたが、

伸び脚自体は平凡。

年齢的にも一変は疑問。

 

<スワーヴリチャード>

(前回) 栗CW良 馬なり
→79.9 64.3 49.8 36.7 12.0 ⑤

3/1 栗CW稍 一 杯
→7F93.6 63.0 49.4 36.6 11.7 ⑧
リュクスポケットの外を0.9秒追走0.6秒先着

3/4 栗CW良 馬なり
→88.8 71.4 55.8 41.6 12.8 ⑥

3/7 栗CW良 馬なり
→84.7 69.5 55.0 40.7 12.5 ⑥

【調教評価】

先週の追い切りで猛時計を出しており、

これが実質の最終追い。

今週はM.デムーロ騎手が騎乗し、

栗東CWで反応を確かめる程度の、

静に徹した内容となった。

序盤はしっかり折り合えており、

向正面はやや力んだが、

内にモタれることもなく、

まっすぐ走っていた。

ラストの促しにはスムーズに反応。

重苦しさは一切なく、

いい状態で今期始動戦に臨めそう

 

【金鯱賞2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価まとめ

今回は、金鯱賞2018出走馬の

調教・最終追い切り後の評価を

しました。

調教・最終追い切り後が良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

先週に6F78秒5の好時計

馬体はまったく無駄がなく

キチッと仕上がっていて

調整内容・調整過程が良く、

いきなり能力全開

 

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク